TVアニメ1月スタートを発表&新曲も初披露!22/7のイベント“ナナニジフェス 2019”レポート

2019.07.23

年に一度の7月22日は22/7にとってスペシャルな1日。声優アイドルグループの22/7が3回目を迎えたこの日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて盛りだくさんなイベント“ナナニジフェス 2019”を開催した。待望の新曲「何もしてあげられない」の初披露、そしてアニメ放送開始のお知らせなど、ファンを喜ばせるステージ満載のイベントとなった。

楽曲リリースやイベント出演、SHOWROOM「ナナニジROOM」の配信に加え、放送開始から1周年を迎えたTV番組「22/7 計算中」や今年からスタートした定期公演 “ナナニジライブ”など、人気と実力が上昇中の彼女たち。集った満員状態のファンも最初からボルテージが高く、開演前から声援が飛ぶ。客電が落ち、大歓声に湧くなか登場したのはSHOWROOM「ナナニジROOM」でMCを努めている天津・向。高まる歓声はファンからの信頼の証だ。フェス=お祭りの正装という招き入れで22/7のメンバーが登場すると歓声は爆発する。

宮瀬玲奈は「今日は浴衣ということで帯を凝ってもらいました。皆さんと夏を堪能したいと思います」とコメント。帆風千春はクールにターンを決め、花川芽衣は花柄の帯をアピール。ひまわり柄の浴衣を着た武田愛奈、浴衣にブーツを合わせたモードな高辻 麗、黄色い鳥の髪飾りでかわいさアピールの涼花 萌、振り向きざまにうなじをアピールする白沢かなえ、恥ずかしがって俯く姿に声援が飛ぶ西條 和、梅柄の衣装を着た倉岡水巴、「あやかしの町にいる娘」をイメージした海乃るり、いきなりうなじを見せて「Hey Guys!」とおなじみの挨拶を繰り出した天城サリーの全11人がステージに揃った。

イベントの第一幕は“22/7の夏祭り”と題した対決企画。チーム分けで観客をひとしきり笑いに包み、チームセクシー(宮瀬、帆風、涼花、白沢、西條、海乃)と、チームパリピ(倉岡、天城、武田、高辻、花川)2組に分かれ、夏をテーマにしたゲームを繰り広げた。輪投げは向を的に爆笑を誘い、“夏の食べ物”がテーマのジェスチャーではチーム総力戦の頭脳対決。ふたりが組みになった風船早割りでは抱き合うメンバー同士に歓声が湧く。スイカ割りではスポンジバットが向にヒットした笑い。そして勝負の行方を決める“花火大会での告白”対決では先攻の白沢が、“幼馴染のお姉さん”役で圧巻の演技を披露したのに対し、後攻の天城は花火を大砲の音に見立てて、“戦場に向かう少年”の役を演じた。当初は変化球な世界設定に困惑気味の会場だったが、その後の視点変化に感嘆の声。観衆の判定は同等のものだったが、結果、チームパリピが勝利を収めた。

幕間にはスクリーンにこれまで撮影した様々な映像が映し出される。そのなかで強調されていたのは“11人で一緒に歌うこと”の大切さだった。VTRが終わるとともに赤い新衣装で登場した11人は、大歓声のなか、8月21日にリリースするニューシングルで表題曲として初の11人曲「何もしてあげられない」を歌い始める。最初はセンターに西條が立ち、メロディのブロックごとに様々な組み合わせで幾何学模様的なフォーメーションを見せる。2コーラス目に入っても次々に新しいパターンを見せ、11人が一列に並んで次々に体を屈ませるパートは圧巻。最後はまた西條が一人舞台端に立つという意味深な表現で終わる。情報量が非常に多く、何度もライブを追いかけて楽しみたいステージングだった。歌い終えたMCでは西條から楽曲の解説が行なわれた。西條は「大切な人に何かしてあげたいのに、何をすることがその人の助けになるのかがわからなくて、結局何もしてあげられないとか、知らない間に傷つけてしまったり、そういう集団の中での孤独を表した曲になっています」と説明。ダンス表現について海乃は「最初に位置について顔を見せるところで“11人揃ったんだな”と練習のたびにニヤニヤしてしまうほど好きなので今後も見てほしい」と見どころを語る。帆風は「11人だからこそできる振り付けが凝っている。2番のサビでれんたん(高辻)がブンと真ん中に出てくるところがすっごくかっこよくて好き」と語る。その高辻は「集団と孤立というテーマがこの曲にはあります。それを振りの中で表現する歌詞、(花川)芽衣のセリフの“友達はほしくない”で、列から離れて孤立するところとか、表題曲でひとつのテーマに対して表現させていただけることが初めてのことで、本当にうれしいです」と語る。宮瀬は高辻・涼花・武田の3人で歌うパートに触れ、「3人が中央で歌っていて8人が周りを取り囲む箇所がこの曲には結構あって、練習のたびに“本当に11人でこの曲を作らせていただいているんだな”と心の中に入ってきて、たくさん注目してほしい曲です。この夏にたくさんパフォーマンスしていきたいと思っています!」。そして天城は「11人の強さをこれからも皆さんにお見せできたらいいなと思います!」と力強く語った。

