シンガー・MARiAの無限の可能性――。じん、山下穂尊(いきものがかり)、山崎まさよしら豪華作家陣を迎えたソロアルバム『うたものがたり』リリースインタビュー

昨年9月に結成10周年を迎えたGARNiDELiAのボーカリスト・MARiAが、豪華作家陣を迎えたソロアルバム『うたものがたり』を完成させた。ボーカリストとして類い稀なる歌唱力と表現力を持つ彼女の声に魅せられたのは、宇宙まお、岡本定義、草野華余子、じん、TAKUYA、nishi-ken、橋口洋平(wacci)、早川博隆、本間昭光、山崎まさよし、山下穂尊(いきものがかり)ら錚々たる面々。“GARNiDELiAのMARiA”としてのこだわりをあえて封印し、一人のシンガーとしての挑戦を詰め込んだ渾身の全10曲、そこに込めた想いを本人に聞いた。

10組のアーティストが、MARiAに表現してほしい“ラブソング”

――今回のソロプロジェクトに関しては、いつ頃からアイデアを温めていたのですか?

MARiA ソロ自体は結構前からやりたいと思っていました。今回のきっかけは、GARNiDELiAの活動が10周年を迎えたなかで、ここからまた自分たちの新しい扉を開いていくためには何をしたらいいかを考えたときに、私とtokuさんがお互いにソロ活動を行って、そこで得たものでまたGARNiDELiAをやっていけたら楽しそうだよね、っていう話になって。

――MARiAさんは元々ソロシンガーとしても活動していたわけですが、その意味で今回のソロプロジェクトは原点回帰みたいな気持ちもあったのでしょうか?

MARiA それも少しはあったかも。GARNiDELiAはボーカル・MARiAとコンポーザー・tokuのユニットだから、この10年、自分が書いた言葉で自分の想いを伝えるために歌をうたってきたけど、そのMARiAが一人のボーカリストとして歌そのものを主軸に置いた作品を作るときに、どんなものにしていくかを考えたのが、今回の『うたものがたり』なんです。だから、今作はあえて自分では歌詞を書かないという選択をしていて。色んな方々からいただいた歌詞やメロディを受け取って、ボーカリストとしての歌をシンプルに表現する場所にしたかったんですね。その結果、集まった楽曲はジャンルの幅も広くなって。

――今作には、ベテランの本間昭光さんが総合プロデューサー的な立ち位置で参加されていますが、これはどのような経緯でご一緒されたのですか?

MARiA 本間さんは凄く有名な音楽プロデューサーなので、もともとソロ活動をしていくならご一緒できたら嬉しいなってスタッフチームで相談してたら、トントン拍子で本間さんにお願いすることが出来て、びっくりしました!

本間さんは数々のアーティストの方をプロデュースされていますし、歌をすごく大事にしてくださる方で、全曲のレコーディングディレクションもしていただいたんですけどGARNiDELiAのMARiAとしてのスタイルを、全部理解したうえで、すごく柔軟に対応してくれたんです。歌に対する向き合い方が本当に素晴らしい方でした。

――そんな本間さんを迎えてアルバム制作を始めるにあたり、まずどんな作品にしようと思われましたか?

MARiA GARNiDELiAのMARiAと、ソロのMARiAは伝えたいことは実は同じなんですよね。前向きに、強く、絶対に自分を信じて、生きていこう!ってね。アルバム全体は“恋模様”縛りみたいなところがあるんですよね、あとはいままで見せたことのない、私の中の隠れた私、をソロでは見せるって決めていたから、そこもすごく大事にしましたね。

GARNiDELiAってtokuのサウンドがあり、私が作詞するという曲つくりの分担でやっていて、完全にブランド化しているから。それが一人の歌手MARiAとして、私の想いを一緒に作家さんにオファーして、作品を提供してもらう、あがってきたメロディーや詞にまた私のアイディアや想いを織り込ませていく、そうして制作するってGARNiDELiAの時も同じで、レコーディングの時も本間さんともそうしていて。

私の中の隠れているもう一人の私を、ソロではやってきたいから。そこを一番こだわりつつ、でも私は私だから、結局、前向きに、絶対に夢を捨てないで、悲しいことがあっても強く、自分らしく生きていこう!っていつもの私のベースになってるメッセージは外したくなったし。

――そのうえで、「MARiAさんに歌わせたいラブソング」が10曲出来上がるということになるんですね。

MARiA そうなんですよ。私も最初はどんな曲がくるのかワクワクでした。とはいえ、皆さんにはそれぞれの個性を活かした楽曲を書いてもらうようにお願いしていたので、どんなカラーの楽曲になるかはある程度予想しながら組み立てていったところもあって。どの曲も皆さんの“節”が炸裂しまくりなので、皆さんと私のコラボみたいなところもあると思います。デモはご本人が歌っているものが多かったので、新しいデモをいただいて聴くたびに「これ、このままリリースできるじゃん!」って思って(笑)。

――それらの様々な楽曲をすべてMARiAさん色に染めて表現しているのが、本作の聴きどころだと感じました。

MARiA ありがとうございます! すごく嬉しいです!

――ちなみに“ラブソング”はお好きですか?

MARiA もちろん。聴くのも歌うのも好きです。歌は“愛を伝えるもの”というのが、自分の中でブレることなくGARNiDELiAの時もずっとある考え方で。もちろん愛には色んな種類や定義がありますけど、私にとってはファンのみんなに対する愛を歌うこともラブソングなんですね。GARNiDELiAでは、戦っているみんなの背中を押すための愛だとか、スケールの大きな愛を歌うことが多いんですけど、今回の『うたものがたり』では恋愛や、親友、家族やもっと身近な愛について歌っているので、その意味では私が今まで表現してきた愛の形と違って見える部分があるのかぁと思います。愛は愛でも、ソロアーティストとしてのMARiAの愛は、みんなの生活に根付いてる愛に寄り添った曲たちにしたかったというのもありましたね。

――たしかにGARNiDELiAは壮大なスケールの楽曲が多いので、MARiAさんがここまでの身近さを感じさせる歌を披露しているのは新鮮でした。

MARiA それこそ「光」の歌詞を書いてくれた宇宙まおさんは、「MARiAちゃんが“冷蔵庫”って歌うのを聴いてみたい」って言ってくれて。これは自分でも感じることなんですけど、“GARNiDELiAのMARiA”ってすごく遠い場所にいるイメージがあるんですよね(笑)。それは自分の歌詞が大きな気持ちを表現していることが多かったり、GARNiDELiAには星の歌が多いことも関係していると思うんですけど。それに対して今回のMARiAは、(聴いている人の)その人が生活している隣で歌っているみたいな感覚ですね。

次ページ:橋口洋平(wacci)、山下穂尊(いきものがかり)らが開いたMARiAの新しい扉

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人