本日「アニソンプレミアム」にて特集も放送!“20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG”ライブレポートを公開!

DAY 2 レポート

続く2日目は、fhánaが5年前のランティス祭りでの出番と同様、「divine intervention」でスタートする。続けて「星空のインターリュード」を歌い終えたtowanaは「前回出演させてもらったときはデビュー仕立てで、右も左もわからなかった」と振り返り、「5年経っても出演させていただけるとことが光栄」と感慨深げに語る。そしてこの5年で新たに手にしたキラーチューン「青空のラプソディ」ではtowanaとkevinがリードして会場全体で軽快にダンス。雨模様の空とは正反対の透明感ある楽曲を並べ、オープニングを飾った。

そこからは声優ユニットや歴戦のアーティストがそれぞれのスタイルで祭りを盛り上げる。TVアニメ版「響け!ユーフォニアム」の制服に身を包んだ北宇治カルテットや、メンバー11人が初めて揃ったというアイカツフレンズ!はアニメに寄り添ったパフォーマンスを見せ、Minamiはギターに飯塚昌明とベースに瀧田イサムを招いて「Patria」と「Rumbling hearts」というMinamiとして、そして栗林みな実としての“ふたつのデビュー曲”を歌った。緒方恵美は「残酷な天使のテーゼ」で歌唱を開始すると、一凛の薔薇を手に、TVアニメ「幽☆遊☆白書」エンディングテーマの「太陽がまた輝くとき」、「ウラヌス・プラネットパワー!メイクアップ!」の決め台詞からの劇場アニメ「劇場版 美少女戦士セーラームーンR」の主題歌「Moon Revenge」と、2007年、2017年に、それぞれリリースされたアニソンカバーアルバム『アニメグ。』『アニメグ。25th』に収録されたアニソンカバー楽曲を、立て続けに披露。その後はランティスで2010年代に標榜してきた“エールロック”「僕を放て」で会場を沸かせて、最初のブロックのトリを飾るmilktubにバトンを渡す。

冒頭の映像で「歌とBIGさで彩る」と宣言したmilktubは、その通りに巨大なオブジェクト上に位置するbambooを中心に「有頂天人生」を一曲入魂で届ける。歌唱後もステージに残るメンバーの姿にフロアからはアンコールがあがるが、bambooは戸惑った様子を見せながらセットがあまりに巨大なためひとりで動けないだけだと告白。すると苦笑が漏れる中でステージが暗転。見事なオチで最初のブロックは終了した。

続くブロックのトップバッター・nano.RIPEは、休憩時間に行われたリハーサルから「ハナノイロ」「リアルワールド」をワンコーラスずつ披露するサービスぶり。「面影ワープ」のイントロのギターが響く中、きみコは「祭りだ!」と叫んでライブが盛大に再開させる。第2ブロックは声優アーティストが多数出演。デビュー10周年を迎えた伊藤かな恵を手始めに、小野賢章、森久保祥太郎などの面々がそれぞれのアーティスト活動を通じて作り上げてきた自身のライブパフォーマンスを見せていく。

その流れを受け、新谷良子は沙英役で出演していたTVアニメ「ひだまりスケッチ」の「スケッチスイッチ」を歌って「ランティス祭り2019」の目玉のひとつとなるスペシャルカバーコーナーをスタートさせる。その後はアーティスト陣のターンへ。畑亜貴はeufoniusのriyaと共に自身が作詞した「空耳ケーキ」をデュエットし、たぴみるは陽気に「みっつ数えて大集合!」をカバー。長年親交のあるbambooとAiRIは「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」を歌う最中、互いの指を合わせて小さなハートマークを作り出し、仲のよさを感じさせた。

3ブロック目の開幕はVoid_Chordsこと高橋諒による2ユニットが担う。まずはピアノの弾き語りをバックにゲストボーカルのMARUがパワフルに独唱すると、高橋のベースが絡んで「The Other Side of the Wall」が盛大に響く。するとMARUと入れ替わりでPONとFoggy-Dのボーカリスト2人がステージに登場。TVアニメ「ACCA」のためのユニット・ONE Ⅲ NOTESが再結成され、「Shadow and Truth」で会場をジャジーな雰囲気で満たしていった。

引き続きeufonius、畑亜貴といったランティス楽曲を作ってきたクリエイターたちが上質なサウンドを届けると、男性声優陣はそれぞれのスタイルで魅せていく。赤いロングコートを着用した小野大輔はハットを投げ捨ててスタイリッシュに登場。笑顔で「ROSA ~Blue Ocean~」「Endless happy world」を歌いながら、曲間にはハウスバンドの即興の演奏に合わせて「ちょっとだけよ」「あんたも好きね」と言いながらコートを脱いでいくサービス精神を見せた。

10人で登場したアイドルマスター SideMは、自己紹介を交えてステージを展開。「Reason!!」の歌唱前には指で作ったMの字を横にする「SideMポーズ」のレクチャーし、ランティス祭り初参戦ながらフロアとの一体感を生み出した。会場を夏にすると声をかけながら登場した鈴村健一は、サンバ風のサマーソング「My Life Summer Life」を披露。鈴村は「アイマスがかわいかったから」と両手で独自の「Sポーズ」を作ろうとするが、マイクを持っていると難しいからと断念。余裕のあるパフォーマンスでファンを笑顔にした。

