【ライブレポ連載】FLOW SPECIAL ONLINE LIVE 全アルバム網羅 炎の12ヶ月:vol.8『FLOW THE MAX!!!』

■DISC REVIEW

『FLOW THE MAX!!!』

2013年にリリースされた8thアルバム。アルバムを引っ提げて全国47都道府県を巡り、全国のファンと共に「FLOW THE MAX!!!」と声をあげてきたことも記憶に鮮烈な一枚。アルバムの幕開けはFLOW meets ドラゴンボールZ!映画「ドラゴンボールZ 神と神」の挿入歌として書き下ろされた圧倒的なハイパワーで迫りくるボーカルと神々しいまでに派手なロックンロールが印象的な「HERO~希望の歌~」。続くのは轟き唸るベースとギターのアグレッシヴさが際立つラウドロックナンバー「ブラックマーケット」。思わず拳をあげてしまうような鼓動逸るビートが鮮烈! ガラリと雰囲気を変え、どこまでも広がっていくような伸びやかな音で紡ぐ「君自身BAND」は軽快で爽快ながらほのかに切なさ滲むダンサブルな1曲。

アニメ縛りのライブで青一色に染まるフロアが記憶に鮮やかな「ブレイブルー」は、アニメ「エウレカセブンAO」のオープニング。空を駆けるような美麗な音が疾走する珠玉チューンである。切なさがありながらも激しくエモーショナルなロックナンバーの「Red Hot Riot」は唸るギターと駆けるエレクトロ、そして激情のラップが胸に刺さる。クラップと共に頭を振って楽しんでしまうパーティロック「TOY MACHINE」はファニーでありながらもグルーヴ感たっぷりな1曲だ。ギラギラと発色するエレクトロサウンドと生音の圧倒的なパワーとのミクスチャーで紡がれたFLOWの“ヲタ芸”チューンの「Won’t you stay」の駆けるサウンド感はまさに“MAX!!!”感に満ちている。FLOWのバラードの決定版!と制作当時から驚きと新鮮さと共に多くのリスナーの心に刻まれているであろうバラード「UMBRELLA」の叙情的で情感たっぷりな歌は、若さとは相反する哀愁が滲み、デビュー10年目だからこそできた表現だと感じる。10周年のタイミングで過去最速の1曲を作りたかった、と話していた「On my way」。英語詞ながらバンドの姿勢やこれまでの想いが宿る、モッシュ&ダイブ必至な1曲である。

ライブ感もあるこのアルバムながら、この位置に“打ち上げソング”!? まさに飲み会での、仲間との幸せな瞬間が宿る「乾杯アワー」は、バンドの音のみならずホーンの音が賑やかに響き、FLOW全員での歌唱に笑顔が滲む。メジャー24thシングル「ブレイブルー」のカップリングに収録されていた、真っ直ぐなメッセージソングがアルバム収録に際してパワーアップしたバージョンで収録された「休日 ~連休Ver.~」は、ステップを踏んでライブで楽しんでいる姿が自然と浮かぶアッパーチューン。ライブでのコール&レスポンスが楽曲の中に織り込まれた「Celebration」はライブ会場で完成する1曲。共に歌い、万歳し、三三七拍子をして、ライブを共に作っていると感じたい。イントロからドラマティックな世界観ある開放的な1曲。広い空間をどこまでも伸びていくようなミディアムロックは「NAME」のタイトル通りに、それぞれの大切な名前を想うメッセージソング。FLOWと「ドラゴンボールZ」のコラボレーションが極まった1曲。「ドラゴンボールZ」の代名詞とも言える森 雪之丞作詞、清岡千穂作曲で影山ヒロノブが歌う「CHA-LA HEAD-CHA-LA」をカバー。凄まじいプレッシャーだったと語っていたメンバ-だったが、FLOW節でのアレンジがパワフルに開花した。

TEXT BY えびさわなち

『FLOW THE MAX!!!』
2013年3月27日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
品番:KSCL-2217~2218
価格:¥3,353(税込)

【通常盤(CD)】
品番:KSCL-2219
価格:¥3,204(税込)

<CD>
01. HERO ~希望の歌~
02. ブラックマーケット
03. 君自身BAND
04. ブレイブルー
05. Red Hot Riot
06. TOY MACHINE
07. Won’t you stay
08. UMBRELLA
09. On my way
10. 乾杯アワー
11. 休日 ~連休~
12. Celebration
13. NAME
14. CHA-LA HEAD-CHA-LA

<DVD>
01. ブレイブルー(Music Video)
02. HERO ~希望の歌~(Music Video)
03. CHA-LA HEAD-CHA-LA (Music Video)
04. GO!!!(Live) 2012.4.14 Ki/oon20Years and days at LIQUIDROOM ebisu

次ページ:インフォメーション

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人