May’n、15年を経て辿り着いた想いとは――。大石昌良や向井太一、Rin音ら提供曲を収録したニューアルバム『momentbook』リリースインタビュー

その高い歌唱力でアニソンシンガーとしての名を轟かせているMay’n。だが以前からタイアップとしてのアニソンだけではなく、自身のアルバムやシングルで良質なポップスを贈り出してもいた。そんなMay’nが幾つかの契機を得て、アーティストとしての実力を発揮したのが今作『momentbook』だ。自身で綴った歌詞も、日本の音楽業界で活躍するクリエイターたちに依頼した楽曲面でも、ノンタイアップの新曲たちは、May’nのパーソナルな部分をスタート地点に、聴く者に共感とグルーヴを感じさせる良質なポップス集となっている。ライブで培ってきたパフォーマンス力=表現力も武器として、May’n史上、控えめに言っても最高なアルバムに込めた思いを、May’n自身にさらけ出してもらう。
続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人