【ライブレポ連載】FLOW SPECIAL ONLINE LIVE 全アルバム網羅 炎の12ヶ月:vol.8『FLOW THE MAX!!!』

今までリリースしてきたアルバム1枚ずつをコンセプトに、毎月1回、全12回の配信ライブとして全国、全世界、どこにいても体感できる配信ライブ“炎の12ヶ月”。リスアニ!WEBではそんな月イチオンラインライブをレポート!今回は『FLOW THE MAX!!!』!

★“FLOW SPECIAL ONLINE LIVE 全アルバム網羅 炎の12ヶ月”ライブレポート連載一覧ページはこちら

■LIVE REPORT

毎月26日はFLOWのライブを楽しむ日。前を向く日。共に熱い気持ちを刻む日。そんな“炎の12ヶ月”が今月もやってきた。MVやライブシーンをコラージュして近未来を感じさせるオープニングのSE&MovieからIWASAKIのドラムのカウントが入って始まったのはラウドに轟くアグレッシブな「ブラックマーケット」。今回の会場はZepp Tokyo。広いステージから圧倒的なパワーを宿すボーカルが放たれ、画面の向こうもライブの熱気を帯びているに違いないと思わされる、そんな力強さが疾走する幕開けとなった。

ライブならではのイントロがつけられた「Red Hot Riot」ではステージ前に炎が立ち上る演出が。畳み掛けるようなビートにメロディックなギターが重厚に乗る珠玉のライブユースナンバーだ。情感豊かなKOHSHIのボーカルと慟哭のようなKEIGOの歌声が印象的な1曲を放つと、ここで口火を切ったのはKEIGO。

「“炎の12ヶ月”、8本目! 末広がり!」と笑顔を見せる。普段のライブとは違う場所から見せてきた“炎の12ヶ月”ながら、今回は“いつもの場所”で。ライブハウスで開催することでの、熱を見せたいという。8年前の『FLOW THE MAX!!!』のツアーは全都道府県を廻った。そのときの掛け声を、改めて。ステージと観客、全員で「FLOW THE MAX!!!」とポーズを決めたところで、ダンサブルなエレクトロロックチューン「TOY MACHINE」へ。デライトフルでカラフルなナンバーが軽やかに響けば、会場はダンスフロアと化す(もちろん配信で繋がるファンのいる各会場も!)続く「Won’t you stay」は情景描写が巧みなエモーショナルロック。KEIGOとKOHSHIのユニゾン、そしてバンド一体のコーラスが感情豊かに響く。ステージが青く染まる――放たれたのはどこまでも青い1曲、「ブレイブルー」。TVアニメ『エウレカセブンAO』の後期OPテーマとして、多くの人の心に刻まれた、深くて美しい青が今、改めて胸に刺さる。

「こんなに人のいないZeppは初めてです」とKOHSHI。やはり目の前にオーディエンスがいてほしい、という。そこから話は、「なぜ8枚目にして『FLOW THE MAX!!!』なんてタイトルをつけたのか」というテーマでの会話に。途中でデビュー10周年に突入し、そこからさらにツアーを1年以上続けた彼らは、“MAXの向こう側”へと向かったのだとか。今もまだその続きにいるのだ、という。そこからアルバムにまつわる思い出話を。

世は東京と関西とで緊急事態宣言が発令されてしまったけれど、こんな乾杯ならいいよね!とばかりに楽しく歌い上げる仲間たちのパーティチューン「乾杯アワー」で、ライブで繋がるみんなで乾杯!楽しげに演奏するメンバーの表情、そして紡がれる音に自然と心が躍ってしまう。続けて、FLOWで一番速い曲! 全編英語詞で彼らの姿勢がそのままに綴られたような「On my way」。ライブ会場にいるんだ、と実感できるような、音と息づかいとが迫ってくるようなビート感に体が揺れてしまう。エレクトロなイントロに彩られた「君自身BAND」はKOHSHIのハイトーンの歌い出し、そして言葉を差し出すように歌い上げるKEIGOのボーカルに聴き入るメロディアスでドラマチックなナンバー。続いたのは、焚火の音、ステージの上に燃え上がる炎、そして切なさ滲むSEから琴線に触れるメロディアスさを内包する「UMBRELLA」。傘から見る追憶の想いで紡がれる叙情的な1曲は、FLOWがMAX!!!に振り切ったからこそ生まれたのだろうな、と感じさせる。8年を経た今、歌うからこそより情感的に放たれるのかもしれない。

