halcaの新しい魅力が全開! “LAWSON presents halca 5th LIVE Help Me!!!!! we/st & live playground #001”レポート

2020.10.15

2020年10月3日、アーティスト・halcaのワンマンライブ“LAWSON presents halca 5th LIVE Help Me!!!!! we/st & live playground #001”が、東京・TSUTAYA O-WESTにて行われた。久々のライブとなった今回は、第一部「Help Me!!!!! ‒ we -」、第二部「Help Me!!!!! – st -」、第三部「live playground #001」と題して3部制で開催。3部ともまったく異なるセットリストでのライブとなったが、特に第三部ではhalcaがYouTubeで展開している“playground”のライブ版としてアコースティック編成での生演奏で行われた。“playground”ならではのカバー曲も披露され、halcaの新しい魅力を引き出したライブとなった。

生配信で全世界に笑顔をお届け!

2020年はTVアニメ『彼女、お借りします』のEDテーマ「告白バンジージャンプ」など話題作の楽曲で、さらに飛躍を遂げたhalca。昨年は積極的にライブ活動を行っており、4回もの単独ライブを開催したが、今年はコロナ禍の影響でなかなか実現できず、10月になって待望のライブを開催する運びとなった。ただ、観客数を制限して感染対策に万全を期した上での開催で、観客はスタンディング・声援禁止。手拍子とサイリウムで盛り上げるというスタイルでのライブである。チケットがソールドアウトになったため、WEBでの生配信も行われた。

「皆さん、halcaです! 久しぶり!」と元気よくステージに姿を見せた彼女。普段だったら大歓声が起こるところだが、今回は精一杯の拍手で出迎えられた。1曲目はアニメ音楽情報番組「LisAni!NAVI」OPテーマとしてリスアニ!的にも馴染みが深い「サカナイトデイズ」。久々のライブでもhalcaの笑顔はいつも通りで、キュートな振り付けは見ているだけで元気が出てくる。

第一部では全身赤を基調にした衣装で登場。「足までcheckしてなんていう歌詞もあるんですけど(2曲目「Complexの事情」)」と言いながら衣装を足元まで観客にアピールする。そんなほっこりしたシーンもありながら、3曲目「be your XXX」では一転して激しい感情を歌い上げてみせた。

デビュー曲「キミの隣」ではすっかりお馴染みになった振りに合わせ、観客もサイリウムを左右に振って気持ちを伝える。曲が終わるとホッとしたように、「なんだ、全然大丈夫じゃん私たち!」と言ってはしゃぐ姿が印象的だった。

また、TVアニメ『邪神ちゃんドロップキック‘』OPテーマ「時としてバイオレンス」を歌うと、『邪神ちゃん』で初めてオンラインイベントを体験し、自分のライブでも会場に来れないファンのためにライブ配信を行うことを思いついたのだという裏話を明かしてくれた。

最新シングルの「告白バンジージャンプ」や、「この日のためにとっておこうかなと思っていた」という曲「Majolica Palette」などを披露して後半もノリノリだったhalca。「今回のこういうのって、マイナスなことばかりじゃなくて、これから先にももっともっと広がっていけるいいチャンスなんじゃないかなと思います」と言って、この状況下に配信で多くの人にライブを届けることができたことを前向きにとらえていた。アンコールは「HORiZON」で楽しそうにはしゃぎ回り、まず第一部を締め括ったのだった。

楽しいときも悲しいときもキミの隣に

第二部のタイトルは“Help Me!!!!! – st -”。第一部の“- we -”と合わせて会場のTSUTAYA O-WESTになぞらえてつけられたタイトルだ。秋っぽいチェックの衣装に身をまとったhalcaが登場すると、「サワリタイミライ」でライブはスタート。序盤は「A・WA・WA・WA」「Distortionary」といった激しい曲が続く展開となった。だが、曲が終わると「いや~、かっこいい曲だったね~」といつもの笑顔でゆったりトークになるのがとても彼女らしい。

TVアニメ『彼女、お借りします』第7話の特別EDテーマとなった「FIRST DROP」を披露すると、「私、誕生日が7月7日だから7っていう数字が大好きで、自分が好きな数字の第7話の特別なEDテーマを担当させていただけてとても嬉しいなと思っていました」とこの曲への思い入れを語った。

後半ではTVアニメ『ぼくたちは勉強ができない!』EDテーマの「放課後のリバティ」も披露。弾けるような軽快なリズムに乗るhalcaの歌声が心地良く、心の底からハッピーになれる曲だ。「皆さんにも歌を聴いて、楽しいな、ハッピーだなって思ってほしいし、悲しいことがあったら寄り添えるような歌が歌えるようになりたいなって思ってます!」とはにかみながらファンに語りかけた。

最後は「HORiZON」で終わり……と思いきや、「まだ1曲あります!」と「スターティングブルー」を披露。さらにアンコールでは「Knockin’ on!!」で大いに盛り上がった。「告白バンジージャンプ」、「センチメンタルクライシス」など1、2部共通曲はあったものの、ほとんどの曲がまったく異なるセットリストに。2部合わせて彼女のいつものスタイルの“Help me”ライブが堪能できたのだった。

デビュー曲からあの名曲のカバーまで披露!

