石崎ひゅーい『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』書き下ろし楽曲6月12日配信リリース!ティザー映像&アートワーク解禁!

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが書き下ろした、世界で900万DLを突破した人気アプリゲームの映画化『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の主題歌「Namida」とEDソング「あの夏の日の魔法」が6月12日(水)に配信リリースすることが決定した。さらに、最新のアートワークとティザー映像も公開となった。

映画『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』はスマホゲーム「誰ガ為のアルケミスト」を、『マクロス』シリーズで知られる河森正治が総監督を務め映画化したもので、6月14日(金)にTOHOシネマズ 新宿他にてロードショーとなる。

<ジャケットデザイン&ティザー映像direction・edit:今野芳章(みるもの)コメント>
映像には「眼鏡」と「水しぶき」、「枕」の3つの要素が出てきますが、それぞれ「Namida」から連想したキーワードとなっています。
涙ぐむ経験は、その内面を誰にも決して悟られることなく、独りの時間で存分に消化するものだろうと捉えました。
「目の奥の涙を遮るレンズ、噴水のように溢れ出す想い、顔を枕に埋めて暗闇のなかで泣き叫びたい」
といった心情から、涙を潜って、乗り越えていこうとする楽曲の持つダイナミズムを、カメラワークで表現しようと試みました。


●配信情報
6月12日配信開始
石崎ひゅーい

・「Namida」(「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」主題歌)
・「あの夏の日の魔法」(「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」エンディングソング)

●作品情報
『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』

2019年6月14日「TOHOシネマズ 新宿」他にてロードショー

<ストーリー>
普通の女子高生・カスミに秘められた“本当の強さ”とは
自分に自信の持てない女子高生カスミは、ある日、不思議な声に導かれて異世界バベル大陸へと召喚される。
そこは、伝説の存在・暗黒竜デストルークにより、錬金術も魔法も封じられ、“闇の魔人”が跋扈する世界だった。
カスミは、彼女を召喚した魔法使いのリズ、ガンナーのエドガーと出会い行動を共にする。
“闇の魔人”の魔の手はレジスタンスの村へと迫る。絶望を目前にしたカスミの脳裏に、
意外なビジョンがふと浮かび上がる。それは、カスミの中に眠る彼女の“本当の強さ”が目覚めようとしている兆しだったーー
「お願い、届いて、私の中に力があるなら……」

【キャスト】
水瀬いのり 逢坂良太 降幡愛
花江夏樹 石川界人 堀江由衣
生天目仁美 内田雄馬 今井麻美 早見沙織 江口拓也
Lynn 福山潤

【スタッフ】
原作:今泉潤/FgG
総監督:河森正治
監督:高橋正典
脚本:根元歳三
キャラクターデザイン:嘉手苅睦
作画監督:戸谷賢人、宮西多麻子、長坂寛治、大河内忍、福田啓太、田中亜優、堀内修、出野喜則、小園菜穂、芳賀亮
美術監督:古宮陽子、湖山真奈美
美術設定:二エム・ヴィンセント、ロキャデリ・ロイック、ジェローム・ペリヤ
色彩設計:秋元由紀
特殊効果:永良雄亮
CGディレクター:原田丈
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:AkiyoshiYasuda(★STARGUiTAR)
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:サテライト
主題歌:「Namida」石崎ひゅーい(EPICレコードジャパン)
エンディングソング:「あの夏の日の魔法」石崎ひゅーい(EPICレコードジャパン)
製作:株式会社FgG
配給:アスミック・エース

●ライブ情報
石崎ひゅーい アコースティックTOUR「あの夏の日の魔法」
6/14(金)[大阪]世界館
6/15(土)[兵庫]神戸酒心館ホール
6/28(金)[福岡]ROOMS
6/29(土)[熊本]高瀬蔵
7/6(土)、7/7(日)[愛知]三楽座
7/11(木)[宮城]誰も知らない劇場
7/13(土)[岩手]岩手県公会堂 21号室
7/14(日)[秋田]秋田THE CAT WALK
7/15(月)[青森]ねぶたの家 ワ・ラッセ イベントホール
7/20(土)[新潟]新潟ジョイアミーア
7/21(日)[茨城]水戸voice
7/26(金)[北海道]函館⼭⼭頂展望台ホール クレモナ
7/27(土)[北海道]札幌プラザ2.5 (BFHホール)
8/3(土)[沖縄]石垣 JAZZ BAR すけあくろ
8/4(日)[沖縄]桜坂劇場ホールB
8/14(水)[広島]LiveJuke
8/16(金)[広島]尾道 汐待亭
8/17(土)[岡山]MO:GLA
8/18(日)[島根]松江 興雲閣
8/30(金)[福島]郡山市公会堂
8/31(土)[山形]山形県郷土館・文翔館議場ホール
9/1(日)[宮城]気仙沼K-Port
9/7(土)、9/8(日)[東京]浅草花劇場

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人