最終ブロックでも男性声優陣の活躍は続く。畠中祐は2人のダンサーと完全にシンクロしたキレのあるダンスで魅せ、寺島拓篤はTVアニメ「転生したらスライムだった件」のオープニング主題歌2曲を原作愛を込めて歌い上げる。さらに寺島は“「おれパラ」の兄さんたち”小野大輔、森久保祥太郎、鈴村健一の3人を呼び込む。ランティスの男性声優による音楽の祭典「Original Entertainment Paradise」略して「おれパラ」を牽引する4人は、揃って同イベントの10周年ソング「United Flag」を熱唱。ランティスで活躍し続ける男性声優アーティストの確かな存在感を示した。

そんな後半戦で紅一点となったアイドルマスター シャイニーカラーズは、この日最多の16人で登場。活動開始から1年ほどながら、「Ambitious Eve」「Spread the Wings!!」の2曲でフレッシュな輝きを放って祭典に華を添える。

トリを務めたGRANRODEOは、お祭り騒ぎのセットリストで攻め立てる。飯塚のギターを中心としたバンドサウンドが轟音で響く中、ステージ上手から下手まで一気に疾走してきたKISHOWの「M・S COWBOY!」のシャウトからロックショーがスタート。KISHOWの気合いの入りようはMCでも伺え、ランティスへの感謝を込めてパフォーマンスすることを熱っぽく宣言する。しかし飯塚は小野賢章や森久保祥太郎がKISHOWを褒めたMCを引用して観客の笑いをとったり、さらに「SideMポーズ」を取るなどリラックスした様子を見せる。それを受け、KISHOWも声優ユニット・G.I.zokuとして活動していた過去を開陳。当時、ランティスを立ち上げたばかりの井上俊次に曲のディレクションしてもらったと回顧する。その後はふたりで「今回のランティス祭りの総合プロデューサーを新人の頃から知ってる」などと話し、レーベルとの付き合いの長さと距離の近さを感じさせる。

そんなふたりながら、ライブに戻るとテンションの高いナンバーを連発。最新曲「セツナの愛」から立て続けに披露された「Can Do」ではメインモニターに水着姿のロデオガールがカメラで抜かれ、会場一体となってテンションが高められていく。ラストナンバーは「The Other self」。彼はステージを縦横無尽に走りながら歌声を絞り出し、最後はステージ中央で飯塚のギターと一緒に咆哮。エネルギッシュなパフォーマンスで本編をフィニッシュさせた。

その後は出演者がランティス、そしてランティスファンに感謝しながらステージに再登場。緒方恵美が「逃げちゃ駄目だ」、アイドルマスター SideMが「ランティス、最高!」と名台詞で決める一方、伊藤かな恵は挨拶の最後で噛んでしまうなどそれぞれに“らしさ”を見せる。出演者が揃って歌うのはランティス祭りのテーマソング「Starting STYLE!!」。この日は2019年バージョンの編曲を行ったfhánaの佐藤純一がピアノで参加してステージとフロアによる大合唱を彩り、7時間以上にも及ぶ祭りを締めくくった。

Text By はるのおと

【DAY 2 SET LIST】
01. divine intervention / 歌:fhána
02. 星屑のインターリュード / 歌:fhána
03. 青空のラプソディ / 歌:fhána
04. Patria / 歌:Minami
05. Rumbling Hearts / 歌:Minami
06. トゥッティ! / 歌:北宇治カルテット
07. モテないくせに(`;ω;´) / 歌:たぴみる
08. ひとりじゃない! / 歌:アイカツフレンズ!
09. アイカツフレンズ! / 歌:アイカツフレンズ!
10. Dreamer / 歌:AiRI
11. 残酷な天使のテーゼ~太陽がまた輝くとき~Moon Revenge / 歌:緒方恵美
12. 僕を放て / 歌:緒方恵美
13. 有頂天人生 / 歌:milktub
14. 面影ワープ / 歌:nano.RIPE
15. アザレア / 歌:nano.RIPE
16. ユメ・ミル・ココロ / 歌:伊藤かな恵
17. MARCHING MONSTER / 歌:新谷良子
18. ZERO / 歌:小野賢章
19. FOCUS / 歌:森久保祥太郎
20. CHAIN REACTION / 歌:森久保祥太郎
21. スケッチスイッチ / 歌:新谷良子
22. 空耳ケーキ / 歌:畑亜貴、eufonius
23. みっつ数えて大集合! / 歌:たぴみる
24. ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C / 歌:bamboo、AiRI
25. The Other Side of the Wall / 歌:Void_Chords(高橋諒) feat.Vocal MARU
26. Shadow and Truth / 歌:ONE III NOTES(高橋諒、PON、Foggy-D)
27. リフレクティア / 歌:eufonius
28. 毀レ世カイ終ワレ / 歌:畑亜貴
29. ROSA ~Blue Ocean~ / 歌:小野大輔
30. Endless happy world / 歌:小野大輔
31. MEET THE WORLD! / 歌:アイドルマスター SideM
32. Reason!! / 歌:アイドルマスター SideM
33. DRIVE A LIVE / 歌:アイドルマスター SideM
34. My Life Summer Life / 歌:鈴村健一
35. Go my rail / 歌:鈴村健一
36. Ambitious Eve / 歌:アイドルマスター シャイニーカラーズ
37. Spread the Wings!! / 歌:アイドルマスター シャイニーカラーズ
38. Fighting for… / 歌:畠中祐
39. メグルモノ / 歌:寺島拓篤
40. Nameless Story / 歌:寺島拓篤
41. United Flag / 歌:小野大輔、鈴村健一、森久保祥太郎、寺島拓篤
42. modern strange cowboy / 歌:GRANRODEO
43. セツナの愛 / 歌:GRANRODEO
44. Can Do / 歌:GRANRODEO
45. The Other self / 歌:GRANRODEO
46. Starting STYLE!! / 歌:Starting STYLE!!

この記事を書いた人