オリジナルTVアニメーション『NOMAD メガロボクス2』mabanuaが手掛ける全38曲の劇伴を収録!オリジナルサウンドトラックが6月28日(月)より配信開始!

原作・高森朝雄(梶原一騎)、漫画・ちばてつやによる『あしたのジョー』を原案とし、同作の連載開始50周年記念プロジェクトとして2018年に放送され、国内外で好評を博したTVアニメーション『メガロボクス』。その続編となるオリジナルTVアニメーション『NOMAD メガロボクス2』が、TOKYO MXにて毎週日曜23:00~、BS11にて毎週火曜24:30~より放送中。また、各配信サイトでも配信中だ。

この度、原作・高森朝雄(梶原一騎)、漫画・ちばてつやによる『あしたのジョー』を原案とし、同作の連載開始50周年記念プロジェクトとして2018年に放送され、国内外で好評を博したTVアニメーション『メガロボクス』の続編となる、TVアニメ『NOMAD メガロボクス2』のオリジナルサウンドトラックが、6月28日(月)より配信開始となることが解禁された。

本作の音楽は、自身もドラマーとして活躍し、多くのアーティストのプロデュースを手掛けるmabanuaが前作に続き担当。キャラクターの心情に寄り添う情熱的な楽曲や、哀愁感漂うラテンのリズムに乗せたメロディー、そして、緊迫感に溢れた試合をイメージした楽曲など、作品世界を多彩な楽曲で表現している。

今回のサウンドトラックは、mabanua自身がサントラ配信用に改めてミックスを手がけたもので、1曲1曲の聴こえ方にこだわった作品。オープニングテーマの「The theme of the NOMAD」を始め、劇中で登場したチーフver.のEDテーマ 「El Canto del Colibrí」など、全38曲の劇伴が収録されている。『NOMADメガロボクス2』の世界を音楽とともにぜひ楽しんでほしい。

次ページ(mabanua オフィシャルコメントなど)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人