ReoNa初の全国ツアー「ReoNa Live Tour 2019 “Wonder 1284”」ファイナル公演レポート

沈んだ気持ちの誰かを応援したり背中を押すのではなく、その心に寄り添える存在でありたい――そんな思いを込めて「絶望系アニソンシンガー」というキャッチフレーズを掲げる新世代アーティスト、ReoNa。彼女にとって初めての全国ツアー「ReoNa Live Tour 2019 “Wonder 1284”」のファイナル公演が、3月10日(日)に東京キネマ倶楽部で開催された。ツアータイトルにある“Wonder 1284”とは、ReoNaが生まれたときの体重、1,284グラムに由来するもの。小さな身体でこの世に生を受けた彼女が、二十歳の今、アニソン歌手になる夢をかなえ、その歌で多くの人の心にある種の希望をもたらしている奇跡。本公演はそんな事実を心の底から感じることができるステージになった。

会場の東京キネマ倶楽部はオールスタンディング。立錐の余地もないほどの賑わいに。ReoNaがスタンディング公演を行うのは今回のツアーが初ということもあり、会場の熱気も普段とは違った雰囲気だ。やがてバンドメンバーがステージに現れて各自の持ち場につくと照明が暗転。フロアからは拍手と歓声が上がるが、ReoNaが登場するとそれもすぐに収まり、彼女の歩く靴の音が大きく響く。その静寂は、ReoNaの紡ぐ歌と言葉を僅かたりとも聴き逃したくない、ファンの気持ちの表れなのだろう。

そしてライブは、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』EDテーマでもある彼女の最新シングル「forget-me-not」からスタート。まず客席を顔を見渡して、まるで安心したように微笑みを浮かべた彼女は、そこから繊細さとひたむきさを併せ持ったエモーショナルな歌声で楽曲の世界観を表現し、観る者の気持ちを引き寄せていく。曲の終盤の“forget-me-not”をリフレインする箇所では、お客さんがReoNaと共に「生きた証」を刻むかのごとく、「ウォーオーオー」というコーラスを大合唱。歌唱後に「ありがとう」と簡潔に感謝の気持ちを示すところがReoNaらしい。

続いてピアノの流麗な旋律をバックに「ついにツアーファイナル、顔を合わせてお歌を届けられること、ずっと楽しみにしていました」と挨拶した彼女は、「それではみなさん、おやすみなさい」とおなじみのセリフを合図に次曲「おやすみの詩」へ。ピアノのイントロから一転、激しいバンドサウンドが展開され、深紅のワンピースの上から黒のライダースジャケットを羽織ったReoNaは、ひと際険しくロッキッシュな歌声を会場いっぱいに響かせる。そこから同曲に連なるナンバー「怪物の詩」を歌うと、続けてバンドのアグレッシブなプレイが光った「Let it die」に移行、ハード極まりない演奏で観客を圧倒した。

そして「ここからはちょっと落ち着いたお歌を」ということで、アコースティックパートへ。まずは今回のツアーで初めて披露したという森田童子「ぼくたちの失敗」のカバー。アコギのささやかな調べと共に、ReoNaのどこか消え入りそうな雰囲気の歌声が、静かに聴き入るオーディエンスの心にやさしく浸透していく。次いで先日の“リスアニ!LIVE 2019”出演時にもアコースティック編成で歌って評判だった「カナリア」を歌唱。照明の黄色い光線に囲まれたReoNaは、まるで鳥かごの中で佇む小鳥のよう。だが、彼女の伸びやかな歌声は高く高く舞い上がり、その歌に込められた想いは遥か空へと放たれていく。

続くMCで、「カナリア」が挿入歌として使われたTVアニメ『ハッピーシュガーライフ』のことに触れ、アニメの歌を歌うという自分の夢をかなえてくれた同作への感謝の気持ちをあらためて言葉にした彼女は、さらに「私のお歌が、初めて大好きなアニメと一緒に流れた、夢の第一歩目のきっかけをくれたのが、神崎エルザという存在でした」と語る。TVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』(以下、『GGO』)に登場する歌姫・神崎エルザの劇中歌を担当したことで、アニソンシンガーになる夢を掴んだReoNa。そのため、神崎エルザ starring ReoNaとして発表された楽曲の数々は、彼女にとっても、ファンにとっても大切なものになっている。ここからは、その神崎エルザ starring ReoNa名義のミニアルバム『ELZA』に収録された7曲が、次々と披露されていった。

まず「私のお歌が初めてTVから流れたのは、この曲でした」と歌ったのは、『GGO』第2話と第3話の挿入歌だった「ピルグリム」。ReoNaはフレット部分に猫の模様が描かれたアコギをつま弾きながら、始まりの歌を高らかと歌い上げていく。続く祝福感に満ちた「step, step」では会場からクラップが巻き起こり、ReoNaも柔らかな表情を浮かべながら、客席に向けて手を差し伸べる。そして彼女の歌い出しと同時にフロアから絶叫のような歓声が上がったのが、『GGO』第9話の戦闘シーンを彩った激情的なナンバー「Disorder」。コール&レスポンスの部分ではReoNaが珍しく客席にマイクを向けて煽り、フロアの熱気と密集度はかつてないほどのものとなる。さらにギター・堀崎 翔が攻撃的なギターソロで煽りまくったバンドのインスト演奏を挿み、エルザの楽曲におけるもうひとつの戦闘シーン曲「Independence」に突入。ジャジーなフレーズを合い間に入れながら怒涛の展開をしていくアップチューンに、オーディエンスも大合唱しながら興奮の高みに達する。凄まじい熱狂ぶりを喚起するReoNaのパフォーマンスは、おそらくここまでツアーを回ってきたなかで磨かれたものなのだろう。レパートリーにはじっくり聴かせるタイプの楽曲が多い彼女だが、このツアーで恐ろしいまでのアンセムをものにしたようだ。

