May’n 15周年記念企画ミニアルバム3種の全曲ダイジェスト試聴動画、豪華作家陣ラインナップも一挙解禁!

2020.10.01

今年デビュー15周年をむかえる歌手May’nが、デビュー15周年を記念し、11月11日に配信リリースする3枚の企画ミニアルバム『15Colors -soul tracks-』、『15Colors -unplugged-』、『15Colors -nu skool-』。その全曲ダイジェスト試聴動画が、May’nオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。

本作は、Spotifyでの再生数800万超えの新進気鋭プロデューサーJengi、SIRUPや向井太一、韓国のOOHYOの楽曲をプロデュースするなど今注目を集めている女性プロデューサー/DJ:Chocoholic、ミュージカル「生きる」の作曲・編曲もてがけるグラミー賞受賞の作曲家ジェイソン・ハウランド、そして羽生まゐご、はるまきごはん、Yamato Kasai from Miliを始めボカロ界を代表する超豪華作家陣のラインナップを一挙に解禁した。配信アルバムは10月21日よりプレオーダー開始となっており、予約者はいち早く各配信アルバムより1曲聴くことが出来る。

そして、本日オフィシャルサイト及びオフィシャルファンクラブも大幅リニューアル、そしてMay’nオフィシャルLINEも開設した。オフィシャルサイトでは3枚の配信ミニアルバムを彩った豪華作家陣からのメッセージも寄せられている。

ファンクラブではファンクラブ限定15周年記念写真集「15Colors」の予約が本日より開始。15周年記念企画ミニアルバム3枚を同梱した豪華仕様になっており、ファンクラブに入会して10/1~10/20の期間に予約をした人を対象に、May’nの手書きメッセージが印字されたMay’n 15th Anniversaryロゴステッカーが予約特典として付いてくる。

続々と全貌が公開されつつある3枚の周年記念企画ミニアルバム、11月11日の配信リリースまで目が離せない。


●リリース情報
11月11日配信リリース

『15Colors -soul tracks-』

May’nの音楽的ルーツ、ダンスミュージックを再びヒットアップ。
日本のダンスミュージック界を牽引するプロデューサー陣に加え、Spotifyで再生数が800万超えの新進気鋭のプロデューサー・Jengiも参加!

<収録曲>
M1. I’m alright
Music:Chocoholic, Kiyoshi Ikegami Lyrics:Kiyoshi Ikegami Sound Produced:Chocoholic, Kiyoshi Ikegami

M2. Living My Life
Music:VivaOla Lyrics:Mika Arisaka Sound Produced:VivaOla

M3. CAN NOT STOP
Music:Mori Zentaro Lyrics:May’n Sound Produced:Mori Zentaro

M4. melodies
Music:TiMT from PEARL CENTER Lyrics:May’n Sound Produced:TiMT from PEARL CENTER

M5. Hopelessly In Love
Music:Big Brother Lyrics:Mika Arisaka Sound Produced:Jengi

soul tracks作家陣よりメッセージ

<Chocoholic>
15 周年記念ミニアルバムリリースおめでとうございます!!
周年のアルバムに参加出来て嬉しいです!
May’nさんの新しい一面が魅える楽曲だと思うので、是非とも楽しんで下さい〜!

<イケガミキヨシ>
唯一無二の歌声と圧倒的な表現力、そして奥底から溢れ出すSoul。
それらをたずさえ、15年間ずっと走り続けてこられたことにただただ脱帽です。
10年前にスタジオで初めてお会いして以来、何度か曲を書かせて頂きましたが、この節目の年にまたご一緒できることを非常に光栄に思います。
15周年おめでとうございます!

<Mori Zentaro>
May’nさんの歌声を初めて聴いた時に感じたしなやかさや艶やかな魅力を、いかに自分なりに引き立てるかということを一番念頭に置いて制作させて頂きました。
そこで、Soul的なコード感と煌びやかなシンセの音色、ファンキーで躍動感のあるビートというイメージが浮かび、そこから発展させて行きました。
気持ちの良い楽曲になったかと思いますので、是非聴いてみてください!
そして、改めて15周年おめでとうございます!

<VivaOla>
VivaOla色を全面に出したR&BとJ-POPの擦り合わせが上手くいったこの曲を、普段歌わないジャンルにも関わらずMay’nさんもスムーズに歌い上げてくださってとても楽しかったです!改めて15周年、おめでとうございます!!!

<TiMT from PEARL CENTER>
これまでのmay’nさんのリスナーの方々をハッとさせられるような楽曲が作れたらと思って制作しました。
may’nさんの新しい一面を引き出せたかなと思います。
15周年の節目をリリースという形で一緒にお祝いできて嬉しく思います。
改めて、おめでとうございます!

<Jengi>
I am very excited to do collaborations with Japanese artists like May’n. Being a big fan of Japan and Japanese culture, it was a nice challenge to blend my sound with May’n Japanese style of pop. I hope to do more of this type of collaborations in the future and thank you to May’n and her team for including me in her project.

『15Colors -unplugged-』

より一層”声”にクローズアップしたアンプラグドミュージック。
May’n自身もヒロイン小田切とよ、そして渡辺一枝の2役を演じている、ミュージカル「生きる」の音楽も手がけたグラミー賞受賞の作曲家ジェイソン・ハウランドが全曲プロデュース!

