蒼井翔太 最新シングル収録楽曲「Shake Shake! Together!」セッション動画が公開!

先日、これまでリリースしてきた楽曲79曲と・全MVをサブスクリプションサービスにて解禁し、大きな話題を呼んでいる声優・アーティストの蒼井翔太が、4月29日に発売した最新シングル収録楽曲「Shake Shake! Together!」のセッション動画を公開した。

『Shake Shake! Together! -Home Session-』と題されたこの映像には原曲の作曲・編曲を手掛け、本企画用のアレンジとBassを担当した日比野裕史をはじめ、ats-(Org)、大西克巳(Gt)、渡辺徹(Key&Pf)と数々のヒット作品を手掛ける音楽制作チームBlue Bird’s Nestから豪華メンバーが参加。蒼井のライブツアー初日を予定していた5月2日に公開された。明るくキャッチーなナンバーを前向きなメッセージを込めて奏でる映像に仕上がっており、ファンと一緒にこの楽曲を楽しみたいという蒼井の想いも強く感じさせる。ライブやテレビで見せるパフォーマンスとはまた違った、蒼井のナチュラルな歌声にも注目してほしい。また、この映像を観てライブで会場一体となって盛り上がる様子を想像して楽しむのも良いかもしれない。

現在「蒼井翔太 LIVE 2020 WONDER lab. DIMENSION」のライブグッズ通信販売を実施中。今回もツアーのテーマに沿ったコンセプチュアルな商品が多数ラインナップされているので、この機会にこちらも必ずチェックしておきたい。

詳細はこちら


●配信情報
蒼井翔太楽曲
ストリーミング配信中
Apple Music
Spotify
LINE MUSIC
AWA
KKBOX 

●リリース情報
12thシングル
「BAD END」
発売中

【初回限定盤】

品番:KICM-92047
価格:¥1,800+税
※プレイパスコード封入

【通常盤】

品番KICM-2047
定価:¥1,300+税
※初回製造分のみプレイパスコード封入

<CD>
M1. BAD END(TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』EDテーマ)
作詞:荘野ジュリ 作曲:鈴木エレカ/DJ first 編曲:DJ first

M2. Existence
作詞・作曲:蒼井翔太 編曲:ats-

M3. Shake Shake! Together!
作詞:leonn 作曲・編曲:日比野裕史

12thシングル「BAD END」オリジナル特典
<ブロマイド>
キンクリ堂
アニメイト
キャラアニ
ゲーマーズ
ステラワース
ソフマップ・アニメガ(一部店舗)
タワーレコード
とらのあな
HMV
Neowing
TSUTAYA
WonderGOO/新星堂(一部店舗除く)

<デカジャケ>
amazon(ジャケ写絵柄使用)

オープニングテーマ・エンディングテーマ 連動購入特典
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のOPテーマ、EDテーマの連動購入特典が実施決定!
詳細はこちら

●作品情報
TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』
毎週(土)25時30分よりMBS・TOKYO MX・BS11・J:COMテレビほかにて放送中

【STAFF】
原作:山口 悟(一迅社文庫アイリス/一迅社刊)
キャラクター原案:ひだかなみ
監督:井上圭介
シリーズ構成:清水 恵
キャラクターデザイン:大島美和
アニメーション制作:SILVER LINK.

【CAST】
カタリナ・クラエス:内田真礼
ジオルド・スティアート:蒼井翔太(幼少期・瀬戸麻沙美)
キース・クラエス:柿原徹也(幼少期・雨宮 天)
アラン・スティアート:鈴木達央(幼少期・田村睦心)
ニコル・アスカルト:松岡禎丞(幼少期・M・A・O)

<イントロダクション>
公爵令嬢、カタリナ・クラエスは、頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻す。ここが前世で夢中になっていた乙女ゲーム『FORTUNE LOVER』の世界であり、自分がゲームの主人公の恋路をでカタリナに用意されている結末は、ハッピーエンドで国外追放…バッドエンドで殺されてしまう…そんな破滅フラグはなんとしても回避して、幸せな未来を掴み取ってみせる!!

勘違い邪魔する悪役令嬢であることを!

ゲーム?人たらしラブコメディの幕が上がる。

●ライブ情報
「JOYSOUND presents 蒼井翔太 LIVE 2020 WONDER lab. DIMENSION+ supported by animelo mix」
2020年8月10日(月・祝)
東京・東京ガーデンシアター
17:00開場/18:00開演

チケット代金
7,700円(全席指定・税込)

©山口悟・一迅社/はめふら製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人