「熱いね、いったん落ち着いて」と呼びかけたReoNaは、「ツアーファイナルというものにずっと憧れてきて、その憧れていた時間をみんなと一緒に過ごすことができて、本当にうれしいです」と感謝の言葉を口にする。その後バンドメンバーの紹介を経て、先ほどまでの熱気を程よく冷ます爽やかなナンバー「レプリカ」、そしてお客さん一人ひとりに語りかけるように歌う姿が印象的だった「ヒカリ」と続け、再びReoNaがアコギを手にして歌われた「Rea(s)oN」でエルザ曲のパートは終了。その「Rea(s)oN」もエルザの劇中歌として制作された楽曲ではあるが、生きる意味、存在することの意味を歌詞の中で問うその内容は、あらためてReoNaのための歌でもあることを実感させるものだ。

続くMCでReoNaは、ライブ前日に放送された『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の話題に触れ、「1日が楽しければ楽しいほど、終わってしまうのが悲しくなって、大切な人になればなるほど、別れるのが嫌になって。じゃあ最初から、喜びや、楽しさ、うれしさ、幸せなんてなければ、出会いなんてなければ、心なんてなければ、悲しむことも、苦しむことも、痛みも、つらい別れもなかったのでしょうか?」と語る。その言葉で思い出されるのは、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の登場人物で、本来は心を持たないNPCのはずが、主人公・キリトとの出会いによって、心や感情を得てしまうユージオのこと。そんな彼の身上とどこか重なる内容の楽曲が、次に歌われた「虹の彼方に」という楽曲だ。暗がりのステージにライトを浴びたReoNaの姿が浮かび上がり、彼女は心を手に入れたがために感じる痛みを、情緒豊かな歌声で表現する。

さらに彼女が「デビュー前の17~18歳の頃から歌い続けてきた大切なお歌」と紹介して歌ったのが「トウシンダイ」。その当時の彼女はいじめられたことがきっかけで学校にも行かなくなり、友達といるときも壁を感じて、「ここは自分の居場所じゃないんじゃないかな」と思うことが多かったという。そんな「自分がここからどこにいくのかもわからないときに、私の心に寄り添ってくれたお歌」が、この「トウシンダイ」だったと言う。デビュー前の頃の彼女はこの曲をアコースティック編成で歌っていたとのことだが、デビューを経て、昨年二十歳になった今は、歌詞のドラマの重みを感じさせるずっしりとしたバンドアレンジで披露。ひとつ大人になったReoNaが、大人になる前に「トウシンダイ」から半歩先へと踏み出した少女の心情を歌にして届ける。

続いては、ミラーボールがロマンチックな光を映すなか、ジミーサムP「Starduster」をカバー。儚くも切実な歌声を浮かべる彼女は、本当の「愛」を求めて広大な宇宙を彷徨う寂しい星のよう。さらに「つらいとき、つらいって言えたらいいのにね」と前置きしてAqua Timez「決意の朝に」を歌い、やさしく穏やかな表情を浮かべながら、聴き手の心の強張った部分をやさしくほどいていく。そしてライブはついに最後の曲を迎えることに。彼女は「ReoNaのライブにアンコールはありません。最初から最後まで余すことなく受け取って帰ってね」と語ると、ReoNaとしての始まりの歌でもあるデビュー曲「SWEET HURT」を歌唱。胸元に手を当てながら歌う彼女は、本当に幸せそうな表情を浮かべる。彼女にとって、自分の「お歌」が誰かに必要とされて、こうして直接届けられることは、きっと奇跡に近いことなのだろう。

曲のラスト、ReoNaはバンドが演奏を続けるなか、「またこうしてみんなにお歌を届けられるかな?」「また受け取りに来てくれますか?」と問いかけ、お客さんも割れんばかりの歓声で応える。彼女の「そのときまで」という呼びかけに、会場から返ってきたのはもちろん「じゃあな!」の声。そしてマイクを置いたReoNaは、ステージの中央と左右で深くお辞儀をし、最後に手を口元にあてて「じゃあな!」と叫んで舞台を去った。マイクを通していなかったので、その声はバンドの演奏にかき消されていたわけだが、彼女の気持ちはその場にいたすべての人に伝わったはずだ。なぜなら、そのときのReoNaの表情は、どんな絶望をも照らすほどの笑顔だったのだから。

Text By 北野 創(リスアニ!)
Photography By 山本哲也

「ReoNa Live Tour 2019 “Wonder 1284”」ファイナル公演
3月10日(日)東京キネマ倶楽部
<セットリスト>
01.foget-me-not
02.おやすみの詩
03.怪物の詩
04.Let it die
05.ぼくたちの失敗
06.カナリア
07.ピルグリム
08.step, step
09.Disorder
10.Independence
11.レプリカ
12.ヒカリ
13.Rea(s)oN
14.虹の彼方に
15.トウシンダイ
16.Starduster
17.決意の朝に
18.SWEET HURT

●ライブ情報
ReoNa Zepp Tokyoワンマンライブ決定!
ReoNa ONE-MAN Live “Birth 2019”
10月20日(日)Zepp Tokyo(東京)
開場:17:00 / 開演:18:00
チケット:自由 \5,500(整理番号付 tax in / drink代別)
※4歳以上チケット必要

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人