<収録曲>
M1. LOVE, Close to me
M2. shining ways
M3. Goodbye Dear home
M4. Sweet fluffy
M5. Sing Of Dreams

Produced and Arranged: Jason Howland
Lyrics : May’n (M1,3,4,5)、May’n / Chihiro Ozawa (M2)

unplugged作家Jason Howland氏より メッセージ
I am so happy to have been asked to write these new songs for May’n to celebrate her 15th anniversary as a recording artist! In this challenging time where we are all struggling to stay connected it was a joy to be able to create beautiful music together – although we were on opposite sides of the world, we found a way to connect and collaborate, and to bring to life five new songs to share with her fans.
May’n is a talented writer, a gifted artist and a beautiful singer – with a rich and soulful voice – and she brings these songs to life with exquisite tone and phrasing. I could not be happier with the result and I hope her fans love listening to these songs as much as I enjoyed writing them with her!

『15Colors -nu skool-』

YouTubeなどネットで話題のサウンドプロデューサー達とのコラボレーション。
個性あふれるプロデューサー陣のフィールドに飛び込み、15周年だからこそ新境地に挑んだ意欲作。

<収録曲>
M1. オート・マタ
作曲・作詞・編曲:sasakure.UK

M2. 春夢
作曲・作詞・編曲:羽生まゐご

M3. かわりゆくもの
作曲・作詞・編曲:はるまきごはん

M4. 人生進行形
作曲・作詞・編曲:MIMI

M5. Digital Flower
作曲:Yamato Kasai from Mili 作詞:有坂美香 編曲:Yamato Kasai from Mili

nu skool作家陣よりメッセージ

<sasakure.UK>
AIが知能を持った、少し先の未来を歌った楽曲です。
今の僕らが予想できないような争いが起こったとしても、根底にあるのは誰かを大切にしたいと願う”心”なのではないか、と思います。
May’nさんのエモーショナルな歌声は、きっと機械すら足を止めて聞き入ってしまうのではないでしょうか。

<はるまきごはん>
15周年おめでとうございます!中学生の頃マクロスFでMay’nさんの歌を知ってから今に至るまで当たり前のように聴いていたので、自分が書き下ろしをする世界線が存在していたことが信じられないです May’nさんの新しい一面でありながら、中学生の自分が聴いた時にも納得できるような楽曲に仕上がったと思います。
「かわりゆくもの」よろしくお願いします

<MIMI>
「人生進行形」は、未来への漠たる不安と期待を曲と詩に込めたものです。
May’nさんにとても綺麗に歌い上げていただきました。
そしてこの度ご活動15周年、本当におめでとうございます。
これからの一層のご活躍を一人のファンとして、とても楽しみにしています。

<Mili Yamato Kasai>
May’nさん、デビュー15周年おめでとうございます!
今回初めてMay’nさんの楽曲を担当させて頂きました。
レコーディングの際、まず最初に”うまっ!!”と驚いてしまいました。
当然分かっていたことなんですが、初めて生歌を聞いたときに思ってしまいました。
また、それと同時に、トーンによって声色がどんどん変化していくその声は、
どんなジャンルも歌いこなしてしまう素晴らしい声なんだと感じました。
本楽曲 ”Digital Flower” にもロートーンボイスとハイトーンボイスで歌ってもらっていますが、
どちらのトーンも本当に魅力的で、それをファンの皆さんにも感じていただけると思っています。
15年という長い年月、それ以上歌い続けているMay’nさんに対し尊敬を抱くと同時に、
今回の作品で関われたことをとても嬉しく思います。
そして、これからの更なるご活躍も心から楽しみにしています!

15周年記念写真集「15Colors」

10月21日 ファンクラブ限定発売

仕様:A4サイズ・96ページ・クリアケース付き・3枚の15周年記念企画ミニアルバム同梱
値段:¥10,500+税・送料別
予約特典: May’n 15th Anniversaryロゴステッカー(May’n手書きメッセージの印字あり)
予約期間:10月1日(木)~10月20日(火)
予約サイト:May’nオフィシャルファンクラブ「ふぁんくラ部」

●出演情報
ミュージカル「生きる」
東京公演:10月9日(金)~28日(水) ※地方公演あり
会場:日生劇場

チケット料金
S席 13,500円 A席 9,000円 B席 4,500円(全席指定・税込) ※一般発売中

【キャスト】
渡辺勘治(ダブルキャスト):市村正親、鹿賀丈史
渡辺光男:村井良大
小説家(ダブルキャスト):新納慎也、小西遼生
小田切とよ 役/渡辺一枝(ダブルキャスト):May’n、唯月ふうか
助役:山西 惇
川口竜也 佐藤 誓 重田千穂子
治田敦 林アキラ 松原剛志 上野聖太 鎌田誠樹 砂塚健斗 高木裕和 福山康平 本多釈人
飯野めぐみ あべこ 彩橋みゆ 五十嵐可絵 石井亜早実 河合篤子 中西彩加 竹内真里
高橋勝典 市川喬之

<May’nプロフィール>
「第28回ホリプロタレントスカウトキャラバン」をきっかけに2005年若干15歳でメジャーデビュー。POPS、ROCK、DANCE、R&Bと歌いこなす実力派女性歌手。多くのTVアニメ、ドラマ、映画、ゲーム主題歌を担当しトップチャート入りを果たす。また日本武道館や横浜アリーナにて5度に渡る単独公演の開催や、世界ツアーも5度開催。全世界でのライブは90本以上にのぼる。2018年ミュージカル『生きる』のヒロインに抜擢、その演技力と歌唱力を各所から好評を得た。2018、19年中国最大手SNS WEIBO主催「WEIBO Account Festival in Japan」にてROCK歌手賞、最優秀ライブパフォーマンス賞を2年連続受賞。同2019年亚洲音乐盛典2019で日本人として初受賞を果たした。今年10月からミュージカル「生きる」再演が決定、再びヒロインとして出演する。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人