三月のパンタシア、小豆島を舞台にした夏の新企画「8時33分、夏がまた輝く」遂に本日7月14日20時からスタート!

ボーカリスト「みあ」による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシア。昨年8月に開始し、みあが書き下ろす小説を軸に、「音楽×小説×イラスト」を連動させた、三月のパンタシアの自主企画『ガールズブルー』の今夏の最新企画「8時33分、夏がまた輝く」が、本日7月14日20:00からスタートする事が解禁された。

ボーカルみあが小豆島を舞台に書き下ろした物語「8時33分、夏がまた輝く」を原案にbuzzGが主題歌: 『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』を制作し、イラストをダイスケリチャードが担当している。

「8時33分、夏がまた輝く」は東京生まれ、東京育ちの消極的な性格の主人公:葵(アオイ)がひょんな事から、小豆島に住む、叔母のカフェを夏休みの一か月限定で手伝うことになり、そこで出会ったのは天真爛漫でマイペースな悠ちゃんと小豆島の自然の美しさに触れ、だんだんと心が変化していく物語。

企画は遂に7月14日20:00から、みあ公式Twitterアカウントにて小説の連載開始と共に幕を上げる。同時に三月のパンタシア公式YouTubeチャンネルでは主題歌: 『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』が公開されるという。

また、主題歌:『いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら』は7月15日(月)0:00~配信&ストリーミング配信が開始する。こちらの楽曲は現在iTunesにてプリオーダー(配信事前予約)を受付中。ぜひ、小説を読みながら、楽曲を聴き、より深く三月のパンタシアが創り出す、とびきり切なく甘酸っぱい青春世界を楽しんでほしい。


●作品情報
「8時33分、夏がまた輝く」

<あらすじ>
2019年。令和元年。17歳、夏。
東京生まれ、東京育ちの消極的な性格の主人公:葵(アオイ)はひょんな事から、小豆島に住む、叔母のカフェを夏休みの一か月限定で手伝うことに。

そこで出会ったのは天真爛漫でマイペースな悠ちゃん。

小豆島の自然の美しさに触れつつ、くるくると目まぐるしく表情を変えていく悠ちゃんに、葵はだんだんと目が離せなくなって——-

<主題歌>
三月のパンタシア 「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」

7月14日(日)20:00~みあ公式Twitterアカウントにて小説「8時33分、夏がまた輝く」の連載がスタート。同時に主題歌「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」YouTube上にて動画公開。

●配信情報
主題歌「いつか天使になって あるいは青い鳥になって アダムとイブになって ありえないなら」
7月15日(日)0:00~各配信サイトにて配信スタート。

iTunesでは、現在プリオーダー(配信事前予約)を絶賛受付中!
プリオーダーはこちら

<三月のパンタシア プロフィール>
“終わりと始まりの物語を空想する”ボーカリスト「みあ」による音楽ユニット。どこか憂いを帯びた「みあ」の歌声で紡がれるストーリーが、ときに優しく、ときに切なく、聞き手の心に寄り添い多くの共感をよぶ。

2016年6月1日にTVアニメ『キズナイーバー』のエンディングテーマ「はじまりの速度」でメジャーデビュー。
2018年11月21日には6枚目となる「ピンクレモネード」(TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」オープニングテーマ)をリリース。 “音楽×小説×イラスト”を連動させた自主企画『ガールズブルー』をWeb上で展開。2019年3月13日に企画『ガールズブルー』をテーマにした、最新アルバム「ガールズブルー・ハッピーサッド」をリリース。6月に開催した、アルバムと同名のタイトルとなるワンマンライブは即日SOLD OUT。いま最も注目される音楽ユニットの一つになっている。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人