第三部は“playground”のライブ版、“live playground”というタイトルで行われた。“playground”は「お家からも皆さんに発信できないかなと考えたときに、やっぱり歌をアップしたいなと思って、自分の歌とか普段聴いている曲とか、観ているアニメのOP/EDとかをアコースティックなアレンジで歌ったら、いつもと違う雰囲気になるんじゃないかなと思って始めたことです」とのこと。TrySailの「センパイ。」などのカバー曲も聴けるので要チェックだ! ★視聴はこちら

ギターとキーボードによる生演奏で、座っての歌唱という初めての挑戦。1曲目は「時としてバイオレンス」で、アコースティックアレンジなのでしっとりした感じなのかと思ったら、間奏でエアギター、エアピアノを披露するというパフォーマンスを見せた。歌っている姿がとにかく楽しそうで、1曲目から幸せな気持ちだ。

今回は“playground”と同様に、ギターを川口圭太、ピアノを荒幡亮平が担当。2人を交えてのMCでは1、2部のとき以上にテンションが上がったhalcaが、「私ももっと大人になって、おばあちゃんになっても、おじいちゃんになっても……あっ、おじいちゃんにはならないけど(笑)、なんかやっていきたいと思ってます」と言うと、「その“なんか”が知りたい(笑)」「halcaちゃん、1回落ち着こう」とメンバーからツッコまれる場面も。第三部はこんな和やかな雰囲気で進行していった。

今回の注目はやはりカバー曲。まずはhalcaが第1期のEDテーマを担当していたTVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』より、鈴木雅之によるOPテーマ「DADDY! DADDY! DO! feat. 鈴木愛理」を披露した。さらに、TVアニメ『彼女、お借りします』のOPテーマ「センチメートル」を爽やかなアレンジで歌った。

スローバラードの「あの頃の僕たちを」はアコースティックアレンジで歌詞がより心に響いてきて、これも今回ならではの味わいがあった。また、「告白バンジージャンプ」はhalcaの可愛さが全開で、間奏では激しいエアギターとエアピアノを披露。「動画を撮っていて、エアギターとエアピアノをやりすぎて歌に入れない事故がよくあります。それで何回も撮り直してます(笑)」と撮影秘話も明かしてくれた。

そして、懐かしいアニソンの「そばかす」(TVアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』OPテーマ/1995年)のカバーも披露。これはhalcaの声質にぴったりで、カバーを望んでいたファンも多かったことだろう。腕をぶんぶん振って最後にパッと満面の笑みで締めるというノリの良さで、本当に楽しんで歌っているのが伝わってくるようだった。

最後の曲はデビュー曲であり、“playground”で初めてアップした曲でもある「キミの隣」。「これからも直接お会いするライブももちろんやりたいですし、配信ライブでも挑戦していきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします!」と抱負を語り、「皆さん気を付けて帰ってくださいね! 私が一番気をつけなきゃいけないけど(笑)」と最後まで笑顔でステージをあとにした。

初めてのアコースティックアレンジの生演奏、ライブの生配信という挑戦を軽やかに駆け抜けたhalca。数多くの楽曲で新しい魅力を堪能できたライブだった。今回は“live playground #001”というタイトルだったので、きっと遠からず“#002”があるはず。halcaは次も新しい“なんか”を見せてくれることだろう。

TEXT BY 金子光晴

<セットリスト>
■第一部
01. サカナイトデイズ
02. Complexの事情
03. be your XXX
04. Hail to the world!!
05. キミの隣
06. 時としてバイオレンス
07. 曖昧グラデーション
08. 告白バンジージャンプ
09. cue
10. Majolica Palette
11. センチメンタルクライシス
12. キュンとさせてあげるよ

ENCORE
EN1. HORiZON

■第二部
01. サワリタイミライ
02. 君だけ
03. A・WA・WA・WA
04. Distortionary
05. ハローセカイ
06. FIRST DROP
07. 告白バンジージャンプ
08. Fuzzy Rain
09. 放課後のリバティ
10. センチメンタルクライシス
11. HORiZON
12. スターティングブルー

ENCORE
EN1. Knockin’ on!!

■第三部
01. 時としてバイオレンス
02. Complexの事情
03. 君だけ
04. DADDY! DADDY! DO!
05. センチメートル
06. あの頃の僕たちを
07. 告白バンジージャンプ
08. FIRST DROP
09. Fuzzy Rain
10. そばかす
11. センチメンタルクライシス

ENCORE
EN1. キュンとさせてあげるよ
EN2. キミの隣

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人