やなぎなぎインタビュー 新曲入りベストアルバム2種同時発売 「自分が聴きたい音楽を作ること」が存在証明

自身のルーツに振り返ったエレクトロニカという音楽

――この7年間の中で、あとから振り返って転機だったと思うことは?

やなぎ 転機かぁ……、いろいろありますが、途中でハッとしたのは「瞑目の彼方」で(作曲の)鷺巣詩郎さんとご一緒したときですね。「瞑目の彼方」は自分のこれまでのルーツに近い曲だったので。デビューしてからいろんな曲を作って、もちろんどれも大切でそれぞれに良さはあるのですが、自分のルーツはやっぱりそこにあったんだなと思い出して、ハッとなりました。根っこはやっぱりルーツになった音楽が好きで、そこは変わっていない。そこで、自分のための曲を作ってきたんだなと思ったというか。

――やなぎさんのルーツというのは?

やなぎ 音で言えば北欧のエレクトロニカですね。電子音なのにちょっとノスタルジックな感じがして、いつまでも浸っていたいと思えるんです。聴いていて安心するというか、自分がその音だけを聴いていて、いかにその中に浸っていられるかどうかが大事。そういう音楽が好きな理由は、自分が音楽を始めたきっかけと繋がるんです。自分で音楽を作り出したのって、他に自分がやれることがなかったから。話すことそんなに好きではなかったし、対話するのも苦手だったので、音にすればいいやと。たとえそれを聴いてもらえなくても、自分はこういう存在で、こういうものを作っているということを示せればと思ったのが最初だったんです。エレクトロニカって、聴く人によっては退屈だと思うんですけれども、それでも自分が出した音を延々流し続けていくのが魅力なんです。私の根っこにあるのってたぶん、それかなと。

――そんな「瞑目の彼方」が収録されている『-LIBRARY-』の選曲と構成について教えていただければと思います。

やなぎ こちらは先程お話ししたように、「何度も読み返したくなる」というコンセプトで作っています。「ユキトキ」というスタートダッシュがあり、「You can count on me」というライブの定番曲があり、1枚通して聴くときにこれまでのライブを思い返しながら、聴いてくれたらうれしいなと思います。特に最後の「You can count on me」は(「アクアテラリウム」の)カップリング曲だったのですが、ライブで定番の曲になっています。みんなと繰り返し歌うなかで育ってきた曲だったので、これはベストに入れるべきだろうと思いました。「テトラゴン」はアルバム曲ですが、この曲はライブでいろんな姿になって登場してる曲なので、ここで初めて聴く方もまたぜひライブで聴いていただきたいですね。

――楽曲を作るときには、後々にアレンジすることを想定されますか?

やなぎ 作っているときはやっぱりそれで完結するので、あとのことは考えないのですが、いざライブをしようとするときに、もっとこの曲を変身させたいなと思うことはよくありますね。「テトラゴン」はそれがすごく大きかった曲です。今こうしたい、今これをこのアレンジで聴きたいとか、そのときの自分の気分が大きいですね。それも自分のためかもしれない。

――その際のやなぎさんの「今、これを聴きたい」という気分は、そのときの音楽シーンの潮流に左右されることが多いですか?

やなぎ 音楽的な流行はあまり意識していないというか、自分から今の流行を分析して採り入れるということはないのですが、たとえば観に行った映画から影響を受けて作るといった場合には、そのときのものが自然と出ることはあるかもしれません。ふと思い出して、昔好きだったものから影響を受ける場合には、まったく今っぽくないものになります。そのあたりはいろいろですね。

――最近、何か印象的な作品との出会いはありましたか?

やなぎ 「Detroit: Become Human」というゲームがあって、未来の話でAIが発達して自我を持ち始めるという物語で、自分がアンドロイドを操作するんです。そこで人間と仲良くしたいんだけれども迫害されてしまって、そこで平和的解決をするか人間に報復をするかを選択するんです。それをプレイしていたらアンドロイドに感情移入をしちゃって(笑)。この前、新居昭乃さんと対談させていただいたのですが、昭乃さんも年末に開催されたライブがAIをテーマにしているもので、そこで共通のテーマに関心を持っているなぁと思って、いま私の中でアンドロイドやAIのブームが来ています。そのうち歌詞に影響が出るかもしれません(笑)。

――『-LIBRARY-』にも新曲が収録されています。「BiblioMonster」はオリジナルの楽曲ですが、作曲のミトさんにはどのようなお願いをされましたか?

