新人歌手/声優・結城萌子8月28日リリースのメジャーデビューシングルEP『innocent moon』より川谷絵音×菅野よう子の強力タッグによるリードトラック「さよなら私の青春」先行配信スタート!

新人歌手/声優・結城萌子が8月28日にワーナーミュージック・ジャパンよりリリースするメジャーデビューシングルEP『innocent moon』。

CD発売に先駆けて、本日8月14日に作詞・作曲に川谷絵音、編曲に菅野よう子を迎えたリードトラック「さよなら私の青春」の先行配信がスタートした。

本楽曲はある少女の思春期ならではの様々な葛藤が巧みに歌詞の中で綴られ、またサウンドは菅野よう子ならではの雄大なストリングスアレンジが際立ち、スケール感満載の極上のPopsに仕上がっている。レコーディングにはストリングスの監修/チェロに徳澤青弦、ドラムに柏倉隆史(the HIATUS・toe)、ベースに休日課長(ゲスの極み乙女。・DADARAY・ichikoro)他、豪華サポート陣が揃った。

そして先行配信と併せて本楽曲のミュージックビデオがワーナーミュージック・ジャパンのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開となった。

青々とした大きな一本木、青く広がる空の下に遠くまで広がる美しい草原の色、そして麦わら帽子が夏の季節を象徴し、風に揺れる白のワンピースが様々な表情を魅せ、夕暮れ時の光り散る花火が、幻想的な世界観を作り上げている。前作「散々花嫁」のミュージックビデオでは無機質な空間に呼応するかのような変わらない表情が印象的だったが、今作では様々な心模様が感じ取れる美しい表情に注目して欲しい。

<結城萌子コメント>
思春期特有の微妙な気持ちの動きを、どうしてここまで美しく歌詞にできるのかとても不思議です。
そして、菅野よう子さんの神秘的なアレンジが加わり、硝子のように繊細な楽曲になったと思います。
素晴らしい楽曲をありがとうございます。これから大切に歌っていきたいです。そして、MVでは一瞬しか映っていませんが、麦わら帽子を真っ直ぐに投げるのがあんなに難しいなんて知らなかったです。緑多めの目に優しいMVとなっております。ぜひこちらも沢山みてください!

<渡邊晢コメント>
夏の自然の中で、変わっていく光の中で、歌詞の中の儚さや、結城萌子さんの透明感を表現したいと思い、こちらのMVを作らせていただきました。
結城さんは不思議な魅力のある方で、撮影が進むにつれて、どんどんいろんな表情を魅せてくれました。
ぜひその魅力をこの映像を見て感じていただきたいです。


●配信情報
「さよなら私の青春」
8月14日配信スタート

DLはこちら

「散々花嫁」先行配信中
DLはこちら

●リリース情報
「innocent moon」
8月28日発売

品番:WPCL-13091
価格:¥1、500+税

<CD>
M1「さよなら私の青春」
作詞/作曲:川谷絵音、編曲:菅野よう子
M2「散々花嫁」
作詞/作曲:川谷絵音、編曲:Tom-H@ck
M3「幸福雨」
作詞:川谷絵音、作曲:川谷絵音/ちゃんMARI、編曲:ちゃんMARI
M4「元恋人よ」
作詞:川谷絵音、作曲:川谷絵音、編曲:ミト
※全4曲収録

<プロフィール>
結城萌子(ユウキモエコ/Yuki Moeko)
3月31日生まれ。千葉県出身。幼少期より音楽に親しみ、様々な楽器に触れて育つ。特技はフルートで、音楽学科のフルート専攻コースを卒業している。また、物心ついた時からアニメや漫画をこよなく愛し、自然と「いつか自分も演じる側に立ちたい」と思うようになり、声優を志す。2019年1月に公開された劇場アニメ『あした世界が終わるとしても』への出演で本格的に声優デビューを果たす。2018年10月より、文化放送 超!A&G+にてレギュラー番組を約1年務めた。さらに、2019年8月28日にワーナーミュージックジャパンより『innocent moon』で歌手デビューが決定している。

<声優 出演実績>
2019年1月公開 劇場アニメ『あした世界が終わるとしても』(小野寺役)
2019年5月 リーディングライブ「ことだま屋Z 4』
2019年5月 ゲーム『ソフィアコネクタ』(妖狐ウララ役)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人