2021年配信Netflixオリジナルアニメシリーズ『スプリガン』ティザ―ビジュアル第二弾解禁!アニメ公式HP&Twitterもオープン!

2021年配信予定のNetflixオリジナルアニメシリーズ『スプリガン』のティザービジュアル第二弾が解禁され、あわせてアニメ公式HPとTwitterもオープンした。

「スプリガン」(原作:たかしげ宙/作画:皆川亮二)は、「週刊少年サンデー」(小学館刊)において、1989年から1996年まで連載、90年代に一斉を風靡した伝説的漫画で、コミックスの累計発行部数は1000万部を突破。1998年に劇場アニメ化され、そして連載開始から30年の時を超え、2021年にNetflixオリジナルアニメシリーズとして、david productionによりアニメ制作されることが決定した。

物語は、超古代文明の遺産を封印するために設立された“アーカム”の特殊エージェント“スプリガン”として奔走する少年・御神苗 優の活躍を描く冒険活劇。

監督は『ひそねとまそたん』『キズナイーバー』の小林 寛、シリーズ構成・脚本を『呪術廻戦』『BANANA FISH』の瀬古浩司、キャラクターデザイン・総作画監督を『リトルウィッチアカデミア』の半田修平が務め、2D作画と3DCGを駆使した、アクションと古代ロマンに満ち溢れた映像で新生される。

この度解禁されたティザービジュアル第二弾には、“スプリガン”として奔走する少年・御神苗 優(CV:小林千晃)の姿が大きく描かれている。キャッチコピーは「超文明の秘密は、この者達に託された」。コミックスの世界を彷彿とさせる背景には、超古代文明の遺産の数々や、ジャン・ジャックモンド、染井芳乃、諸刃功一、暁 巌らキャラクターの姿も描かれており、ファンにとってはアニメ化への期待と想像が止まらないビジュアルとなっている。

そして追加スタッフも解禁。副監督を三宅将平、プロダクションデザインをJNTHED、CGディレクターを石井規仁、色彩設計を三笠 修、美術監督を金子雄司、撮影監督を元木洋介がそれぞれ担当する。

次ページ(作品情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人