May’n、JUVENILE(OOPARTZ)がMCの音楽プログラム 「Hi☆Channel 〜music session〜」スタート!

ホリプロインターナショナルのオフィシャル YouTubeチャンネルにて、新番組「Hi☆Channel 〜music session〜」が本日 14日20時よりスタート、公開される。

MCは歌手・アーティストのMay’nと、DJ/アーティスト・音楽プロデューサーのJUVENILE(OOPARTZ)がつとめ、毎回ホリプロインターナショナル所属アーティストをゲストに迎え、ゲストのターニングポイントや音楽的ルーツなどのトークに加え、スタジオ歌唱など盛り沢山の音楽番組となっている。

初回ゲストには本日14日に配信singleをリリースするOOPARTZのボーカルRYUICHIが出演、2回(8/14,9/11配信)に渡り、自身のターニングポイントや音楽のルーツについて語っており、MCのMay’n、JUVENILEがその時代の流行や年間ヒットチャートを紹介、貴重なスタジオ歌唱も披露している。

「Hi☆Channel 〜music session〜」はホリプロインターナショナルのオフィシャル YouTubeチャンネルにて毎月第2金曜日20時に更新。

<May’n コメント>

「〜Music Session〜」では、普段なかなか掘り下げられない熱い音楽話を同い年のクリエイター、JUVENILEさんと共にお届けします!音楽は時代を約10年で巡っているともいわれていますが、私も自分の青春時代に何気なく聴いてきた音楽をこの番組を通して久々に触れることができ、May’nの音楽にも刺激がもらえる番組だなと思いました!トークあり、歌唱ありでとても濃く見応えある番組になると思います!お楽しみに!

<JUVENILE コメント>

OOPARTZとしてのライブでもボーカルに任せてあまりMCをしてこなかった僕がまさかの番組MCということで、少しだけ不安もありますが楽しみの方が大きいです。一緒にMCをしてくださるMay’nさんの足だけは引っ張らないように、自分ならではの音楽トークができたらと思います!

●番組情報
ホリプロインターナショナル オフィシャル YouTubeチャンネル
「Hi☆Channel 〜music session〜」
毎月第2金曜日 20時公開
視聴はこちら

●配信情報
May’n Acoustic Concert 2020「Hang jam vol.“4.5”」
8月16日(日)17:00より生配信
Streaming+
PIA LIVE STREAM

OOPARTZ配信限定シングル
「RADIO WAVES」
8月14日(金)配信リリース

<May’n プロフィール>
「第 28 回ホリプロタレントスカウトキャラバン」をきっかけに 2005 年若干 15 歳でメジャーデビュー。POPS、ROCK、DANCE、R&B と歌いこなす実力派女性歌手。多くの TV アニメ、ドラマ、映画、ゲーム主題歌を担当しトップチャート入りを果たす。また日本武道館や横浜アリーナにて 5 度に渡る単独公演の開催や、世界ツアーも開催。全世界でのライブは 90 本以上。2018 年ミュージカル『生きる』のヒロインに抜擢、その演技力と歌唱力を各所から好評を得た。2018、19 年中国最大手 SNS WEIBO 主催「WEIBO Account Festival in Japan」にて ROCK歌手賞、最優秀ライブパフォーマンス賞を 2 年連続受賞。同 2019 年 ASIA MUSIC AWARD で日本人として初受賞を果たした。今年10月からミュージカル「生きる」再演が決定、再びヒロインとして出演する。

<JUVENILE プロフィール>
手がけてきた楽曲の YouTube 総再生数が1億回、「From Tokyo To The World」を掲げ JUVENILE World ともいうべき独自の City Music を発信し続ける DJ/アーティスト、そして音楽プロデューサー。SoundProduceとしてはダンスミュージック中心にROCK/JAZZ/POPSなどジャンルは多岐に渡っており、RADIO FISH「PERFECT HUMAN」の作編曲、韓国の大人気アーティストCNBLUE「Face to face」編曲をはじめ、May’n、福山潤、SKE48、古畑奈和、Liyuuなど多数のアーティストを手がけている他、10代に圧倒的 人気を誇る『TikTok』TVCMをはじめ、CM楽曲も多数担当。TALK BOX界 No1のプロデューサー“ FINGAZZ ”来日公演で共演を果たした事でトークボックスプレイヤーの1人としても注目されている。また自身も 2015 年より ELECTRO ユニットOOPARTZ(オーパーツ)として精力的に活動中。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人