大人気アニメ『名探偵コナン』新年1月4日からの新OPをWANDS、新EDをSARD UNDERGROUNDが担当!

国民的人気アニメ『名探偵コナン』の新OPテーマ、新EDテーマが解禁となり、新OPをWANDS、新EDをSARD UNDERGROUNDが担当することとなった。

新年1月4日からオンエアとなる新オープニングテーマは、約20年ぶりに始動を宣言し、11月17日に復活ライブを行い大反響を呼んだ伝説のロックバンドWANDS第5期の新曲「真っ赤なLip」。

「真っ赤なLip」は、復活ライブの1曲目で披露され、“かっこいい!”“もっと聴きたい!”と、大きなインパクトを残したロックチューン。始動第一弾となる記念すべき1曲だ。

また、同じく1月4日からオンエアとなる新EDテーマは、新世代ZARDトリビュート・バンド SARD UNDERGROUNDの初のオリジナル曲「少しづつ 少しづつ」。

「少しづつ 少しづつ」は、「名探偵コナン」との過去9回のコラボをし、コナンとのゆかりも深いZARDのボーカル・坂井泉水の未発表詞により完成した珠玉のミディアムバラードとなっている。

<WANDSコメント>

WANDS 再始動にあたり「名探偵コナン」のお話をいただきメンバー一同、 どういった作品にするか非常に悩みました。名探偵コナンと、新しく始まる WANDS のイメージ を照らし合わせ数曲作成し、選ばれたのが今回の「真っ赤な Lip」です。次々と展開し進んで いく曲の進行が、コナン君が難解な事件を解決していく姿にぴったりかなと。 歌詞は、新一君や蘭ちゃんには少し大人すぎかもしれませんが。 「名探偵コナン」が始まった頃から、アニメも映画も見ているメンバーもいます ので、その辺りの詳しい話はまたの機会にお話しさせてください!
WANDS

<SARD UNDERGROUNDコメント>

「名探偵コナン」は小さい頃からよく見ていたアニメで、しかも、ZARD さんのコナンのテーマソングもよく聞いていたので、エンディングテーマをやらせて頂けるなんて、夢のような話です。「少しづつ 少しづつ」はZARDの坂井泉水さんの未公開詞によって完成した曲で、初めて歌詞・メロディーを聴いた時、言葉に出来ない感情が込み上げて、震えました。この曲が完成したことも、コナンファンの方々に聴いて頂けるのも本当にとても嬉しいです。
SARD UNDERGROUND Vo.神野友亜


●リリース情報
WANDS
「真っ赤なLip」
1月29日発売

【通常盤(CD)】
品番:GZCD-7006
価格:¥1000+税

<CD>
1. 真っ赤なLip
作詞:上原大史 作曲/編曲:大島こうすけ
2. 時の扉 〜WANDS 第5期 ver.〜
作詞:上杉昇 作曲:大島康祐 編曲:柴崎浩

【名探偵コナン盤(CD)】※「名探偵コナン」描き下ろしアニメ絵柄ジャケット
品番:GZCD-7005
価格:¥1000+税

<CD>
1. 真っ赤なLip
作詞:上原大史 作曲/編曲:大島こうすけ
2. もっと強く抱きしめたなら 〜WANDS 第5期 ver.〜
作詞:上杉昇・魚住勉 作曲:多々納好夫 編曲:柴崎浩
3. 真っ赤なLip -TV size-

SARD UNDERGROUND
「少しづつ 少しづつ」
2月10日発売

【初回限定盤(CD+DVD+Photoブックレット12P)】
品番:GZCA-7175
価格:¥1,800+税

<CD>
1. 少しづつ 少しづつ
作詞:坂井泉水 作曲:大野愛果 編曲:鶴澤夢人 / 長戸大幸
2. Good-bye My Loneliness
作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:鶴澤夢人 / 長戸大幸
3. 少しづつ 少しづつ(off vocal)
4. Good-bye My Loneliness(off vocal)

<DVD>
「少しづつ 少しづつ」Music Video+メイキング映像

【通常盤(CD)】
品番:GZCA-7177
価格:¥1,000+税

<CD>
1. 少しづつ 少しづつ
作詞:坂井泉水 作曲:大野愛果 編曲:鶴澤夢人 / 長戸大幸
2. Good-bye My Loneliness
作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎 編曲:鶴澤夢人 / 長戸大幸
3. 少しづつ 少しづつ(off vocal)
4. Good-bye My Loneliness(off vocal)

【名探偵コナン盤(CD)】※「名探偵コナン」描き下ろしアニメ絵柄ジャケット
品番:GZCA-7176
価格:¥1,000+税

<CD>
1. 少しづつ 少しづつ
作詞:坂井泉水 作曲:大野愛果 編曲:鶴澤夢人 / 長戸大幸
2. 愛は暗闇の中で
作詞:坂井泉水 作曲:栗林誠一郎 編曲:鶴澤夢人 / 長戸大幸
3. 少しづつ 少しづつ(TV size)

©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人