ReoNa、2023年3月6日に初の“日本武道館ワンマン”開催決定&日本武道館への“まわり道ツアー”も開催!

2022.05.13

5月12日(木)KT Zepp Yokohamaを皮切りに、最新E.P.「Naked」を引っ提げた全国ツアー「ReoNa Acoustic Concert Tour 2022 “Naked”」をスタートしたReoNa

全国7都市9公演を回る全国ツアーの初日、終始優しく温かい空気に包まれた約2時間のアコースティックワンマン。新曲「ライフ・イズ・ビューティフォー」や代表曲の新アレンジ「ANIMA -Naked Style.-」などを含む全16曲を披露したライブのラストに、ReoNa自身から、
「ReoNaとしてデビューして、逃げて逃げて、辿り着いた果てに、いま、こうしてお歌をお届けしています。そんな逃げた先で、辿り着いた舞台、来年春、皆と一緒にその場所で音楽を紡ぎます。2023年3月6日、ReoNa初の、日本武道館ワンマンライブ開催が決定しました。」
という一大ニュースを発表!大歓喜の拍手に包まれる会場に向けて、5月11日に発売したばかりの新作E.P.「Naked」から「ライフ・イズ・ビューティフォー」を披露し、ステージから客席へと感謝を噛み締める様に深々とお辞儀をしてステージを降壇、全国アコースティックワンマンツアーの初日は大団円で幕を閉じた。

来年3月6日(月)に開催される、ReoNa初の日本武道館ワンマンライブのタイトルは、『ReoNa ONE-MAN Concert 2023「ピルグリム」at日本武道館 ~3.6 day 逃げて逢おうね~』。日本武道館のワンマンライブをゴール地点ではなく新たなスタート地点に据え、そこからまた新しい道が始まるという想いを、ReoNaが初めて携わったアニメ挿入歌のタイトル“ピルグリム”に込めている。

さらに、今年の10月からは、“日本武道館へのまわり道”という意味を込めた全国ライブハウスツアー「ReoNa ONE-MAN Live Tour 2022“De:TOUR”」の開催も決定!オールスタンディングの日程を「De:TOUR STANDING -歪-(ひずみ)」、全席指定席の日程を「De:TOUR SEATING -響-(ひびき)」と設定した、全国10箇所・16公演のライブハウスツアーとなる。ReoNaオフィシャルファンクラブ「ふあんくらぶ」にてチケット先行受付(抽選)もスタートした。

ReoNa初の日本武道館ワンマン“ピルグリム”、そして日本武道館へのまわり道ツアー“De:TOUR”に乞うご期待!


●ライブ情報
ReoNa初となる、”日本武道館ワンマン”決定!!
「ReoNa ONE-MAN Concert 2023 ”ピルグリム” at 日本武道館~3.6day 逃げて逢おうね~」
2023年3月6日(月) 
会場:日本武道館(東京都)
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:指定 ¥8,800(税込)

オフィシャルファンクラブ「ふあんくらぶ」チケット先行受付(抽選)開始!
受付はこちら ※スマホでアクセスください。

“日本武道館への『まわり道』”全国ライブハウスツアー決定!
ReoNa ONE-MAN Live Tour 2022 “De:TOUR STANDING -歪-“
ReoNa ONE-MAN Live Tour 2022 “De:TOUR SEATING -響-“ 

※「”De:TOUR STANDING -歪-“」はオールスタンディング、「”De:TOUR SEATING -響-“」は全席指定席となります。

“De:TOUR STANDING-歪-“
10/2(日)CLUB CITTA’(神奈川県)OPEN 16:00 / START 17:00
10/7(金)ダイアモンドホール(愛知県)OPEN 18:15 / START 19:00
10/10(月祝)PENNY LANE 24(北海道)OPEN 17:15 / START 18:00
10/16(日)DRUM LOGOS(福岡県)OPEN 16:15 / START 17:00
10/21(金)Rensa(宮城県)OPEN 18:15 / START 19:00
10/23(日)NIIGATA LOTS(新潟県)OPEN 17:15 / START 18:00
10/28(金)広島 CLUB QUATTRO(広島県)OPEN 18:15 / START 19:00
10/30(日)高松festhalle(香川県)OPEN 17:15 / START 18:00
11/11(金)なんばHatch(大阪府)OPEN 18:00 / START 19:00
11/19(土)豊洲PIT(東京都)OPEN 16:00 / START 17:00