『FLOW THE MAX!!!』のツアー以来だ、という「UMBRELLA」。「やっと届けられた」というKEIGOとKOHSHI。さらにライブ開始前に流れていた動画(Tick Tack)についての説明と、FLOWがTikTokをやる、というニュースが。ここからさらにFLOWが広がっていく! まだまだMAX!!!な曲は残っているぞ、とKEIGO。「まだまだMAX!!!できますかー!?」。それぞれの場所で繋がっていくぞ、と鳴り出したのは「休日~連休Ver~」。ゴールデンウィークに突入するタイミングにピッタリなご機嫌アッパーチューンだ。そしてTAKEが雄叫びのようなイントロを掻き鳴らして「HERO~希望の唄~」へ。炎がメラメラと燃え上がるステージ上が熱気で占められていることが映像からも伝わってくる。「熱い!」叫ぶKOHSHI。画面からその熱が届く。映画「ドラゴンボールZ 神と神」の挿入歌であり、ヘビーに轟きながらも美麗な旋律にヒーローたる姿が浮かぶパワーロック。この曲がきたなら、やはり続くのはこの曲しかない……! 稀代の名アニソンとFLOWが邂逅した「CHA-LA HEAD-CHA-LA」で、スパーキンするFLOWの情熱! 轟く音が、モヤモヤとする昨今の情勢をも吹き飛ばすような、そんな力強さを感じさせるポジティブさに満ちたステージだ。GOT’Sのベースから幕を開ける“おめでとう”ソング「Celebration」では画面にポップな文字が浮かび、それはまるでオーディエンスの歓声のように映る。もちろん画面の向こうで、観客はみんなタオルを回し、三三拍子で盛り上がっていたはず!

「今は我慢の時期ですけれど、絶対に(タオル回して盛り上がれる日が)やってくるんで」とKEIGO。毎月26日にアルバムを思い出しつつライブをさせてもらって、月1回しっかりとライブをして曲を届けられることへの喜びや、配信で繋がるオーディエンスから力をもらっている、と語る。FLOWというバンドを理解して、地に足をつけてライブができるようになったのがこの『FLOW THE MAX!!!』だったのだそう。自分たちがバンドで伝えたいこと、みんなで歌いたいことはいい意味で変わらずにやれているのだと確認している“炎の12ヶ月”なのだ、と感謝の想いを届けた。「下向くのやめよう。コロナに負けるのやめよう。みんなとライブを作っていきます。これからもよろしくお願いします!」と口にすると、ラストナンバー「NAME」が鳴り響く。8年前に綴った言葉。あのときの想い。でも今も変わらないのだ、とばかりに想いを込めたボーカル二人の歌が心臓をノックするように響いていく。名は体を表す。常に流れる川の水は腐らない、というFLOWの語源のままに、いつも新鮮でありながら流れ続ける彼らの熱と想いが宿る1曲で初夏へと向かう時期の、日本が困難に向き合っている瞬間に、歌で前向きな光を届けた“炎の12ヶ月”は幕を閉じた……かに思ったところで、映像トラブルがあった「ブレイブルー」をもう一度演奏。最後の最後に一体感を作ると、ラストはみんなで「FLOW THE MAX!!!」ポーズで締め括った。そして“炎の12ヶ月”は次回『26 a Go Go!!!』へ!

<セットリスト>
01. ブラックマーケット
02. Red Hot Riot
03. TOY MACHINE
04. Won’t you stay
05. ブレイブルー
06. 乾杯アワー
07. On my way
08. 君自身BAND
09. SE
10. UMBRELLA
11. 休日~連休ver~
12. HERO~希望の唄~
13. CHA-LA HEAD-CHA-LA
14. Celebration
15. NAME

次ページ:『FLOW THE MAX!!!』ディスクレビュー

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人