TVアニメ『魔女の旅々』EDテーマ「灰色のサーガ」をリリース!ChouChoインタビュー

現在好評放送中のTVアニメ『魔女の旅々』のEDテーマ「灰色のサーガ」がリリースされる。ChouCho自身が手掛けた、作品の世界観に寄り添った歌詞と楽曲の世界観は、いろいろな街を旅する主人公イレイナの一つひとつの物語の最後を締めくくるのにぴったりだ。今回のシングルについて、語ってもらった。

――この1年は、アーティストにとっても大変な1年になりましたね。

ChouCho ライブが全然できなくなってしまったことが、自分にとって大きな出来事でした。アコースティックライブも定期的にやっていて、ライフワークのようになっていたので、リスナーさんと近い距離で触れ合えていたものが急になくなってしまった感じでした。自分にとってライブは、すごく大事なものだったんだなって、あらためて実感しました。

――でも最近はライブも徐々にスタートし、少し明るい兆しも見えてきた感じがしますね。その間、楽曲制作面ではいかがでしたか?

ChouCho 今回の表題曲は、コロナ以前に録っていたんですけど、カップリングは自粛期間中に作っていたりするし、まだ発表されていない楽曲も制作していたので、作詞作曲は続けていました。時間はたくさんあったので、集中することはできましたね(笑)。

――今回のシングル「灰色のサーガ」は、TVアニメ『魔女の旅々』のEDテーマになっています。アニメは始まっていますが、とても面白そうな作品ですね。

ChouCho そうですね!絵もきれいで、キャラクターもすごく魅力的。台本を読んだ時点で面白い作品だと思っていましたけど、映像になると、さらに何倍も期待が膨らんでいくし、見ていてワクワクしました。

――作詞・作曲をされていますが、物語に触れて、どんな感想を持ちましたか?

ChouCho 背景(美術)やキャラクターの絵もいただいていたので、本当に美しい世界観だなというのが、まずは情報として入ってきて、そこから台本を読ませていただいたんですけど、きれいで可愛いだけではなく、シリアスなこともたくさん盛り込まれているというギャップもあって、驚いたとともに魅力的な作品だと思ったんです。

――楽曲はどのようなイメージで作りましたか?

ChouCho 今回はEDテーマなのでストーリーからの流れでかかるということで、明るい話や暗い話、その両方に合う楽曲を、ということを意識しました。あとは主人公が魔女なので、不思議な楽曲にできたらいいなというお話もあったので、そこから変拍子を入れた楽曲にしようと、最初に考えつきました。

――世界観がとてもファンタジーですから、変拍子もアレンジもすごく合っていますよね。

ChouCho 異国情緒溢れる曲にしたいと思ったので、シタールだったりマンドリンだったり、いろいろな楽器を使いました。アレンジの村山☆潤さんが、最初からそういう楽器を持ってくるようにお願いしていて、ギタリストの佐々木”コジロー”貴之さんに現場で重ねてもらった感じなんですけど、ばっちり世界観にハマったと思います。

――歌詞は、主人公のイレイナ目線なのでしょうか。

ChouCho そうですね。イレイナの気持ちに寄り添いつつ書かせていただきました。Aメロなどは先のストーリーを予見させるような感じになっているんですけど、イレイナはいろいろなところを旅して、いろいろな人に出会って成長していくので、そこで自分を見失わないようにとか、どんどん強くなっていくイレイナのストーリーを歌詞にも入れていきたいなと思いました。そこに自分自身のこれまでの成長過程を重ねながらという形になりますけど。

――たしかに、作品に寄り添いつつも、現実にも置き換えられるような歌詞なんですよね。“優しさの裏に 隠された甘い毒に 惑わされないよう”などは、上京した人に聴いてもらいたいと思ってしまいました(笑)。

ChouCho そうですね(笑)。背中を押せるような楽曲になると嬉しいです。結構普遍的なことを書いているので、いろいろな方に当てはまる歌詞なんじゃないかなと思います。

――“私だけの物語”というのも素敵ですよね。これは作品にもあるところですが。

ChouCho イレイナが自分で物語を綴っていく。もともとイレイナも、『ニケの冒険譚』に出会って魔女になることを決意したので、そこから自分の物語を描いていく。作品に寄せて選んだワードではありますけど、これもいろいろな人が自分に重ねられる言葉なのかなと思います。

――誰もが、自分の人生では主役ですからね。それと、『魔女の旅々』の原作の白石定規さんが自身のTwitterでこの曲のことを絶賛していましたね。

ChouCho そうなんです!世界観にぴったりの曲で感動したとおっしゃってくれて、それがすっごく嬉しかったです!