やなぎ 『-LIBRARY-』というアルバムですので、新曲を入れるにあたっても本をテーマにした曲にしようと思っていました。前回「一切は物語」でミトさんとご一緒したときは、ミトさんらしさを良い意味で裏切るような楽曲になったので、今度はミトさんらしさのある曲をとお願いしました。「ミトさんにしか作れない、誰が聴いてもミトさんって思う曲を聴きたい」とお願いしたところ、見事に書いてきてくれました。

――オーダーをされるときに、ご自分らしさを出してください、と言われたことに対してミトさんはどんな反応を?

やなぎ 喜んでくれていたのか、ご自分でも「僕らしい曲」と添えていただけました。私もそういうふうに頼むと難しいかなと思ったのですが、さすがミトさんですね。素晴らしいミトさん節が盛り込まれた曲に仕上がりました。「BiblioMonster」というのは、よく本が好きな人のことを、本の虫と言ったりしますが、そこで本が好きすぎてモンスターになってしまったという曲です。

――歌ってみていかがでしたか?

やなぎ 難しかったですけれども、楽しかったです。譜割りもすごく早口で歌い出したときに噛んじゃったんですよ(笑)。私自身、ミトさんの初期の曲もすごく好きだったので、こういう曲歌えたら楽しいだろうなという要素がすべて詰まった曲でした。ハモリのラインとかすごく独特だったりして、「ここに行くんだ」と聴いていて面白かったです。

――また、今回の2枚はパッケージとしても魅力的です。デザインの意図やジャケット撮影の様子を教えていただけますか?

やなぎ 撮影は東洋文庫ミュージアムという場所で行ないました。日本にこういう場所があったんだと思うほど圧巻のライブラリだったので、すごくときめきました。歴史的なものが一堂に会しているのは本当に素敵でロマンがある良い場所だなと思い、今回のテーマに選んでみました。そういうものに気軽に触れられるので、博物館や美術館など畏まった場所と思われている方もぜひ観てほしいなと思います。衣装は今までライブや撮影で着用した衣装をくっつけてもらって、またひとつの新しいドレスのようにしています。なので、このCDには「ナッテ」ツアーの映像も付属していますし、これまでのものをご覧になっている方は見覚えのある柄などが垣間見えますので、見比べていただければと思います。

――そして3月から5月にかけて「やなぎなぎ ライブツアー2019 -LIBLARY- & -MUSEUM-」が開催されます。バンドスタイルとアコースティックスタイルがそれぞれありますが、このパターン分けについてどのような意図が?

やなぎ 以前、お客さんに「私のライブを立って観たいか、座って観たいか」とアンケートを取ったことがあったのですが、きれいに50%ずつに分かれて(笑)。であれば、ゆっくりしたい人はアコースティックに、バンドで盛り上がりたい人はバンドに。どっちもイケる人はどちらに来ていただいてもという形で両方のスタイルで行なうことにしました。バンドバージョンではまた北川(勝利)さんがバンマスに入ってくれるので、北川さん節も入ってくるかと思います。アコースティックはピアノと私だけの編成で周ります。私自身がそうなのですが、音源自体はCDで聴けるので、ライブはライブならではのアレンジで聴けるとうれしくなるんです。今回もできる限りアレンジをしてお届けできたらと思っています。

Interview & Text By 日詰明嘉


 

●リリース情報
『やなぎなぎ ベストアルバム -LIBRARY-』
2019年1月9日発売

【初回限定盤(CD+BD)】

品番:GNCA-1551
価格:¥4,500+税

【通常盤(CD)】

品番:GNCA-1552
価格:¥3,000+税

<CD>
01.ユキトキ(TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」OPテーマ)
02.here and there(TVアニメ「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」OPテーマ)
03.テトラゴン
04.時間は窓の向こう側(TVアニメ「時間の支配者」EDテーマ)
05.ラテラリティ(TVアニメ「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」EDテーマ)
06.カザキリ(TVアニメ「ノルン+ノネット」OPテーマ)
07.間遠い未来(TVアニメ「覇穹 封神演義」EDテーマ)
08.無形のアウトライン(TVアニメ「覇穹 封神演義」新EDテーマ)
09.Esse(日本テレビ スペシャルドラマ「殺人偏差値70」挿入歌)
10.クロスロード(Z会アニメーションCM「クロスロード」テーマソング)
11.BiblioMonster *新曲
12.三つ葉の結びめ(TVアニメ「凪のあすから」新EDテーマ)
13.夜明けの光をあつめながら(日本テレビ「バズリズム02」2018年1月EDテーマ)
14.春擬き(TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」OPテーマ)
15.You can count on me

<BD>
from Live “やなぎなぎ ライブツアー2018「ナッテ」”
01.snowglobe
02.時間は窓の向こう側
03.あなたはサキュレント
04.スーパーヒーロー
05.over and over
06.here and there
07.relaxin' soup feat. DJみそしるとMCごはん
08.海を込めて
09.間遠い未来
10.behind
11.play of color
12.一切は物語
13.瞑目の彼方
14.無形のアウトライン
15.砂糖玉の月
16.目覚めの岸辺
17.夜明けの光をあつめながら
18.natte
19.春擬き
20.rooter's song
21.メルト -10th ANNIVERSARY MIX-
22.ビードロ模様

