「ARGONAVIS Special Live -Starry Line-」オフィシャルレポートが到着!

2020年7月25日に「ARGONAVIS from BanG Dream!」による無観客配信ライブ「MixChannel Presents ARGONAVIS Special Live -Starry Line-」が開催された。

本公演はTVアニメ『アルゴナビス from BanG Dream!』の最終回後を描いたもので、キャラクターによるボイスドラマと声優によるリアルライブが繋がり、まるで一本のストーリーを見ているかのように楽しむことが出来る。
無観客によるライブながら臨場感のある熱唱と、魅力的な演出盛りだくさんのライブの模様を、本稿ではレポートする。

ライブはボイスドラマからスタート。
TVアニメ本編で事故の後遺症から入院していた万浬が無事に退院し、Argonavisメンバーによる退院祝いのパーティが行われていた。蓮お手製の味のある飾りつけや、凛生による手料理に、万浬も大喜びの様子だ。早くライブやりたいよ、と待ちきれない万浬にメンバーから『Argonavisサブマリーナミニライブ』のプレゼントが。5人で行うこのライブをディスフェスで知ってくれたファンにも見てもらおうと生配信も決定し、彼らは期待を膨らませる。

ボイスドラマが終わり、ついにライブが開幕した。アニメでキャラクターが着ていた衣装でArgonavisがステージに登場し、『星がはじまる』からライブスタート。キャラクターを演じる声優本人がリアルライブを行う、このプロジェクトならではの演出だ。

七星 蓮役の伊藤昌弘はステージ中央のお立ち台で伸びやかな声を響かせ、五稜結人役の日向大輔が迫力のギタープレイを魅せる。的場航海役の前田誠二はにこにことベースを爪弾き、桔梗凛生役の森嶋秀太は華麗にキーボードを奏で、白石万浬役の橋本祥平は元気いっぱいにドラムを叩く。
4月に実施される予定だったライブも延期しており、ついにステージに立てた! という喜びが全員に溢れていた。

続いてお馴染みとなった「帆をあげろ! 航海を始めるぞ!」という伊藤の台詞から『Steady Goes!』へ。

ここで気づくのは、配信ライブということで全員がとても間近に見えるということ。ユニゾンする表情や、さらには演奏する手元まで精細に見られるというのは、なかなか得られない贅沢な体験だろう。各メンバーのイヤーモニターがメンバーカラーになっているという粋な計らいまで見ることが出来、まさにここがライブの最前列だ。

そこからはカバー楽曲が続く。
『GO!!!』では伊藤がカメラをBang!と撃ち抜き、至近距離の笑顔をこちらに向ける。さらに「この仲間たちと」とフレーズと共に演奏するメンバーに近づくと、メンバーも悪戯っぽい表情で応えた。

前田のベースソロからスタートの『メリッサ』で伊藤が圧巻のロングトーンを聞かせると、次はそれぞれのキャラクターによる自己紹介へ。

「初めての配信ライブ、みんなの気持ちはしっかり届いてるぜ!」(結人)
「素敵な時間になるように頑張るからね!」(航海)
「今日も最高のステージを届けよう」(凛生)
「近所迷惑にならない程度に、大きな声を出して沢山応援してね!」(万浬)
「配信を見てくれているお一人お一人に、僕たちの歌を届けます!」(蓮)

続くカバー楽曲『*~アスタリスク~』ではしっとりとした照明の元、ラップを堪能することが出来た。特に高音パートの蓮のラップと低音パートの森嶋のラップがハーモニーとなるのは他の楽曲にはない聴きどころで、その『イケボ』に聴き入ってしまう。

密やかなイントロから『流星雨』へ。思い悩む結人とArgonavisを繋いだ大切な楽曲だ。流星のような照明とミラーボールがきらめくなか、伊藤と日向がしっとりと声を重ね、森嶋は華麗なソロで魅せる。すぎた日を思い起こすように伊藤は目を閉じ、祈るように歌い上げた。

続く『雨上がりの坂道』では、一転してメンバーの声が明るく跳ねた。踊るようなドラムのリズムと、メンバーのコーラスが軽やかに重なる。彼らを照らす七色の照明が、雨上がりにかかる虹のようだった。

そしてボイスドラマのパートへ。
万浬の退院パーティから一週間が過ぎ、ライブカフェ『サブマリーナ』でのミニライブを迎えたArgonavisメンバー。合間に小休憩を取っていると、客席後方にGYROAXIAの那由多を見つけて、驚いた蓮は衣装を汚してしまう。焦るArgonavisに対して、那由多は強い口調で蓮に着替えてくるように言うと、自分がボーカルに立つことを言外に告げるのだった。

再びライブへ。
ステージ中央に立っているのは旭 那由多役の小笠原 仁だ。会場を険しい顔で睨みつけお立ち台に足をかけると、カバー楽曲『READY STEADY GO』を歌唱。