“De:TOUR SEATING -響-“
10/1(土)CLUB CITTA’(神奈川県) OPEN 17:00 / START 18:00
10/6(木)ダイアモンドホール(愛知県)OPEN 18:15 / START 19:00
10/15(土)DRUM LOGOS(福岡県)OPEN 17:15 / START 18:00
10/20(木)Rensa(宮城県)OPEN 18:15 / START 19:00
11/10(木)なんばHatch(大阪府)OPEN 18:00 / START 19:00
11/18(金)豊洲PIT(東京都)OPEN 18:00 / START 19:00

チケット:¥6,500(税込 / ドリンク代別)
オフィシャルファンクラブ「ふあんくらぶ」チケット先行受付(抽選)開始!
受付はこちら ※スマホでアクセスください。

全国ツアー「ReoNa Acoustic Concert Tour 2022 “Naked”」
開催中

・05/12(木)KT Zepp Yokohama(神奈川県) OPEN 18:00 / START 19:00
・05/13(金)KT Zepp Yokohama(神奈川県) OPEN 18:00 / START 19:00
・05/19(木)Zepp Namba(大阪府) OPEN 18:00 / START 19:00
・05/21(土)Zepp Fukuoka(福岡県) OPEN 17:00 / START 18:00
・05/27(金)Zepp Sapporo(北海道) OPEN 18:00 / START 19:00
・06/01(水)SENDAI GIGS(宮城県) OPEN 18:00 / START 19:00
・06/03(金)Zepp Nagoya(愛知県) OPEN 18:00 / START 19:00
・06/09(木)Zepp Haneda(TOKYO)(東京都) OPEN 18:00 / START 19:00
・06/10(金)Zepp Haneda(TOKYO)(東京都) OPEN 18:00 / START 19:00

チケット一般発売中
¥6,800(税込・ドリンク代別)
イープラス
チケットぴあ
ローソンチケット

●リリース情報
ReoNa ニューE.P.
「Naked」
発売中

【完全数量生産限定盤(CD+BD+Photobook)】

品番:VVCL 2028-2029
価格:¥2,530(税込)

<BD>
「ライフ・イズ・ビューティフォー」Music Video
「テディ」Lyric Video
「Someday」Lyric Video
「ANIMA -Naked Style.-」Music Video
「ANIMA -Naked Style.- Making Movie」

・トールケースサイズ 三方背ケース仕様
・48Pトールケースサイズ フォトブックレット同梱
・三方背スリーブケース付

【初回生産限定盤(CD+DVD)】

品番:VVCL 2030-2031
価格:¥2,090(税込)

<DVD>
「ライフ・イズ・ビューティフォー」Music Video
「テディ」Lyric Video
「Someday」Lyric Video
「ANIMA -Naked Style.-」Music Video

【通常盤(CD)】

品番:VVCL 2032
価格:¥1,650(税込)

<CD収録楽曲>
M1. ライフ・イズ・ビューティフォー
作詞:傘村トータ(LIVE LAB.) 作曲:傘村トータ(LIVE LAB.) 編曲:荒幡亮平
M2. テディ
作詞:傘村トータ(LIVE LAB.) 作曲:傘村トータ(LIVE LAB.) 編曲:堀江晶太
M3. Someday
作詞:傘村トータ(LIVE LAB.) 作曲:傘村トータ(LIVE LAB.) 編曲:堀江晶太
M4. ANIMA -Naked Style.-
作詞:毛蟹(LIVE LAB.) 作曲:毛蟹(LIVE LAB.) 編曲:Naked Band(荒幡亮平、山口隆志、比田井 修、高慶”CO-K”卓史、二村 学)
M5. ライフ・イズ・ビューティフォー -Instrumental-
M6. テディ -Instrumental- /
M7. Someday -Instrumental-
M8. ANIMA -Naked Style.- -Instrumental-

関連リンク

ReoNa オフィシャルサイト
http://www.reona-reona.com/

ReoNa Offcial YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UCyUhtF50BuUjr2jOhxF3IjQ

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人