【インタビュー】曲の想いを届け寄り添うための、前向きな“挑戦”を詰め込んだニューシングル! 石原夏織「Starcast」リリースインタビュー

声優・石原夏織が、11月24日に7thシングル「Starcast」をリリース。表題曲は“心の距離”をテーマにした楽曲で、2ndアルバムでもタッグを組んだやなぎなぎが作詞を担当した。また、カップリング曲「わざと触れた。」はHoneyWorksが楽曲を提供。初顔合わせとは思えない抜群の相性のよさを感じさせる楽曲に仕上がっている。本稿では、その2曲の制作にまつわる話題を中心に石原へインタビュー。そのなかで語られた、石原が本作のレコーディングのなかで取り組んだ、数々の挑戦とは。

自分の言葉であり多くの人に響くと確信した、やなぎなぎによる表題曲の歌詞

――今回の表題曲「Starcast」は、どんな曲を目指して制作が始まったのでしょうか?

石原夏織 今回は久々のノンタイアップということもありまして、割と自由に曲を作れるタイミングだったんです。なので、今までファンの皆さんによくお話していた「心の距離が近いアーティストになりたい」という自分の目標と、昨今人と会うことが難しいということにもどかしさや憤りを感じている方が多いだろうな……というふたつの要素を噛み合わせまして。いろんな方に私の歌が、自分のことのように受け止めてもらえる作品にしたいな、と思いました。

――表題曲の作詞を、やなぎなぎさんに依頼されたのはなぜだったのでしょう。

石原 今までご一緒させていただいたりEDを歌われていた作品に携わる数も多かったので、「聴く人それぞれの思い出に結びついたり想像力が膨らむ歌詞を書いていただくなら、なぎさんがいちばんなんじゃないかな?」と思って、お願いすることに決めました。

――実際に歌詞をご覧になって、最初どう感じられましたか?

石原 最初いただいたのは方向性のチェックのために1コーラス分だけだったんですけど、そのときから内容的にもすごく深いものでしたし、自分の今までの経験からいろいろな想像を掻き立てられて。聴く度に違うニュアンスに聴こえるようなところが素晴らしくて、「やっぱり、やなぎさんにお願いしてよかった!」と思いましたし、2番以降の物語もすごく楽しみになりました。

――その2番以降については、どう感じられましたか?

石原 衝撃でした!もっとせつなさが増していったり言葉が強くなっていったりしていく歌詞を読んでいるうちに、いつの間にかその世界に自分が入り込んでいるような、不思議な感覚がありました。

――自分で書いた言葉じゃないのに、自分の言葉のように感じたというか。

石原 そうなんです!でもそれはきっと、自分だけじゃなくて多くの人が同じような気持ちになるだろうなとも思ったんです。それにせつなさを表すのに「悲しい」みたいな言葉を使わなかったり、会いたい気持ちを描いた曲なのに「会いたい」という言葉が入っていなかったりという“直接言わない”オシャレさもあって!歌詞の内容に自分も共感して、想像して、感動して……早くレコーディングしたいなという気持ちになりました。だからいつかなぎさんに、どうやってこの歌詞が生まれたのかを聞いてみたいんです。あと、「どんな生活をしてきたら、この言葉のチョイスができるのか」も(笑)。

――その一方で、サウンドについてはどんな印象をお持ちですか?

石原 まず、コンペで選んだときから印象的な曲だったんです。バラードを歌おうと考えていたわけじゃなかったのに、この曲だけ静かめに始まって「バラード頼んだっけ!?」と思って。そうしたら曲が進むにつれてリズムが入ってスピードも出てきて……1コーラスだけのデモの段階で展開の面白さに心惹かれて、1回聴いたら繰り返し聴きたくなる曲だなぁ……と、心を鷲掴みにされました。

――フルバージョンになったときには、どんな印象を受けましたか?

石原 サビ以外に繰り返すところがないというところが、物語みたいな歌詞と相まってまるで人生を見ているような感じがしてすごく好きなんです。あと、終盤の高音部分はいつか挑戦してみたいと思っていたけどなかなかその機会がなかったものだったんです。なので自分にとっての挑戦でもありましたし、歌詞が入っていない段階でも「このメロディの流れに、ずっと乗っかっていきたくなるなぁ」という気持ちになるぐらい盛り上がるメロディなのも、好きなんです。

――そこに歌詞が乗って、イメージもより鮮明になったのでは?

石原 曲の壮大さもあって若干せつなくなるところもあるんですけど、でも誰かがそばにいてくれるぬくもりを感じるような、温かさがどこかあって。それがこの曲のテーマにも、すごく合った感じがしているんです。なので音質としてはブルーが合いそうな曲だけど、芯の部分は暖色が似合う曲だな、という印象があります。それに自分自身もこの曲に何度も勇気づけられているので、聴いてくださるいろいろな方の様々な場面で、大きな力ではなくても小さな力で救ってくれるような曲だなと思っています。

――石原さん自身の支えにも、すでになっているんですね。

石原 そうなんです。しかもそれが、「この曲を聴いて心を奮い立たせよう」みたいにぐっと押してくれるパワーがあるときも、凝り固まった気持ちをほぐして心を浄化してくれるようなぬくもりを感じるときもあるので、本当に聴くタイミングごとに違うものを感じられる曲なんです。

次ページ:みんなで作り上げ、突き詰めていくことに楽しさ感じたレコーディング

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人