山手線の各駅を舞台に30人のアイドルが登場するアイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」新ボイスキャスト解禁&3rd CD「STATION IDOL LATCH! 03」11月10日リリース決定!

山手線各駅の駅員のキャラクターが業務時間を終えるとアイドルとして活躍する まったく新しいアイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」。

これまでに東海林 鈴音/東京駅(CV:小野 賢章)、神堂 唯姫/新宿駅(CV:田丸 篤志)、青葉梟 光加人/池袋駅(CV:島﨑 信長)など19駅19名が順次公開され、その度に多くのパッセンジャー(=ファンの皆様)の注目を集めてきたボイスキャストだが、今回新たに4名の情報が解禁となった。

今回明らかになったのは 不動 雅/目黒駅(CV:峯田 大夢)、綜馬 礼/目白駅(CV:太田 将熙)、和泉 オーキッド 亜恋/高輪ゲートウェイ駅(CV:森嶋 秀太)、大崎 新市/大崎駅(CV:菅沼 久義)という個性豊かな声優陣。

オフィシャルYouTubeチャンネルで“運行中”のボイスドラマに#21(9月23日公開予定)で大崎 新市/大崎駅、#22(9月30日公開予定)で綜馬 礼/目白駅と不動 雅/目黒駅、#23(10月4日公開予定)で和泉 オーキッド 亜恋/高輪ゲートウェイ駅が初登場する予定なので楽しみにしてほしい。

更に、11月10日にリリースが決定した3rd CD「STATION IDOL LATCH! 03」では新ボイスキャストの歌声を聴くことができる。

「STATION IDOL LATCH!」としては、7月1日にデジタル配信リリースされた「STATION IDOL LATCH!」テーマソング『LATCH! ~それが未来の扉〜』、8月18日にリリースされた1st CD「STATION IDOL LATCH! 01」、9月8日にリリースされた2nd CD「STATION IDOL LATCH! 02」に続く3rd CDとなる「STATION IDOL LATCH! 03」。

本作には、不動 雅/目黒駅(CV:峯田 大夢)、綜馬 礼/目白駅(CV:太田 将熙)による『Get into the Wonderland』、和泉 オーキッド 亜恋/高輪GW駅(CV:森嶋 秀太)、英 皐月/駒込駅(CV:高塚 智人)、高岩 大智/巣鴨駅(CV:井上 雄貴)による『花びら舞う夜に』、饗庭 紡麦/恵比寿駅(CV:高橋 英則)、伍代 晃/五反田駅(CV:三浦 祥朗)、羽振 寿里/田町駅(CV:小山 剛志)、大崎 新市/大崎駅(CV:菅沼 久義)による『Sparkling Night』と、3つのユニットが歌唱する3曲が収録される予定。

なお、10月10日(日)には渋谷ストリームホールにて初のファンミーティング「STATION IDOL LATCH! 1st Passenger Meeting」が開催されるが、現在発売中の2nd CD 「STATION IDOL LATCH! 02」初回プレス分封入特典として9月14日(火)23時59分まで“最速先行販売“エントリーを受け付けている。(※チケットの一般発売は10月2日(土)12時から)

ボイスドラマ、CD、ファンミーティング…と絶賛“運行中”の「STATION IDOL LATCH!」プロジェクトに、お乗り遅れのなきようご注意ください!

<新ボイスキャストコメント>

峯田 大夢(不動 雅/目黒駅)
この度、目黒駅のLATCH! 不動 雅を演じることになりました峯田 大夢です。
あのJR山手線のアイドルプロジェクトというお話を頂いた時、心が躍りました!
今まで知らなかった山手線の魅力とともに、個性豊かなステーションアイドルたちが新たな発見を届けてくれる素敵なプロジェクトです。
僕自身、身体の全てを使って不動 雅を色濃く表現していく所存です。
キラキラ輝く彼らをお見逃しなく!
そして彼らを知ることができるこの機会に、どうぞお乗り遅れのなきようご注意ください!

太田 将熙(綜馬 礼/目白駅)
綜馬 礼 役の太田 将熙です。
日常で自分も使う山手線、そしてその駅員が「アイドルになる」という未知の可能性を秘めた、とても面白い企画だと思いました。
自分も一人の役者として命を吹き込み、パッセンジャーの皆様と共にこのプロジェクトを盛り上げていけたらと思います!応援よろしくお願いします!

森嶋 秀太(和泉 オーキッド 亜恋/高輪ゲートウェイ駅)
高輪ゲートウェイ駅はJR山手線49年ぶりの新駅で、AI駅員さんや無人コンビニなどの最先端の設備に加え、駅のデザインはまるで、折り紙を広げたような和のテイストです。
そんな今と昔の日本を融合させたような素敵な駅の、駅員アイドルの声を演じることができて光栄です!
皆さんの日常にLATCH!が浸透していくよう、全力で盛り上げて参ります!

