愛美がソロアーティスト活動をリスタート!全曲の歌詞を自らが書いたニューシングル「ReSTARTING!!」リリースインタビュー

2021年4月、愛美がついにソロでのアーティスト活動を再開した。キングレコードからの第1弾シングルとなる「ReSTARTING!!」は、カップリングを含む全曲の作詞を愛美が自ら担当。リスタートにかける想いとそれを後押ししてくれたファンへの感謝の気持ち、今という時代をアクティブに生きる彼女のクリエイティビティが素晴らしいタイミングで合わさった、現在の愛美だからこそ歌える3曲になっている。彼女がアーティストとして表現していきたいこと、その活動の原動力について、話を聞いた。

アーティスト活動の再スタートを後押ししてくれた“声”

――愛美さんが個人名義でアーティスト活動を行うのは久々になりますが、再開したい気持ちは以前からあったのですか?

愛美 いつかまた歌えたらいいなとはずっと思っていました。ただ、歌に対して悩むことが結構多かったので、すぐに再開したいという感じでもなくて。歌の技術面での悩みもありましたし、ソロ活動は自分の表現したいことが大事になるので、「自分には本当にソロでやるだけの気持ちがあるのか?」とか「表現したいことはあるのか?」とか、この数年間は色んなことを考えていました。

――葛藤があったわけですね。そんななかで今回ソロ活動を再開したということは、何か前向きになれるタイミングがあったのでしょうか?

愛美 何か1つのことがきっかけで気持ちがガラッと変わったのではなく、徐々に気持ちに整理がついたと言いますか。そのなかでも1番大きかったのは、ファンの皆さんの声だと思います。ソロの愛美としての歌声をまた聴きたいと言ってくださる方が年々増えていって。特に去年、nano.RIPEさんとSILENT SIRENさんの10周年を記念した作品で、ゲストボーカルという形で愛美個人として歌わせていただいたときに、ファンの方たちがすごく喜んでくださったんです。私もそもそも歌うことは大好きなので、自分自身は歌で悩むことがあったとしても、その歌を好きだと言ってくれる人がいるのであれば、歌わない理由がないんじゃないかなと思うようになって。私も勇気を出して、一歩前に進んでみようと思いました。

――SILENT SIRENとのコラボ曲「Up To You」は、ある意味、すぅさんから愛美さんへのエールとも取れる内容でしたし、ファンや周囲の方たちの期待の声に後押しされた部分が大きかったわけですね。活動再開の準備はいつ頃から進めていたのですか?

愛美 去年の夏頃にお話をいただいたので、割と急ピッチでした(笑)。

――キングレコードと言えば、小倉 唯さんや上坂すみれさんなど、愛美さんとは昔から縁のある声優さんが所属していますね。

愛美 仲良しな友だちがたくさんいます(笑)。水瀬いのりちゃんとも現場で会ったときはよくお話しますし。なので個人的に連絡先を知っている小倉 唯ちゃん、上坂すみれちゃん、水瀬いのりちゃんには、事前にキングレコードでアーティスト活動をやらせていただくことを報告しました。みんな「よろしくね!」って返してくれて嬉しかったです

――アーティスト活動を再開するにあたって、ご自身としてはどんな表現をしていきたいと思いましたか?

愛美 歌に関してはもちろん、自分の中にあるものをすべて出していきたいと思っています。特に作詞に関しては、声優としてこの10年間、色んなキャラクターソングを歌わせていただいたり、お芝居で色んな言葉に触れていくうちに、言葉での表現にすごく興味が湧いて。現場でキャラクターと向き合って、監督さんやスタッフさんと言葉のニュアンスについてディスカッションする過程がすごく楽しいんですね。去年にショートフィルム(「かんぺきなおんな」)を監督したときは、脚本も自分で担当しました。そうやって言葉を生み出している瞬間の自分はすごく活き活きしているし、今なら言葉を通じて自分らしさを表現できると思うので、今回は全曲を作詞させていただきました。

――そういえば「かんぺきなおんな」の主題歌「いやよいやよもすきのうち」も、愛美さんが自分で作詞していましたね。

愛美 そうなんです。『らんま1/2』の主題歌とか相対性理論さんみたいな曲を一度歌ってみたいなあと思っていて、あの映画では何でも自分のやりたいことができたので、これを機に、やりたいことを試してみました(笑)。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人