諏訪部順一、上坂すみれ、大西沙織、安野希世乃、東山奈央ら登壇、TVアニメ『異世界食堂2』舞台挨拶付先行上映会オフィシャルレポート到着!

10月より放送がスタートする『異世界食堂2』の舞台挨拶付き先行上映会が、9月11日に東京・109シネマズ二子玉川にて開催された。登壇したのは、諏訪部順一(店主役)、上坂すみれ(アレッタ役)、大西沙織(クロ役)、安野希世乃(サラ役)、東山奈央(ヒルダ役)の5名。司会はテレビ東京アナウンサー・角谷暁子が務めた。なおイベントの模様はライブビューイング、およびオンラインでも配信された。

本作は犬塚惇平の小説を原作とし、2017年7月にTVアニメ第1期が放映された。「洋食のねこや」を舞台に、異世界の人々と料理の一期一会を描いたアニメで、10月からは約4年ぶりとなる待望の第2期がオンエアされる。

イベントは、開店準備をする店主、アレッタ、クロによるショートドラマからスタート。3人は「洋食のねこや」に迷い込んだお客さんを迎え入れ、「いらっしゃいませ」とご挨拶。観客を「ねこや」にいざなうかのような演出に会場から大きな拍手が沸き起こった。

5名が舞台へ登壇すると、それぞれ一言ずつご挨拶。4年ぶりに役を演じられる喜びやアフレコの裏話のほか、キャラクターへの思い入れについて語り合い、トークを盛り上げた。

そして、本邦初公開となる本編の第1、2話の上映会が終わると、司会の呼びかけで諏訪部をはじめとしたキャスト陣が再び登場。諏訪部が冒頭から着用していたコック服にツッコミが入ると、「私服です」と冗談を飛ばし、それぞれ笑顔に。一方、女性陣はこのイベント用に制作された記念Tシャツを着用。上坂はオムライスのチャームがついたネックレスとブレスレットを合わせるなど、それぞれのコーディネートにもこだわりがあった。

「厨房裏まかないトーク」と題したコーナーでは、第1、2話についてクロストーク。どの料理も気合いの入った作画で、キャストも声を揃えて「おいしそうだった」と語っていた。また第1期からの常連客が序盤から「ねこや」に全員登場していることにも注目。ゲストキャラクターも加わり、ますます賑やかになる「ねこや」に期待を寄せていた。

また、各キャストへの個別質問もあり、「最近作った料理」を聞かれた諏訪部は「よだれ鶏」、「中学時代に料理部に入っていた」という上坂は「もともとは紅茶愛好会に入っていた」というエピソードについて、「最近食べたカレー」を聞かれたカレー好きの大西は「夏野菜カレー」と回答。『異世界食堂2』のオープニングテーマ『おんなじキモチ。』を担当する安野と、エンディングテーマ『冷めない魔法』を担当する東山は、それぞれの聴きどころをたっぷり語ってくれた。

続く「Q&Aコーナー お店の人に聞いてみた」は、司会の問いに対してキャストが挙手で答えていくというもの。「お店の名前は“ねこや”だけど、実は犬派」という質問には諏訪部、安野、東山が挙手。ただ「強いて挙げるなら……」と、全員苦渋の決断だった様子。このほか「メンチカツもおいしいけど、実はハンバーグのほうがラブだ」、「チーズケーキもよいが、実はショートケーキのほうが好き」、「黙ってたけど洋食より実は和食が好きだ」といった質問が繰り出され、それぞれ悩みに悩みながら答えていった。

続いては、ゲームコーナー「お店愛を絵心で!」。それぞれが「ねこやの看板」をスケッチブックに描き、一番上手だった人が「ねこや」への愛があると認められるというゲームだ。看板は「三毛猫が看板の紐をくわえている」という絵だが、ヒントは一切なく、大いに悩んだ様子。一番近かった大西と、逆に個性的な黒猫を描いた諏訪部が、「ねこや愛」を認定された。

最後は、参加者プレゼントの当選者発表や新たなエピソードビジュアルの紹介、さらに放送情報が告知され、大盛況の中、イベントは幕を下ろした。

次ページ(各キャストコメントなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人