【ライブレポート】「IDOLY PRIDE」単独ライブ<LAWSON presents IDOLY PRIDE VENUS STAGE 2022“奇跡”>でみせた“奇跡”、そして新たな“約束”――。

アイドルを題材にしたメディアミックスプロジェクト「IDOLY PRIDE」の単独ライブ<LAWSON presents IDOLY PRIDE VENUS STAGE 2022“奇跡”>が、2月19日(土)、東京・中野サンプラザホールで開催された。2021年にTVアニメが放送、アプリゲームのサービスも開始して盛り上がりを見せるなか、星見プロダクション(月のテンペスト、サニーピース)が“TOKYO IDOL FESTIVAL 2021”や“リスアニ!LIVE 2022”に出演するなど、キャストによるリアルライブも展開してきた。そして今回、2020年11月に行われた“IDOLY PRIDE – VENUS STAGE / RE:BEGINNING -”以来となる単独イベントを開催、彼女たちはまさに“奇跡”のようなステージを見せてくれた。

この日のイベントは昼夜2公演を実施。本稿では2部の模様を中心に紹介していく。久々となる単独イベントの幕開けを飾ったのは、星見プロダクションに所属するアイドルたち。長瀬琴乃役の橘 美來、川咲さくら役の菅野真衣、一ノ瀬 怜役の結城萌子、伊吹 渚役の夏目ここな、佐伯遙子役の佐々木奈緒、白石沙季役の宮沢小春、白石千紗役の高尾奏音、成宮すず役の相川奏多、早坂芽衣役の日向もか、兵藤 雫役の首藤志奈、の10名が、それぞれのメンバーカラーをあしらった衣装でステージに並ぶと、TVアニメ版のOPテーマとしてもお馴染みの「IDOLY PRIDE」で華々しくライブをスタートさせる。

自己紹介を挿んで披露された「Shine Purity~輝きの純度~」は、彼女たちが2020年2月、“ワンダーフェスティバル2020[冬]”に出演した際にファンの前で初めて歌った楽曲でもある。筆者はそのときのステージを直接観覧していたが、その頃に比べると、歌唱やダンスといったパフォーマンス力のみならず、メンバー同士の結束力も飛躍的に向上していることが、ステージ上でのお互いを信頼し合っているような振る舞いから伝わってくる。

星見プロダクションの面々がライブを終えたあと、ステージに備え付けのスクリーンに映し出されたのは、LizNoir「GIRI-GIRI borderless world」のアニメーションMV。TVアニメでの彼女たちのライブの裏側を描いたその映像に続き、神崎莉央役の戸松 遥、井川 葵役の高垣彩陽、小美山 愛役の寿 美菜子、赤崎こころ役の豊崎愛生がステージに現れ、ついにLizNoirの4人による生ライブが実現する。「Shock out, Dance!!」では激しく明滅する照明が雰囲気を高めるなか、力強くもクールなパフォーマンスで観る者を圧倒。MCでは、この4人が揃ったときならではの笑顔の絶えないトークで会場を和やかにしつつ、最後はパワフルなロックチューン「Darkness sympathizer」をマネージャー(「IDOLY PRIDE」のユーザーの呼称)へのバレンタインのプレゼント代わりに放ち、余裕すらも感じさせる貫禄のステージングで爪跡を残した。

続いて登場したのは月のテンペスト。橘 美來、夏目ここな、宮沢小春、相川奏多、日向もかのメンバー5名は、ドラマチックかつ少し影のあるメロディが彼女たちらしい「月下儚美」を、アニメの映像とシンクロしたダンスと共に届け、オーディエンスを一気に自分たちの世界へと引き込む。そして爽やかな曲調が月ストの新境地となった「Daytime Moon」をライブ初披露。普段の夜に浮かぶ月とはまた違った装いの“青い空 白く浮かぶ月”を歌う彼女たちが眩しい。同じくライブ初披露となった、和の情緒溢れる淡いラブソング「恋と花火」では、打ち上げ花火をイメージした照明演出も印象的だったし、締め括りに歌われた「The One and Only」の優雅さのなかに情熱を湛えたひたむきなパフォーマンスを含め、豊かなニュアンスでエモーショナルを伝える月ストの魅力が詰まったステージだった。

