【インタビュー】TAKU INOUE 初のコンセプトEPが完成!5曲入りの新作『ALIENS EP』が生まれた背景に迫る

これまでさまざまアーティスト、声優、キャラクターへの楽曲を提供してきたトップクリエイターとして、あるいは数々のフロアで熱狂を生むDJとしてシーンを牽引してきたアーティスト、TAKU INOUEがアーティストデビューを果たしたのが2021年7月のこと。コロナ禍という時代のなかで失われつつあったフロアの喧騒を思い起こさせるクラブ讃歌デビュー曲「3時12分」が話題を呼ぶなかで、ナイトライフと宇宙旅行を掛け合わせた5曲入りの新作『ALIENS EP』が早くもリリースされた。ゲストボーカリストに星街すいせいやONJUICY、森カリオペといった新進気鋭の実力派を、時代と多様性が織りなすフロアに呼び込んだ重厚かつスタイリッシュな本作が生まれた背景を彼に聞いた。

”宇宙旅行”という非日常とクラブという日常

――2021年7月に「3時12分」でデビューを果たしたわけですが、リリース後の反響はいかがでしたか?

TAKU INOUE 思った以上にみんな「3時12分」をチェックしてくれるなって思いましたね。ひさびさに会った人にも「あれよかったです」って言ってくれて、ほかのアーティストさんからもメールもらったりとか。出してよかったなと思ってはいるんですけど、ひとつ残念なのが、DJのオファーがですね、ここ3ヵ月ぐらいは全部3時台になりそうで(笑)、まあ楽しくやっています。

――やはりパーティーの3時台に「3時12分」は聴きたいという考えは、どのオーガナイザーも一緒だと(笑)。そうした反響は自身の制作に影響ありましたか?

TAKU そんなに、反応を見てこうしようというのは今のところはなくて、もちろんリアクションはチェックしていますし、ありがたいなと思って読みつつ、やっぱり自分のやりたいこと独自に考えているというのが強いですね。

――なるほど。

TAKU ただ、「3時12分」が好意的に受け止めてもらえた、こういうしっとりしたものも聴いてもらえるんだなっていうのがでかかったので、もっとチャレンジしてもいいのかなっていう気持ちにはなりましたね。

――その「3時12分」に続く作品として、5曲入りEPをリリースしようというアイディアはどこから出てきたんですか?

TAKU レーベル発信で「じゃあ5曲入りEPを作りましょうか」っていうことになり、どうせ作るなら、単純に5曲作るのではなくて、まとまりがあるものにしたいなっていうのがあって。「3時12分」が先に出来ていたので、それを拡張した世界観を構築したいというのがありましたね。

――たしかにアートワークからもわかるような、いわゆる夜感のあるイメージですよね。

TAKU 5曲入りを作るなかで夜をイメージしたり、クラブ感のある世界観だったりをベースに、ひとつストーリーを作りたいなと思っていて。あとそれだけでは弱いなって思っていたので別のラインを立てたいなっていうのがあって、エイリアンというか宇宙旅行というのが出てきました。夜に外に出るというのが自分のなかで宇宙旅行みたいな気持ちになるというのがあったので、旅感とか宇宙感というのを絡めつつ、クラブに行ったひと晩というストーリーを描きたいなと思っていたんですよね。

――ある意味、夜の街に繰り出すというかつての日常が宇宙旅行のように遠くにも感じるというのは、今の時代らしいところのなのかなと。

TAKU そうですね、たしかに。今は夜に出るというのが日常じゃなくなったので。それを、宇宙を思い描くのと同じように夜を思い描くという体験は、たぶんこういうご時世じゃなかったらないと思うし、「3時12分」も含めてこういうご時世じゃなきゃできなかったと思いますね。

――ちなみに本作の制作にとりかかったのはいつ頃でしたか?

TAKU (星街)すいせいさんのソロアルバムの曲(「Steller Steller」)を出したあとだから8月半ばごろかな?

――当時は緊急事態宣言中だったのもあって、より日常が遠くに感じる時期でしたよね。

TAKU 8月はまだどうしたもんかなっていう頃だったので、それはありますね。

――それもあって、全体的にもフロアライクでありつつも、日常的だけどドリーミーな表現というのが印象深くて。もちろんそこはTAKUさん本来のものでもあると思うんですが。

TAKU ”ALIEN”というタイトルを選んだのも、クラブだけではなくてもっと広く捉えて多様性というものを表現したくて。結局自分たちもエイリアンのひとりであって、いろんな人がいたら楽しいよねっていうようなところもちょっと匂うアルバムにしたくて、クラブというのもそういう人たちの集まりでもあるし。なので、自分で歌詞も書くんですけど、今回はいろんな人の視点を入れたいなと思っていて、「ALIENS EP」はONJUICYくんにお任せしたりとか、「Yona Yona Jouney」も半分はCalliopeさんに書いてもらったりとか、言葉のチョイスはいろんな人の視点が入っていることになっていますね。

――そうした視点の多様性もあり、さまざまなエイリアンたちが集まるような場所としての『ALIENS EP』であるわけですね。それを聞いてイメージしたのが「スターウォーズ エピソード4」の、タトゥイーンの酒場や市場でさまざまな姿をした人種が集まるような場というか。

TAKU そう、タトゥイーンの市場の風景とか、いろんな宇宙人がいるところが好きで、まさにああいう風景を思い浮かべながらやっていたのはありますね。

次ページ:実力派エイリアンたちと作り上げた音楽たち

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人