サンライズミュージック・リスアニ!・Spotify合同企画 「Spotifyガンダムシリーズプレイリスト・テイクオーバー」第1回 澤野弘之

1979年に放送がスタートしたTVアニメ『機動戦士ガンダム』から40年以上にわたりファンを楽しませている『機動戦士ガンダムシリーズ』。その『機動戦士ガンダムシリーズ』の楽曲が、サンライズミュージックより順次サブスク解禁され、現在ほぼ全シリーズの主題歌・挿入歌・劇伴・キャラクターソングが各音楽サービスで配信されている。

動く実物大ガンダム『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』や、6月11日公開の新作映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』などが盛り上がりを見せる中で、ガンダムソングもより多くの方に楽しんでいただこうということで、サンライズミュージックが、Spotify、リスアニ!WEBとタッグを組み、『ガンダム』好き著名人におすすめプレイリストを作成してもらう連載企画が実現した。

記念すべき第1回は、『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムNT』に続き、ついに公開がスタートした『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』でも劇伴音楽を担当している澤野弘之さんのプレイリストを紹介する。

<プレイリストタイトル>
『閃光のハサウェイ』音楽に至るまでの『ガンダムUC』と『ガンダムNT』

「UNICORN」澤野弘之
澤野弘之コメント(以下同):この楽曲が僕にとってのガンダム作品のスタートとなりました。

②「ON YOUR MARK」澤野弘之
「いつか『ガンダム』のような作品に携われたら」という思いでアマチュア時代に制作した楽曲です。

③「MAD-NUG」澤野弘之
『ガンダムUC』追加楽曲として制作したのですが、古橋監督に気に入って頂けた事が思い出に残っています。

④「MOBILE ARMOR」澤野弘之
こちらも『ガンダムUC』追加楽曲で制作したのですが、シーンと音楽が上手くハマった事が嬉しかったです。

⑤「MOBILE SUIT <W-REG MIX>」澤野弘之
『ガンダムUC』episode1の冒頭戦闘シーンに使われた事で、凄くテンションが上がり思い入れ深いです。

⑥「[SYMPHONIC SUITE “UC2012”] 1ST MOV. :BANSHEE」澤野弘之
現在の自分のサウンドに繋がるアプローチが出来た楽曲で、こちらも作品の重要なシーンで使われた曲で気に入っています。

⑦「[SYMPHONIC SUITE “UC2012”] 5TH MOV. :GUNDAM」澤野弘之
『ガンダム』作品に携われた以上、楽曲のタイトルに「GUNDAM」を付けたかった思いがあります。

⑧「[SYMPHONIC-MOBILE SUITE “UC”] 3rdMob. :RE:I AM MARIE」澤野弘之
『ガンダムUC』episode7で個人的に一番感情移入したシーンで使われた曲です。

⑨「Vigilante」澤野弘之
新たに携われた『ガンダムNT』のメインテーマであり、この作品だからこそEDMを強く押し出したアプローチが出来た曲です。

⑩「SymphonicsuiteNT No.1」澤野弘之
こちらも『ガンダムNT』の楽曲で、『UC』のメインテーマとは違いエレクトロニカサウンドとオーケストラを融合した楽曲です。

⑪「Into the Sky」SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle
『ガンダムUC』のTVアニメ放送のために制作した主題歌で、[nZk]プロジェクトとして制作できた事がすごく嬉しかった楽曲です。

⑫「StarRingChild」Aimer
コメント:この楽曲と「RE:I AM」の制作がなければ、今の自分の音楽活動に繋がらなかったかもしれない大事な曲であり、そんな切っ掛けを与えてくれた『ガンダムUC』に感謝しています。

⑬「BEYOUND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)」TM NETWORK
コメント:この曲がガンダム作品を見る切っ掛けになり、その後、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の作品に携われた事に不思議な縁を勝手に感じてしまいました。

<澤野弘之 コメント>

・プレイリストの選曲にあたって
公開される『閃光のハサウェイ』、そこに携わるまでに重要な経験となった『ガンダムUC』『ガンダムNT』を振り返った選曲にしてみました。

・『ガンダム』シリーズへの思い出や想いをお聞かせください。
一言では言いつくせませんが、憧れであったガンダム作品、そんな作品に携われた結果たくさんの機会を頂く事ができ、今の僕の音楽人生に大きな影響を与えてもらえた作品です。そして、また新たなガンダム作品に携われている今を幸せに感じています。

「Spotify公式ガンダムプレイリスト」はこちら

リスアニ!編集部によるプレイリスト解説

地球連邦軍と新生ネオ・ジオンによる第二次ネオ・ジオン抗争の終結から3年後の、宇宙世紀0096年から物語が幕を開ける『機動戦士ガンダムUC』。2007年から2009年まで「ガンダムエース」誌上で連載されていた同作が満を持してアニメ化された際に、その音楽制作を担当した澤野弘之。「いつかガンダム作品に携われたら」と思っていたという彼の、『ガンダム』最初の1曲「UNICORN」は、物語の背景である人間の営みや欲、そして死といったテーマそのもののように響く交響曲。そんな、“『ガンダム』は大河ドラマである”と告げるような1曲で幕を開けるプレイリストでは、壮大で躍動感のあるドラマティックな楽曲が並ぶ。『機動戦士ガンダムUC』に続く物語『機動戦士ガンダムNT』の音楽も手がけた澤野。『UC』で描かれたストーリーとは違う場所で、自身の人生を歩んでいたヨナ、ミシェル、リタが挑む運命の物語の幕開けは、アグレッシヴなEDMサウンドと絡み合う男女ボーカルが印象的な「Vigilante」など、『UC』『NT』の楽曲を作ったからこそ見えた澤野の「宇宙世紀」の音が紡がれる。そして、これらは『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』でさらに開花していく。『機動戦士ガンダム』で前任者の死によって艦長を任されたホワイトベースを引っぱり、一年戦争を駆け抜けたブライト・ノアとミライ・ヤシマの息子・ハサウェイが青年となり、地球のため、人間のために戦う運命の時間。そんな『閃光のハサウェイ』の音楽へと繋がるプレイリストである。

TEXT BY えびさわなち


●作品情報
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』

6月11日(金)全国ロードショー 
Dolby Cinema™/ 4D同時公開
公開劇場全館にて劇場限定版Blu-ray、6月11日(金)より公開と同時発売!

配給:松竹ODS事業室

●配信情報
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ オリジナル・サウンドトラック(音楽:澤野弘之)

6月11日より配信スタート!

Spotify について

Spotifyは2008年のサービス開始以来、音楽の聴き方を進化させてきました。 Spotifyでは7,000万曲以上の音楽や260万番組以上のポッドキャストを無料でも発見・管理・共有いただけますが、有料のプレミアムプランである「Spotify Premium」にアップグレードいただくと、広告が入らず、より良い音質で、ダウンロードすればオフラインでもお楽しみいただけます。
Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービスであり、世界178の国と地域で1億5,800万人以上のSpotify Premium会員を含む 3億5,600万人以上のユーザーが利用しています。

(C)創通・サンライズ

関連リンク

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト
http://gundam-hathaway.net/

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ オリジナル・サウンドトラック』(音楽:澤野弘之)配信リンクはこちら
https://open.spotify.com/album/5bVzjURZmf52VarMPyFF43

Spotify 公式サイト
https://www.spotify.com/jp/

Spotifyニュースルーム 「For the Record」
https://spotifynewsroom.jp/

この記事を書いた人