――原作者にそう言ってもらえるのは嬉しいですよね。そしてこの曲はMVも素敵な仕上がりでした。

ChouCho 初めてアニメーションMVに挑戦しました。以前からやりたいと思っていて、今回の楽曲は実写よりアニメーションが合うと思ったので、スタッフさんにアニメーターさんを探していただくところから始めました。チームで相談した結果、アニメーターの村松怜那さんにお願いすることになり、絵本みたいな世界観で本当に素敵なMVになったんです。

――なにか要望を出したりしたのですか?

ChouCho あまり出さずに、楽曲からイメージした感じで作っていただいたんです。私も見たときに感動したので、たくさんの方に観ていただきたいですね。初めての試みでしたけど、すごく嬉しかったです。

――カップリングの「hide and seek」は、これまでにないような曲調で、歌詞もエモい曲でした。

ChouCho カップリングに関しては、基本自由なので、これまでに歌ったことがないテイストの曲を作りたいなと思って作り始めるんです。とは言えいろいろ歌ってきているので、歌ったことがない感じってどういう曲だろうと探すところから始め、R&B調で言葉数が多い曲って歌ったことがないなと思ったんです。歌詞に関しては、自粛期間中で、人との距離が遠くなってしまったことに対する思い、リスナーさんに向けた気持ちにできたらいいのかなと思いました。バラードで直球の歌詞を書いてしまうと、こってりしてしまうんですけど、こういう曲調であれば、直接的な言葉で書いてもいいのかなと思って、わりとストレートな言葉も入っていますね。ただ、ライブへの思いに限定するのはイヤだったので、恋愛の曲とも受け取れるようにするなど、言葉選びには気をつけました。

――それでも、グッと来る言葉が並んでいましたね。“自分のためには歌えない”という歌詞がありますけど、これはどんな思いを込めて書いたものなのですか?

ChouCho プロになる前はただ歌っているだけで楽しかったんですけど、今は聴いてくれる人がいて初めて、自分の歌が意味のあるものになるんじゃないかなって思うんです。歌ってメッセージだと思うし、自分で曲を作るようになってから特にですけど、伝えたい思いがあっての歌なんですよね。だから自然とこういう歌詞が出てきました。

――あとは“ぐにゃりと歪んだ”などの表現も面白いですね。曲調から導き出されたんでしょうか。

ChouCho 伝えたい思いはたくさん詰まっていますけど、今回は本当にメロディの作りが違っていて、リズムにハメることがすごく重要な曲だと感じました。だから実は作詞にすごく時間がかかってしまって。言いたいことはあるのに音にハマってないと意味がないし全然良くもないので、その言葉探しは苦戦しました。だからメロディや曲調から導き出された言葉もすごく多いです。

――R&Bだと、音とのハマりは大事でしょうね。素朴な疑問なのですが、あまり歌ったことがないジャンルでも、作詞・作曲はできるものなんですか?

ChouCho たしかに(笑)。でも、今回はリズムから曲を作ったんです。普段はメロディを鼻歌で考えて、そこにリズムを付けていく感じなんですけど、この曲はリズムのパターンを決めてからメロディを作っていったので。

――作曲の幅も広がるような感じだったんですね。

ChouCho カップリングならではの挑戦ができたと思います。ボーカルもリズムの捉え方が普通のポップスと違っていたので、まずリズムを体に刻み込むところから始めて、グルーヴをうまく出して歌うにはどうすればいいのかというのを研究したので、今回は本当に家で練習しました(笑)。

――今後に向けては、どんなことをしていきたいですか?

ChouCho 来年は10周年になるので、それに向けていろいろなことができたらいいなと思っています。もっともっと曲を作りたいし、アコースティックライブはもちろん、バンドでのライブもまたやりたいです。特にバンドは、あまりやる機会がなかったので、ぜひやりたいですね!

INTERVIEW & TEXT 塚越淳一


●リリース情報
TVアニメ『魔女の旅々』EDテーマ
「灰色のサーガ」
10月28日発売

品 番:LACM-24046
価 格:¥1,200+税

<CD>
1.灰色のサーガ
2.hide and seek
3.灰色のサーガ (off vocal)
4.hide and seek (off vocal)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人