自身初の単独・ライブツアーに抱く思いとは?“Wakana Live Tour 2018 ~時を越えて~”開催記念、Wakanaインタビュー

きっと特別なツアーになります。

──8月のライブに向けての準備はいつくらいから始められていたんですか?

Wakana ライブが決まったのは春先で、そこからすぐに歌う曲を決め、曲順をオーケストラアレンジの先生と一緒に決め、セットリストも結構早くに決まったと思います。で、そこからはずっと、どういうコンサートにしようかという意識がありました。フルオーケストラと歌うのは憧れでしたが初めてでもあったので、心配も大きかったですね。

──では、3月のイベント以降の休み中も実際にはかなり動かれていた?

Wakana そういえばそうですね。「時を越える夜に」の制作もありましたし、自分にできることを探したりトライしたり……、うん。実は歌ってました。すみません(笑)。

──(笑)。今はツアーの準備に忙しいかと思いますが。

Wakana 一人でのライブ自体が初めてなので、今回は生まれて初めての単独ライブ。ツアーです。つまりこれが最初で最後。だから、本当にみんなに見てほしいですね。8月のライブで私ができることは梶浦さんの音楽を届けることだけでした。そのとき、最後に新曲をお届けすることはすっごく悩んだんですが、みなさんからあたたかい反応をいただけたことがとてもうれしくて、それでツアーに対する勇気をもらえました。

──では、新しい曲がさらに?

Wakana そうですね。何曲とは言えない、というかわかりませんが(笑)、新曲もできるだけやりたいですし、Kalafinaとして梶浦さんの曲もやりたいという気持ちです。きっと特別なツアーになります。

──セットリストは悩みそうですね。

Wakana そこは不安もありましたが、周りの方々に支えていただき、提案もたくさんいただく中で自分が書いた曲も歌っていいと後押しされました。本当に荒削りなので、どういうふうに皆さんに発表できるかっていうのはツアーにはいらないと見えないと思いますが、むしろ私のまだまだな部分を一緒に見てもらえる機会であるとは感じています。一人でステージに立つ自分というのが私もまだみえていないので。そういうツアーになると思います。

──8月のコンサート前に行った囲み取材で「道を見つけました」と仰っていましたが、それがツアーということだったのしょうか?

Wakana あれは記者の方に「ご自分の道を見つけられたんですかね」みたいに聞かれて、「はい。自分の道を見つけました」「ツアーが決まったんです!」という感じで得意げに発表したら、ツアーのことよりも「自分の道を見つけた」という発言の方がタイトルになってしまって。インパクトがあったみたいで別の取材でも言われました(笑)。

──インパクトありました(笑)。では、今後の人生とか方向性というところを特に指したわけではなく。

Wakana あの言葉だけだと冷たい感じがしますよね。温度感が違っていて、「そうじゃないの」という気持ちが私の中ではありましたね。(記事で)いろいろと説明してくださってありがたかったんですが、「道」というのは、私自身もメンバー一人ひとりも、人間が生きていく中であるもので、その一歩を踏み出せたという感覚でした。道はずっと続いていきますし、電車の乗り換えのようにいくつものドアを開けて進んでいくものなので、あくまでその一歩という意味でした。

──今やりたいこと、いちばん進みたい道というよりは、先ほどいただいた「今の自分にできること」というシンプルな意味合いが近く感じました。

Wakana そうですね。やっぱり「私にできることがそれだけだった」というのが第一ですね。今回の提案をいただいたとき、「私にできることならやります」というのが素直な気持ちでした。「世界一周してこい」と言われたら無理ですが(笑)。

──『イッテQ』のイモトさんみたいに(笑)。

Wakana でも歌うことならできるので。だから、すぐに「やらせてください」と答えました。「果たしてみんなはどう思うだろう」という気持ちも正直ありました。実際、反対意見の方がいるのも当たり前だと思います。でも、気にしないでおこうと思ったんです。意見はいっぱいあっていいですし、押し売りも嫌なので(笑)。ただ、聴いてくれる方には届いているといいなと思います。

──そのあたりもツアーで感じ取ってほしいところですね。

Wakana さっきも言いましたがこのツアーは特殊で、Kalafinaの曲と、私が初めて作詞した新曲たちが入り交じります。こんなことはもうないと思います。なのでこのツアーをぜひ見てほしいです。まだまだ荒削りで模索中の私ですし、お客さんも「どんなWakanaが見られるんだろう」と思いながら来てくれると思います。不安な方もいっぱいいると思います。でも、一歩を踏み出そうとしている今の私をぜひ見に来てほしいですね。

Interview & Text By 清水耕司(セブンデイズウォー)
Photography By 山本哲也


●ライブ情報
Wakana Live Tour 2018 ~時を越えて~
2018年9月24日(月・祝) 開場17:15 開演18:00
【東京】EXシアター六本木 sold out
問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799

2018年9月28日(金) 開場18:00開演18:30
【福岡】ももちパレス
問い合わせ:キョードー西日本 0570-09-2424

2018年10月2日(火) 開場18:00開演18:30
【名古屋】芸術創造センター sold out
問い合わせ:サンデーフォーク 052-320-9100

2018年10月14日(日) 開場16:30開演17:00
【大阪】IMPホール sold out
問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

2018年10月17日(水)開場18:15開演19:00
【東京追加】マイナビBLITZ赤坂
問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799

チケット料金:全席指定 ¥7,500(税込) ※未就学児童入場不可

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人