Netflix オリジナルアニメシリーズ『エデン』5月27日から全世界独占配信!<エデン>に隠された謎に迫る壮大な本予告とキーアートが解禁!

2021.05.15

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供する Netflixにて、Netflixオリジナルアニメシリーズ『エデン』が5月27日(木)より全世界独占配信される。

本作は、入江泰浩監督と世界のクリエイター陣が手がけ、「4話のアニメシリーズとしてはもちろん、映画のようにも楽しめる」全く新しいアニメーション体験を提供。E92とA37の2体のロボットに愛され育てられた人間の少女サラが世界に隠された謎に立ち向かう感動のSFアドベンチャー。

この度、壮大なスケールで描かれる「エデン」の謎に迫る本予告と、大人になったサラの穏やかな家族の時間が描かれたキーアートが解禁!さらに、追加キャストと英語版吹替キャストもあわせて発表。著名人による絶賛コメントも寄せられた。

Netflix オリジナルアニメシリーズ『エデン』は人類が消えたロボットだけが暮らす自然豊かな世界<エデン>を舞台に、ロボットの両親のもとで育った、この世界でたった1人の人間である主人公・サラの冒険と家族の絆の物語が壮大なスケールで描かれる。この度解禁となった本予告では、人間がいないはずの「エデン」で、サラを呼ぶ不思議な声の正体が明らかに。サラを「エデン」に呼び寄せていたのはAI(人工知能)=チューリヒ。チューリヒは「あなたは人間を助けなければならない」とサラに告げるが、現在の「エデン」はロボットだけが暮らし、人間は有害な悪の存在とみなされる世界。サラは「人間は本当に有害な存在なのかな?この世界に人間は必要だと思う?」と問いかけるが、「エデン」に隠された謎と、ロボットの両親の危機に対面したとき、サラは果たしてどんな答えにたどり着くのか?

あわせて解禁となるキーアートには、大人になったサラと2体のロボットが描かれる。2体のロボットは不思議と安らぎに包まれてほほ笑んでるように感じられ、まさに1人と2体は“家族”そのもの。美しい自然にどこまでも覆われた「エデン」で、サラたち家族が過ごす穏やかな時間は守られるのか?サラの冒険と人間とロボットの間に芽生えた家族の絆を描く物語の行方に、期待が高まるばかりだ。

同時に追加キャストも発表となった。サラが“ジョーおじさん”と呼びE92やA37とともにサラの成長を見守るS566役に新垣樽助(「攻殻機動隊 ARISE」トグサ役、「僕のヒーローアカデミア」通形ミリオ役))、「エデン」からサラを呼ぶAIチューリヒ役に桑原由気(「鬼滅の刃」高田なほ役、「アイカツフレンズ!」白百合かぐや役)、人間を排除しようとする指導者ロボット・ゼロの補佐を務めるAIジュネーブ役に甲斐田裕子(第13回声優アワードにて、外国映画・ドラマ賞を受賞。アン・ハサウェイ、ガル・ガドット、レイチェル・ワイズ等の大女優吹替を担当)と、実力派が勢ぞろいした。

さらに英語版吹替キャストには、サラ役をルビー・ローズ(「BATWOMAN/バットウーマン 」、『MEGザ・モンスター』)、ゼロ役をニール・パトリック・ハリス(『ゴーン・ガール』、「glee」)、E92/パパ役にデイヴィッド・テナント、A37/ママ役にロザリオ・ドーソン、S566役にJP・カーリアック、チューリヒ役にカサンドラ・モリス、ジュネーブ役にジュリー・ネイサンソンと豪華キャストが名を連ね、「エデン」の謎に立ち向かうサラの冒険をワールドワイドに盛り上げる。

5月26日(水)には、高野麻里佳(サラ役)、伊藤健太郎(E92/パパ役)、氷上恭子(A37/ママ役)と入江泰浩監督が登壇するバーチャルプレミア試写会も開催が決定し、ついにお披露目される。(詳細はNetflix アニメツイッターをチェック)

ロボットしかいない自然豊かな世界「エデン」で、なぜ人間は“悪”とみなされているのか?E92とA37に愛されながら育てられた唯一の人間サラが立ち向かう「エデン」に隠された巨大な謎とは?まだ誰も見たことのない心ゆさぶる感動のSFファンタジーが、この5月27日ついに全世界へと解き放たれる!

次ページ(本予告など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人