以前のサウンドオンリーライブ『CROSSING』では那由多のボーカルに合わせて航海と凛生、そして賢汰と深幸が演奏した楽曲だが、橋本(万浬)と日向(結人)が小笠原(那由多)と共に演奏するのは初めてとなる。ギターの見せ場では日向もお立ち台に足をかけ、目を奪うパワフルなギター演奏を魅せた。

彼らが演奏を終えると、蓮もステージに立った。
「助けてくれてありがとう」という蓮に対し、「他人にステージを奪われてヘラヘラしてんじゃねぇぞ」と那由多は厳しい。しかし本人いわく用事があったとはいえ、憧れの那由多が函館までライブを見に来てくれたことに喜ぶ蓮が「次の曲、一緒に歌いませんか? 那由多くんも歌いたいよね。いつだって、一曲でも多く!」と呼びかけると、那由多は「知ったような口を聞くじゃねぇか」と吐き捨て、2人の歌唱による『STARTING OVER』へ。
伊藤と小笠原は透明なアクリル板を間にして、対照的にステージに立っている。感染症対策のアクリル板をこんなに魅力的に使うことが出来るなんて! と驚きの演出だ。

板で隔てて二人の声が競い、ぶつかり合うように響く。伊藤は負けられない相手はすぐそこにいる、と視線を小笠原へ。小笠原はそれを一瞥、自分自身こそが敵だとばかりに天を指す。
そして小笠原が「ギター!」と日向に叫ぶと、日向も真っ向から挑むように激しくギターソロを掻き鳴らした。

「まだだ、まだ足りねぇ。そうだろう、七星」と鼓舞する那由多に「うん、もっと歌いたい!」と蓮も声をはずませ、カバー楽曲『カルマ』へ。因縁のある二人のボーカルが交互に声を繋げ、サビでは重なりあう。赤と青のレーザー照明が激しく切り替わり彼らを照らしている。

やがて二人は透明な板を隔てて、お互いへと手を伸ばした。しかし彼らの間にあるのは馴れ合いではなく、歌への想いだけなのだというように手が離れ、再びの熱唱へ。そして那由多は歌い終わると、演奏が終わらない中、もう用はないというように去っていった。
二人のボーカルの似通った部分と、まったく違う部分を実感できるステージとなった。

再びボイスドラマパートへ。
サブマリーナでの配信ライブを終えたメンバーは、集まってくれた人々に再始動を宣言。万浬の体調も問題なく回復しているようだ。
蓮は出て行ってしまった那由多を追いかけ、助けてくれたことに感謝を伝える。それに対し那由多はGYROAXIAがライブ・ロワイヤル・フェス予選の東京代表に選出されたことを告げ、「俺はライブ・ロワイヤル・フェスで優勝して、世界を掴む」と宣言するのだった。
サブマリーナに戻った蓮はArgonavisのメンバーと未来に思いを馳せ、Argonavisのたった一人のドラマーである万浬に、喜びを込めて「おかえりなさい」を伝えた。

そしてライブパートに戻り、全員で『AGAIN』に。ここでアッと驚いた人も多いだろう。カメラワークがアニメと重なる演出となっており、アニメ9話を再現するものとなっていたからだ。次々と映し出されるメンバーの顔には笑顔の花が咲く。にこやかな前田に、嬉しそうな橋本――様々な困難を乗り越えた彼らの笑顔には、感動もひとしおだ。

伊藤は「みなさんの気持ち、ちゃんと届いてます!」と会場へと呼びかけ「この5人で乗り込んだ船、ナビの皆さんと乗り込んだ船を僕は信じています」と語り『ゴールライン』へ。宙に手を伸ばした森嶋は、胸いっぱいの様子で歌いあげ、情熱を秘めた彼らしい歌声を響かせた。

メンバーはライブへの想いを語る。
「今日は僕たちのライブを見に来てくれて、ありがとございました!」(航海)
「配信でいつもとはちょっと違ったけど、楽しんでくれたか?」(結人)
「俺たちArgonavisの音楽がこうして届くことが嬉しい」(凛生)
「もう終わるなんて寂しいよ、もっとドラム叩きたい!」(万浬)
「皆さんと僕たちの心は音楽で繋がっています!」(蓮)

そしてこれが最後だと演奏されたのは、ライブのタイトルにもなっている『Starry Line』だ。キラキラとしたキーボードサウンドの中、蓮が胸に手を当て「君が受け取ってくれると信じたい」と歌い上げる。それはまさしくカメラの向こうからライブに参加する人、全員への言葉だろう。離れていてもArgonavisとファンは星座のように点と点で結ばれるのだと、メンバー全員の演奏が語っていた。

ステージから彼らが去ったあとはεpsilonΦのShort Sound Only LIVE -Play With You-や、GYROAXIA ONLINE LIVE -IGNITION-など重大な告知が立て続けに発表された。詳細は公式HP、Twitterをチェックしよう。