『やなぎなぎ ベストアルバム -MUSEUM-』
2019年1月9日発売

【初回限定盤(CD+特典CD)】

品番:GNCA-1553
価格:¥3,800+税

【通常盤(CD)】

品番:GNCA-1554
価格:¥3,000+税

<CD>
01.over and over(TVアニメ「Just Because!」OPテーマ)
02.point at infinity(OVA「あの夏で待ってる 特別編」EDテーマ)
03.continue *新曲(PCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス ~眠れる姫君と夢の魔法使い~』主題歌)
04.トコハナ(TVアニメ「ブラック・ブレット」EDテーマソング)
05.Zoetrope(TVアニメ「AMNESIA」OPテーマ)
06.Ambivalentidea(TVアニメ「ヨルムンガンド」EDテーマ)
07.瞑目の彼方(TVアニメ「ベルセルク」EDテーマ)
08.アクアテラリウム(TVアニメ「凪のあすから」EDテーマ)
09.mnemonic(TVアニメ「凪のあすから」挿入歌)
10.オラリオン(TVアニメ「終わりのセラフ」名古屋決戦編 EDテーマ)
11.Sweet Track(日本テレビ系 「スッキリ!!」2014年 12月テーマソング)
12.未明の君と薄明の魔法(TVアニメ「色づく世界の明日から」EDテーマ)
13.砂糖玉の月(TVアニメ「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」EDテーマ)
14.ターミナル(日本テレビ系「バズリズム」2016年4月OPテーマ)
15.ビードロ模様(TVアニメ「あの夏で待ってる」EDテーマ)

<特典CD>
from Live “color palette ~2018 Black~”
01.2つの月
02.ラテラリティ
03.トコハナ
04.オラリオン
05.カザキリ
06.サーカスナイト
07.エイリアンズ
08.月灯りふんわり落ちてくる夜
09.想像の君
10.mnemonic
11.砂糖玉の月
12.CorLeonis
13.夜天幕
14.link

●ライブ情報
やなぎなぎ ライブツアー2019 -LIBLARY- & -MUSEUM-

2019年3月21日(木・祝)  開場 16:30 / 開演 17:00
東京・Zepp DiverCity Tokyo≪バンドver.≫
2019年4月13日(土)  台北・花漾Hana展演空間
※詳細は後日公開いたします。
2019年4月20日(土)   開場 16:30 / 開演 17:00
兵庫・神戸VARIT.≪アコースティックver.≫
2019年4月21日(日)  開場 16:30 / 開演 17:00
大阪・umeda TRAD≪バンドver.≫
2019年4月28日(日)   開場 16:30 / 開演 17:00
宮城・仙台Rensa≪アコースティックver.≫
2019年4月29日(月・祝)   開場 16:30 / 開演 17:00
新潟・NIIGATA LOTS≪アコースティックver.≫
2019年5月11日(土)   開場 16:30 / 開演 17:00
広島・CLUB QUATTRO≪アコースティックver.≫
2019年5月12日(日)   開場 16:30 / 開演 17:00
福岡・イムズホール≪アコースティックver.≫
2019年5月18日(土)  香港・九龍湾国際展貿中心G/F Music Zone@E-Max
※詳細は後日公開いたします。
2019年5月25日(土)   開場 16:30 / 開演 17:00
北海道・札幌cube garden≪アコースティックver.≫
2019年5月26日(日)   開場 16:30 / 開演 17:00
青森・Quarter≪アコースティックver.≫
2019年6月1日(土)   開場 16:30 / 開演 17:00
静岡・LIVE ROXY SHIZUOKA≪アコースティックver.≫
2019年6月2日(日)   開場 16:30 / 開演 17:00
愛知・名古屋Electric Lady Land≪バンドver.≫

※台北、香港公演に関しては別途後日HPにて情報を公開いたします。

チケット料金:全自由
※3/21 Zepp DiverCity Tokyo公演のみ指定席

≪アコースティックver.≫
前売 ¥6,000(消費税込み/ドリンク代別)
当日 ¥6,500(消費税込み/ドリンク代別)
≪バンドver.≫
前売 ¥6,500(消費税込み/ドリンク代別)
当日 ¥7,000(消費税込み/ドリンク代別)

チケット販売
OFFICIAL HP 2次先行予約
予約期間:2019年1月7日(月)〜1月15日(火)までローソンチケットにて (抽選)

一般販売  2019年1月19日(土)~

受付に関するお問合せ先:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人