「バーチャルシンデレラプロジェクト」のグループ名がNHOT BOTに決定! 先行デビューメンバー3名による第1弾シングル「明日君の手を握れたなら」が本日デジタルリリース&MV公開

指原莉乃がクリエイティブディレクターを務める「バーチャルシンデレラプロジェクト(VCP:Virtual Cinderella Project)」の「活動開始記念特別発表会」が4月7日YouTube及びbilibiliで生配信され、グループ名が「NHOT BOT(読み:ノットボット)」となること、そのNHOT BOTの第1弾シングル「明日君の手を握れたなら」が本日より配信スタートとなることが発表。そして、番組内でMUSIC VIDEOが初公開された。

さらに、昨年12月のプロジェクト発表と同時に募集がスタートし、選考が重ねられてきたオーディションから選出された新メンバー3名のビジュアルがお披露目され、4月26日の配信番組に生出演することも告知された。

生配信番組では指原からの動画メッセージが公開され、グループ名のNHOT BOTは「アニメーションでもなく、人間でもない、本当に新しい尊い存在、BOTじゃ全く無い、本当に新しい尊い存在」という思いを込めて命名したことや、第1弾シングルの歌詞について「歌詞のテーマからいつも考えるんですけど、会えるわけでもなく、会えないわけでもないというVTuberとファンの皆さんの関係性をどう描くのが美しいんだろうって思った時に、ただ『遠距離恋愛と一緒だな』というように思ったので、そんな風な歌詞に落とし込んで、個人的にはすごく、良い歌詞になったなぁって思っています。」と制作意図を明かした。

選考デビューメンバーの歌についても「表現力がみんな本当にすごくって、仮レコーディングの時、その段階で既に自分の感情をうまく乗せてくれていて、どのパートに誰を持ってくるかというのを考えるのが凄く楽しかったです。」と3人の歌を絶賛するメッセージを送った。

記念すべき第1弾シングルのMUSIC VIDEOは全編フル3DCGで制作。限られた時間の中で夢を叶える“シンデレラストーリー“をコンセプトにしており、先行デビューメンバーのVTuber3人が、ウユニ塩湖のような鏡面世界で、時計台に向かい、光る蝶と共にパフォーマンスするシーンが最大の見どころとなっている。振付は「踊ってみた」で一躍人気になった大人気クリエイターの@小豆が担当している。

次ページ(新メンバー3名のビジュアルなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人