アンコールでArgonavisメンバーは再び壇上に。ここからはキャラクターとしてではなく、本人としてのステージだ。それぞれの担当キャラが印刷されたTシャツを身に着けリラックスしている。各告知をワイワイと振り返る様子からは、普段からの仲の良さが窺えた。

そして「おかわりナビス」と題して希望を募り、アンコール曲に選ばれたのは『STARTING OVER』だった。
ボーカルの二人が他メンバーに絡みに行くなど、一回目と比べ自然体でのびのびとしたステージだ。ボーカル二人が縦横無尽に駆け巡り、おどけて演奏するメンバーに近づくと、メンバーもおどけて返し、いつもは見られない姿が楽しめた。

「無観客ライブならではの面白さに気づく一歩になりました」(小笠原)
「(観客の皆さんが)いないけど、いるような感覚」(橋本)
「皆さんに楽しんでいただけるように試行錯誤しています」(森嶋)
「本音を言うと、皆さんがいてくれないのは寂しいです。また絶対に会いましょう」(前田)
「次は必ずお会いしましょう!」(日向)
「この期間で、キャラクターのこともメンバーのこともさらに知ることができました」(伊藤)
と、全員で寂しさを滲ませつつ、未来への意気込みを語った。

そして「僕たち5人の想いを聞いてください」と伊藤が語り、ラストの『VOICE』では5人のアカペラを重ね、しっとりと歌い上げた。ラストは銀テープが降り注ぐ様子が目に浮かぶようだ。「次回は会場でお会いしましょう!」と約束し、一同は晴れやかな表情で手を振った。
その後はライブ配信アプリ「ミクチャ」にて『楽屋裏トーク』の配信へ。
ライブを終えた一同は疲労を滲ませつつも楽しそうにライブの感想などを語る。お題ごとのトークののち、最後はライブの前日が誕生日だったという伊藤を祝い、バースデーソングが歌われた。Instagramを始めたという伊藤は、世界中の人々から応援してもらえたことがライブに臨むやる気を爆上がりさせていると語る。
また伊藤が今後の夢として「ドームに行きたい。このメンバーなら行けると思ってる」と語ると、その場のメンバーも力強く頷いた。

プロジェクト初の無観客ライブは、まるでライブにいるような、そしてただのライブでは経験することのできない全く新しい音楽体験となった。世界が大きく変わる中、エンタメを届けることを諦めないその姿に勇気をもらえた人は多いだろう。しかしその熱い演奏に、どうか次はライブ会場で、とも願わずにはいられなかった。
いつかドームへ、と夢を広げながら彼らの航海を見守ろう。

Photography By 西槇太一 Text By 鷹羽 知

ARGONAVIS Special Live -Starry Line-
2020年7月25日

<セットリスト>
01.星がはじまる/Argonavis
02.Steady Goes!/Argonavis
03.GO!!!(カバー)/Argonavis
04.メリッサ(カバー)/Argonavis
05.*~アスタリスク~(カバー)/Argonavis
06.流星雨/Argonavis
07.雨上がりの坂道(新曲)/Argonavis
08.READY STEADY GO(カバー)/旭 那由多 from GYROAXIA
09.STARTING OVER feat.旭 那由多 from GYROAXIA(新曲)/Argonavis feat.旭 那由多 from GYROAXIA
10.カルマ(カバー)/Argonavis feat.旭 那由多 from GYROAXIA
11.AGAIN(新曲)/Argonavis
12.ゴールライン/Argonavis
13.Starry Line(新曲)/Argonavis
En.1 STARTING OVER feat.旭 那由多 from GYROAXIA(新曲)/Argonavis feat.旭 那由多 from GYROAXIA
En.2 VOICE/Argonavis

出演者
Argonavis(七星 蓮:伊藤昌弘(Vo.)、五稜結人:日向大輔(Gt.)、的場航海:前田誠二(Ba.)、桔梗凛生:森嶋秀太(Key.)、白石万浬:橋本祥平(Dr.))
ゲスト:GYROAXIA(旭 那由多:小笠原 仁(Vo.))


●ライブ情報
「GYROAXIA ONLINE LIVE -IGNITION-」
9月12日(土)
出演 Vo.旭 那由多:小笠原 仁、Gt.里塚賢汰:橋本真一、Gt.美園礼音:真野拓実、Ba.曙 涼:秋谷啓斗、Dr.界川深幸:宮内告典

チケット発売中
GOODS付き視聴チケット:¥6,000
視聴チケット:¥3,500
アフタートーク視聴チケット:¥1,000

イベント詳細・チケット情報はこちら

©ARGONAVIS project. ©DeNA Co., Ltd. All rights reserved. ©bushiroad All Rights Reserved.

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人