 

続いてはハートウォーミングなサウンドからデュオを中心に展開し、内心の激しさを見せる踊りへと展開する「やさしい記憶」、弾ける笑顔でユニゾンをリレーする青春ソング「不確かな青春」と、立て続けに”11人曲”をドロップ。各人に向けてのコールも飛ぶ。MCではこの22/7の日の思い出をメンバーたちが語る。2年前は初めて武田・涼花・高辻の3人が顔出しをした日ということで印象に残っている様子。また昨年のこの日は帆風千春がリーダーに就任したということで多くの拍手を受ける。当の本人は「みんなが“いつもどおりのちはるんでいいんだよ”と言ってくれたおかげで気負わずにやってこられて、みんなこそいつもありがとう」とはにかむ。そして最後のゾーンはSHOWROOM配信が行われ、切り替わるとより一層大きな声援が飛ぶ。セットもダンサブルな「韋駄天娘」、ハイスピードで力強い「未来があるから」と”11人曲”のなかでもアッパーな楽曲を投下し、盛り上げた。

 

「ナナニジ」コールが飛ぶなか、スクリーンに「2020年1月TVアニメ放送スタート」と発表されると会場はこの日いちばんの大きな声援で11人を迎える。帆風はすでに涙声でMCを進める。天城は「アニメ化されると言われてからちょうど2年が経ちました。この2年間、私たちも待ち望んでいたんですけど、それ以上にファンの方々がずっと変わらず応援してくれたおかげです。アニメ化は結成したときの目標で達成できてうれしいんですけど、決してゴールだとは思っていなくて、ナナニジにとって2020年1月のアニメ化がさらなるスタートになることを願っています!」と呼びかけた。さらにデビュー日の9月22日に“22/7 アニバーサリーライブ2019”を東京・マイナビBLITZ赤坂で開催すると発表された。「去年は(TV「計算中」の)番組や(MCの)三四郎さんの力を借りて成功することができたのですが、今年は私たちメンバーだけの力で絶対に成功させたい」と力強い決意。最後に西條は「私はうれしいことも“怖いな”と思っちゃうことが多くて今は不安が大きいんですけど、こうやってうれしいお知らせをさせていただけているのは、応援してくださる方やスタッフさんとか本当にたくさんの方のおかげなので、しっかり1月に向けて逃げずにやってきたいと思います」と話し、拍手を浴びていた。オーラスは祝福ムードの中でアンコール曲「11人が集まった理由」を歌い、アコースティックサウンドのなかゆっくりと歩き回り穏やかな笑顔で美しくユニゾンを響かせて締めくくった。

TEXT BY 日詰明嘉 PHOTOGRAPHY BY  中原幸、青木早霞

22/7“ナナニジフェス 2019”セットリスト
01. 何もしてあげられない
02. やさしい記憶
03. 不確かな青春
04. 韋駄天娘
05. 未来があるから
<アンコール>
06. 11人が集まった理由


●作品情報
『22/7』
2020年1月より放送スタート!

●リリース情報
4thシングル
「何もしてあげられない」
8月21日発売

【初回仕様限定盤 Type-A】

品番:SRCL-11240~11241
価格:¥1,667+税
※トレカ(TypeーAアーティストトレカ全11種のうちランダム封入)

【初回仕様限定盤 Type-B】

品番:SRCL-11242~11243
価格:¥1,667+税
※トレカ(TypeーBアーティストトレカ全11種のうちランダム封入)

【通常盤】

品番:SRCL-11244
価格:¥1,111+税

●イベント情報
4thシングル発売記念『個別握手会』開催決定
9/8(日) 9/28(土) 10/20(日) 11/2(土)

『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』出演決定
※22/7は8月3日(土)に出演

『@JAM EXPO』出演決定
※22/7は8月25日(日)に出演

●ライブ情報
22/7「Anniversary Live 2019」
9月20日(金)マイナビBLITZ赤坂
時間:OPEN18:00 / START19:00
料金:前売り6,800円(税込)(ドリンク代別)
前売り女性エリア 6,800円(税込み)(ドリンク代別)
メルマガ一次先行:7月22日(月)21:00~7月31日(水)23:59
月イチ公演『22/7 定期公演 ナナニジライブ』開催中

<「22/7」(ナナブンノニジュウニ)とは>
日本を代表する有名クリエイターがうみだしたキャラクターを演じる為に応募総数10,325人の全国オーディションで選ばれた少女たちで結成されたデジタル声優アイドルグループ。
秋元康氏総合プロデュースの元、 デビューシングル『僕は存在していなかった』はオリコンウィークリーランキング10位、 そして2ndシングル『シャンプーのにおいがした』は8位にランクイン。 アニメ化も発表されており、 その可能性に高い注目が集まっている。
テレビ番組『22/7 計算中』の放送開始、 『Anime Expo 2018』の出演、 『京まふ 2018』 の応援サポーター就任など精力的に活動中。 8月21日には約1年ぶりの4thシングル『何もしてあげられない』をリリース予定。

(C)ANIME 22/7

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人