声優アーティスト 大橋彩香が約3年ぶりに有観客でバースデーイベント「はっしーバースデー2021」を開催!自身初のアコースティックミニアルバムの詳細発表も!

声優アーティストの大橋彩香が、自身のバースデーイベント「はっしーバースデー2021」を開催した。有観客での実施は約3年ぶりの開催となり、ファンも待望のイベントとなった。

ギターを手に登場した大橋が登場し、最近練習しているというギター演奏でイベントがスタート!まだまだつたない演奏ではあったが大橋の愛嬌が際立つ開幕にファンから笑顔と拍手があふれた。

そして、OPトークが始まるかと思うと恒例のサプライズケーキが今回はイベント冒頭から行われた。ファンも協力してサプライズで客席に色画用紙で「27」と「ハート」が表現され大橋を驚かせた。

夜の部では幕が開くとともにドラムセットに囲まれた大橋が登場し自身の人気楽曲「ダイスキ。」を披露し観客を沸かせた。ここ最近のテレビ番組でもドラムやカホンの演奏が披露されていた大橋。バースデーイベントでもドラマーとしての姿を見られたファンは嬉しかったに違いない。

昼夜共通で最初のコーナーは「はっしーの活動振り返りトーク」。こちらは2020年9月に配信で開催されたバースデーイベントから今日までのトピックを当時の画像や映像を見ながら振り返りファンと共に多忙な1年間を懐かしんだ。

続いては「クイズ共演者に聞きました!」
こちらのコーナーは、今まで大橋が番組やイベントで共演したことのある「共演者」が、
お祝いコメントと共に、クイズを出題。共演者ならではの問題を、大橋も楽しみながら答えていた。

結果、昼の部では3問中3問正解で、プレゼントの高級美容液を獲得。夜の部では3問中2問正解で、プレゼントの高級AI搭載ドライヤーを獲得。会場のファンも、声は出せないまでも、一緒に考えたり、拍手を送ったりと、楽しいコーナーとなった。

次は「世界へはばたけ!はっしーチャレンジ!!」と題された、ホリプロインターナショナルならでは?のコーナー。

昼の部では、
A:1分間で鉛筆を立てるギネス(世界記録55本)
B:最も速い1から50までのタイプ(世界記録14秒88)
C:1分間にティッシュを引き抜く枚数(世界記録157枚)

夜の部では、
D:30秒間で積み上げたトイレットペーパーの数(世界記録28個)
E:2個の風船を頭だけで空中に浮かせ続けた最長時間(世界記録1分09秒)
F:指1本で定型文をタイプする最短時間 (世界記録21秒99)

に挑戦。

大橋の結果は、何回かチャレンジしたり、甘めの優しいさ溢れる判定などもあったが、
A:7本
B:19秒
C:151枚
D:9個
E:7秒
F:85秒
となった。
上手くいかずに困ったり、声をあげながらチャレンジする大橋を、会場のファンが微笑ましく見守り応援していた。

そして「メッセージ紹介」のコーナーでは、いつも応援してくれているファンから届いたメッセージに大橋がその場で答え、これまでのファンとの繋がりを感じつつ、これからもファンの皆さんの期待に応えていこうとする大橋の姿勢が伺えた。

最後のコーナーは、近年の大橋の表現の1つになりつつある「アコースティックライブコーナー」。

ワンマンライブでも共演してきた、ギターの渡辺キョータを呼び込み、昼の部では
突破口/SUPERBEAVER
水平線/backnumber
innocence/LAMPINTERREN

夜の部では
シャッター/優里
Q-vism/Who-yaExtended
アポトーシス/Official髭男dism

を披露。
アコースティックカバーということで、大橋自身も自分名義の曲とは違ったオススメ曲で熱が入ったようだ。普段の大橋ソロライブとは違った雰囲気の歌唱に、ファンも聞き入っていた。

エンディングでは、「みなさん本当に今日は私の27歳のお誕生日を会場で、そして配信で、お祝いに来て下さって、ありがとうございいます。着々と健康に年を積み重ねられている事を本当に嬉しく思います。今日は同じ空間・時間を皆さんと過ごせて、ハッピーなお誕生日を迎えられて嬉しいです!」とコメント。

27歳の抱負としては、昼の部では「体型維持を目標にがんばりたいと思います!健康的に、無理な食事制限をせず、体型を維持して皆さんの前に立たせて頂きたいなと思いますので、見守っていてください。」と宣言し、夜の部では「アコースティックギターを継続する!というのを目標にさせていただきたいと思います!また来年のバースデーで成長したんだと思っていただけるような努力をしたいなと思います。」と宣言した。

「27歳も更なる飛躍の年にしてがんばっていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願い致します!ありがとうございました!」とファンへ伝え最後は、会場の隅々まで手を振り、配信にも挨拶をして締めくくった。

1か月遅れのバースデーイベントではあったが、盛りだくさんの企画と、会場や配信で応援してくれる温かいファンの雰囲気で、これまでのファンとの絆を感じながら、今後の大橋の活動にも期待が膨らむイベントとなった。

次ページ(リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人