『うる星やつら』2022年TVアニメ化決定! あたる役に神谷浩史、ラム役に上坂すみれ、ティザービジュアル&ティザーPVも解禁!

今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作「うる星やつら」。小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを全4クールに渡って、フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて完全新作としてTVアニメ化することが決定した。第1期は、2022年放送予定。

本作は、地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まる。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。

監督は「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」を手掛けた髙橋秀弥・木村泰大、シリーズ構成に「はたらく細胞」の柿原優子、キャラクターデザインに「おそ松さん」「映像研には手を出すな!」の浅野直之、アニメーション制作は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、「炎炎ノ消防隊」のdavid productionが担当。そして、主人公の“ダーリン”こと諸星あたると、ヒロイン・ラムという稀代のカップル役を神谷浩史と上坂すみれが演じる。

今回、ティザービジュアルと共に解禁ティザーPVも公開!さらに、それぞれが演じるキャラクターと並ぶリンクビジュアルも公開された。リンクビジュアルは、あたると神谷が手を合わせたもの、ラムと上坂が互いにジャンプ(=飛ぶ)しているところを収めており、キャラクターとキャストがリンクしたビジュアルとなっている。

また、このたびのTVアニメ化について、原作者の高橋留美子先生、古川登志夫氏、平野文氏からもコメントが到着。
選び抜かれた原作エピソードを4クールで、ゴージャスでタフ、クレイジーな“やつら”の青春を描く『うる星やつら』。このたびのTVアニメ化発表に合わせ、アニメ公式HP・Twitterも開設。Twitterでは、あたる、ラムのキャストサイン入り年賀状風ポストカードを10名様にプレゼントするキャンペーンもスタート。そして、ウェブコミック配信サイト「サンデーうぇぶり」では、「うる星やつら」1~10巻の無料配信も決定。寅年を飾る本作に乞うご期待!

次ページ(コメント、作品情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人