菅沼 久義(大崎 新市/大崎駅)
大崎 新市役を演じさせていただきます、菅沼 久義です。
オーディションの時のセリフに、「しりとりのり?…リンカーン!」と言うのがありまして、僕も以前イベントでしりとりの最初にうどん!って言ってしまって最初から止めてしまったことがあったのでなんだか勝手にシンパシーを感じておりました。
向上心のある残念イケメンというところにも愛着があります!
半分演技半分素のままで演じていければと思います。
駅員アイドルという新しい試みに僕自身期待しております!
是非皆様もご乗車お待ちしております♪


●作品情報
STATION IDOL LATCH!」

東京23区内を走行する山手線の全30駅および街の特徴をエッセンスとして取り込んだ、個性豊かな30人のアイドルが登場。街を盛り上げるアイドル活動を中心に、駅員として働く様子なども織り交ぜながらストーリーを描いていく。
YouTubeで公開されるボイスドラマを中心に、音楽、ライブなど様々な企画を展開予定。

<イントロダクション>
30の駅からなる山手線、そこで働く個性豊かな駅員たち。
声よし、所作よし、笑顔よし──
そんな彼らは改札を出ると、キラキラ輝くスーパーアイドルに大変身!
その名も、ステーションアイドル LATCH!
パーフェクト駅員が奏でるアイドルデイズにお乗り遅れのなきようご注意ください!

●リリース情報
3rd CD
「STATION IDOL LATCH! 03」
11月10日発売

【初回限定盤(CD)】
価格:¥2,200(税込)
品番:LATCH-1005

【通常盤(CD)】
価格:¥1,850 (税込)
品番:LATCH-1006

<CD>
1. 「Get into the Wonderland」
不動 雅 / 目黒駅(CV:峯田 大夢)、綜馬 礼 / 目白駅(CV:太田 将熙)

2. 「花びら舞う夜に」
和泉 オーキッド 亜恋 / 高輪ゲートウェイ駅(CV:森嶋 秀太)、英 皐月 / 駒込駅(CV:高塚 智人)、高岩 大智 / 巣鴨駅(CV:井上 雄貴)

3. 「Sparkling Night」
饗庭 紡麦 / 恵比寿駅(CV:高橋 英則)、伍代 晃 / 五反田駅(CV:三浦 祥朗)、羽振 寿里 / 田町駅(CV:小山 剛志)、大崎 新市 / 大崎駅(CV:菅沼 久義)

4. Voice Drama 「一番近いパッセンジャー」
不動 雅 / 目黒駅(CV:峯田 大夢)、綜馬 礼 / 目白駅(CV:太田 将熙)

5. Voice Drama 「水魚の交わりを目指して」
和泉 オーキッド 亜恋 / 高輪ゲートウェイ駅(CV:森嶋 秀太)、英 皐月/ 駒込駅(CV:高塚 智人)、高岩 大智 / 巣鴨駅(CV:井上 雄貴)

6. Voice Drama 「チョイワル男達の、アダルトな夜」
饗庭 紡麦 / 恵比寿駅(CV:高橋 英則)、伍代 晃 / 五反田駅(CV:三浦 祥朗)、羽振 寿里 / 田町駅(CV:小山 剛志)、大崎 新市 / 大崎駅(CV:菅沼 久義)

※初回限定盤CDのみ
Bonus Track「山手線ボイスリレー #3」

初回限定盤 CD封入特典:アザージャケット3種類

初回限定盤/通常盤共通 CD封入特典:トレーディングカード(全9種よりランダムで1枚封入)※初回プレス分のみ封入

店舗別先着予約購入特典
アニメイト:オリジナルカードステッカー(全9種よりランダムで1種)
Amazon.co.jp:メガジャケット
タワーレコード:オリジナルL判ブロマイド
楽天ブックス:オリジナルマスクケース、デジフォト(9種)<シリアルコード>
セブンネットショッピング:オリジナルA4クリアファイル
一般CDショップ:オリジナルB3ポスター

●イベント情報
「STATION IDOL LATCH! 1st Passenger Meeting」
10月10日(日)
①14:30開場 / 15:00開演
②18:30開場 / 19:00開演

会場:渋谷ストリームホール

「STATION IDOL LATCH!」の豪華キャスト多数参加!歌ありトークありのパッセンジャー交流イベント

出演者: 青山 凌大(高田馬場駅)、阿座上 洋平(御徒町駅)、伊藤 昌弘(西日暮里駅)
井上 和彦(新橋駅)、梶原 岳人(有楽町駅)、狩野 翔(浜松町駅)、住谷 哲栄(大塚駅)
TAKUYA(新大久保駅)、古田 一晟(品川駅)、矢野 奨吾(田端駅)、山口 智広(日暮里駅)
※五十音順

チケット一般販売:10月2日(土)12時

(C) LATCH! Project/JRE
原作:RANGPONG・ジェイアール東日本企画
原作窓口:AAO Project

関連リンク

「STATION IDOL LATCH!」公式サイト
https://latch.jp/

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人