そして太陽のように明るく快活なパフォーマンスで、会場に元気を振りまいたのが、菅野真衣、結城萌子、佐々木奈緒、高尾奏音、首藤志奈によるサニーピース。「SUNNY PEACE HARMONY」ではスクリーンに映るアニメの映像そのままのステージングでファンを魅了すると、弾むリズムが楽しい「EVERYDAY! SUNNYDAY!」では“最高のハーモニー”を勢いたっぷりに奏でて、会場のボルテージはどこまでも上昇していく。上品かつ煌びやかなサウンドが印象的なディスコポップ「Shining Days」は、ライブ初披露ながらも一聴して盛り上がれるノリの良さがあり、ステージ全体に広がって歌う5人の姿はまさに輝かんばかり。MCでも高尾のダジャレをはじめ終始賑やかなサニピは、ラストのチアフルなアップチューン「全力!絶対!!カウントダウン!!!」まで全力で駆け抜けていった。

アンコールは星見プロダクション所属の10名が再び勢揃い。ライブグッズのTシャツを着た彼女たちは、まるでジェットコースターのようにノンストップで駆け巡るアッパーなポップソング「Fight oh! MIRAI oh!」を歌唱。圧倒的とも言える高揚感と多幸感が会場全体を包み込む。

そしてこの日の最後に披露されたのが、TVアニメの最終回でもオンエアされた大石昌良提供の「サヨナラから始まる物語」。夜公演だけの特別な曲目だ(昼公演では「Pray for you」が締めに歌われた)。そのタイトルと歌詞に込められた意味は、アニメやゲームに触れたことのある人ならご存じのことだろうし、長瀬琴乃役の橘 美來が涙をぬぐいながら、この曲を歌っていた理由も想像できるはずだ。

“別れ”は悲しいことかもしれないが、それはまた新しい物語が“始まる”きっかけでもある。彼女たちの物語も、まだ始まったばかりなのだ。幸い次の“約束”、アプリゲームのリリース1周年を記念した単独ライブイベントが、7月2日に東京・立川ステージガーデンで開催されることも発表された。その“約束”の先にはどんな“奇跡”が待っているのか。彼女たちが描く景色と、そのプライドの行く末を、これからも追い続けていきたい。

PHOTOGRAPHY BY 大庭 元
TEXT BY 北野 創(リスアニ!)

「LAWSON presents IDOLY PRIDE VENUS STAGE 2022 “奇跡”」2部
<セットリスト>
01. IDOLY PRIDE/星見プロダクション
02. Shine Purity~輝きの純度~/星見プロダクション
03. Shock out, Dance!!/LizNoir
04. Darkness sympathizer/LizNoir
05. 月下儚美/月のテンペスト
06. Daytime Moon/月のテンペスト
07. 恋と花火/月のテンペスト
08. The One and Only/月のテンペスト
09. SUNNY PEACE HARMONY/サニーピース
10. EVERYDAY! SUNNYDAY!/サニーピース
11. Shining Days/サニーピース
12. 全力!絶対!!カウントダウン!!!/サニーピース
―ENCORE―
13. Fight oh! MIRAI oh!/星見プロダクション
14. サヨナラから始まる物語/星見プロダクション


●ライブ情報
ゲームリリース一周年を記念したライブの開催が決定!
7月2日(土)立川ステージガーデン

関連リンク

『IDOLY PRIDE』公式サイト
https://idolypride.jp/

『IDOLY PRIDE』公式Twitter
https://twitter.com/idolypride

『IDOLY PRIDE』公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCOuzrlRFF7aSkooORw0XWRA

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人