ソロ楽曲からキャラソンまでライブ初披露! 高橋李依、28歳の誕生日を祝う初単独イベントで見せたアーティストとしての絶対的魅力

声優・アーティストとして活躍する高橋李依の単独イベント「高橋李依 Birthday Event 2022」が、2月26日(土)に東京・Zepp DiverCityで開催された。2021年の誕生日(2月27日)にソロアーティスト活動を行うことを発表した彼女。それからちょうど1年、ソロ名義では初めてとなる今回のイベントでは、1st EP『透明な付箋』収録楽曲のライブ初披露をはじめ、トークコーナーからキャラクターソングの歌唱まで、盛りだくさんの内容で表現者としての“りえりー”の魅力が届けられた。

イベントは吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)をMCに迎えて進行。まずは高橋のこれまでの活動を、年表を見ながら振り返っていくことに。最初のブロックでは2011年から2016年までをプレイバック。特に2015年は、夏クールに『それが声優!』『乱歩奇譚 Game of Laplace』『がっこうぐらし!』の3作品でメインキャラクターを演じたこともあり、それが声優としての活動の幅が広がるきっかけにもなったという。そして2016年には『魔法つかいプリキュア!』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』といった人気作に出演。キャラソン歌唱コーナーでは、そのなかから『魔法つかいプリキュア!』の主人公・朝日奈みらい役として歌った楽曲「夢までふたり乗り♪」が披露される。華やかな曲調にもマッチした明るく弾けた歌声はみらいそのもので、その元気溢れるパフォーマンスにファンもクラップや手ぶりで応えて会場は一体となった。

ここでゲストとして声優の小澤亜李が、本イベントのキービジュアルのイラストをあしらった誕生日ケーキを持って登場。仕事だけでなくプライベートでも交流があるという二人は、これまで共演してきたアニメ作品の話題で盛り上がる。そんな二人の共演作のなかから、高橋が直樹美紀役、小澤が恵飛須沢胡桃役で歌った『がっこうぐらし!』のキャラソン「アンハッピーエンドワールド」が、ライブ初披露されることに。「(美紀と胡桃の)二人の関係性、バディ感が詰まっている」と語る高橋は、以前からこの曲を二人で歌うのが念願だったとのことで、同じ気持ちを抱いていた小澤もオファーをもらったときには感動したと明かす。ステージでは二人で横に並び、変わってしまった世界でも精一杯前向きに生きる美紀と胡桃の心境を、凛々しさたっぷりに表現する。ラスサビの直前、お互いに目を合わせ、手を差し伸べ合う仕草に、グッときたファンの人も多かったはずだ。

そして再び高橋の活動を振り返るコーナーへ。2017年から2022年までの年表を見ながら、作品の話題に触れていくトークを挿み、本日最後のキャラソン歌唱コーナーでは、高橋の代表作のひとつでもある『Re:ゼロから始める異世界生活』より、エミリア役で歌った第1期後期エンディングテーマ「Stay Alive」をライブ初披露。曲紹介の瞬間からまるでエミリアが憑依したかのように表情と声音が変わり、ギターの轟音に包まれながら儚き歌声を届けるその姿からは、エミリアの揺らぐ感情がそのまま伝わってくるようだった。

続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人