GARNiDELiA待望のニューアルバム、収録曲&CDジャケット写真公開!

アジア圏で絶大な人気を博す、GARNiDELiA。2020年に10周年を迎え、約2年振りの“起死回生”となる待望のフルアルバムリリースが決定した。

収録曲の全曲が新曲、2020年11月25日、GARNiDELiAの第2章が遂に始まる。

このたび、アルバム『起死回生』に収録される全11曲とCDジャケットが発表された。

リード曲「起死回生」は、日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」11月EDテーマとなっている。


●リリース情報
『起死回生』
11月25日発売

【初回限定盤A(CD+DVD)】

品番:UICZ-9166
価格:¥3,500+税

<DVD>
Music Video(「起死回生」「star trail」)

【初回限定盤B(CD+DVD)】

品番:UICZ-9176
価格:¥3,500

<DVD>
Music Videoメイキング映像

【通常盤(CD)】

品番:UICZ-4478
価格:¥3,000+税

<CD>
1.起死回生
2.IDENtity
3.Light your heart up
4.Beyond the sky
5.怪物の夢
6.Secret Party
7.宵闇胡蝶
8.Never ever
9.star trail
10.タカラモノ
11.LoveLifeLogic

※初回限定盤A、B:スリーブケース仕様
※全形態共通:トレーディングカード5種のうちランダム1種を封入
※CD収録内容は全形態共通(「起死回生」「star trail」「Secret Party」他、計11曲収録)

先行配信中
「star trail」
配信リンクはこちら

「Secret Party」
配信リンクはこちら

CD先着購入者特典
オリジナル・ブロマイド
※絵柄は全て異なります。改めて後日発表致します。
・アニメイト
・ゲーマーズ
・ソフマップ・アニメガ(一部店舗除く)
・タワーレコード全店
・TSUTAYA RECORDS
・とらのあな
・楽天ブックス
・WonderGOO/新星堂全店(一部店舖除く)
・応援店(店名は後日発表)

メガジャケ
Amazon(※各形態別)

B2告知ポスター
UNIVERSAL MUSIC STORE

<GARNiDELiA Profile>
女性ボーカリスト・メイリアとコンポーザーtokuの二人組ユニット。
ユニット名のGARNiDELiAは「Le Palais Garnier de Maria(『メイリアの歌う場所』の意)」と、tokuの生まれた年に発見された同名の小惑星「コーデリア (Cordelia)」からのアナグラム(単語の文字を入れ替えて全く別の意味にさせる言葉遊び)で名付けられた。
様々なファッションブランドのモデルも務め、同世代の女性から支持を集めるメイリアはアートワークや歌詞・衣装を担当。サウンドプロデュースを担当しているtokuは、数々のアーティストに楽曲提供・プロデュースをおこなっている。

2014年3月にアニメ「キルラキル」のオープニングテーマ「ambiguous」でメジャーデビューを果たし、iTunes Music Storeをはじめ、各音楽配信サイトの総合ランキングで軒並み首位を獲得。デビュー以来10枚のシングル、3作の配信シングル、5枚のアルバムをリリース。
2016年に発表したダンスチューン「極楽浄土」は、国内外を問わずソーシャルミュージックシーンにてトータル1億再生超えの大ヒットとなる。これをきっかけにアジア圏での絶大な人気を博し、微博でのメイリア のフォロワーは現在280万人を超え,アジアを中心に世界中のイベントに多数出演している。ダンスベストアルバム「響喜乱舞」をひっさげた2019年のワンマンライブツアーでは、上海、深圳、重慶、台湾、香港、シンガポールでの海外公演を含む全13ケ所を成功させた。
2019年10月25日には初となるオーガナイズイベント「HALLOWEEN MiRACLE WANDER PARTY 2019」をチームスマイル/豊洲PITにて開催。
2019年12月4日にはベストアルバム「GARNiDELiA BEST」をリリース。
2020年1月25日に開催した昭和女子大学人見記念講堂での初日公演を皮切りに全国ツアーGARNiDELiA 10th ANNIVERSARY stella cage tour 2020『star trail』を発表。
2020年6月28日にはGARNiDELiA初の無観客ストリーミングライブ<Streaming+>GARNiDELiA Special Streaming Live『Connect Hearts』を開催。

tokuの音楽性と、メイリアの歌い上げるバラードからダンスまで披露する圧倒的なパフォーマンス力が話題となっている。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人