TVアニメ『名探偵コナン』新OPテーマ「カウントダウン」をリリース!NormCoreインタビュー

メンバー全員が同じ音大出身という3人組ユニット・NormCoreが、8月29日に3rdシングル「カウントダウン」をリリース。この楽曲は、『名探偵コナン』の最新OPテーマ曲として、まふまふ×NormCoreという最強コラボのもとに誕生した。この楽曲の魅力をボーカルのFümiが語ってくれた。

――最新シングル「カウントダウン」が、アニメ『名探偵コナン』の最新OPテーマ曲へ起用中。この楽曲は、まふまふ×NormCoreというコラボ作品となっていますが、なぜ、今回まふまふさんと一緒に楽曲制作を行ったのか、その理由から先に聞かせてください。

Fümi 僕は「歌い手」として活動をしている頃から、ずっとまふまふさんの大ファンなんです。僕は、まふまふさんをクリエイター/ヴォーカリストの両面でリスペクトをしていて、楽曲制作やネットに於ける戦略展開面でも、とても気になる方として注目し続けています。加えて、僕も、まふまふさんと同じように高音系歌い手という面でもいろいろ学ぶことが多くて。その背景があったうえで、今回、『名探偵コナン』という大きなタイアップをいただけたことから、ずっと気になっていたまふまふさんに「ご一緒出来ませんか?」とオファーをしたところ、快諾していただけました。

――「カウントダウン」は作曲をまふまふさんが、作詞はまふまふさんとFümiさんが共同で手がけています。一緒に制作をしながら、どんな感触を得ていましたか?

Fümi 自分以外の人と一緒に制作をすることで、自分の意識や考えという枠をたやすく超えて、今まで見たことのなかった景色を味わえました。今回は作詞面での共同作業でしたが、きっと作曲面でも同じ想いを抱くと思いますね。加えて、相手がいることで、自分の内面にもあらたな変化が生まれたり、新しい要素が導き出されていって。まさにまふまふさんとの「カウントダウン」のコラボ制作は、僕はもちろん、NormCoreにとっても貴重な体験になりました。

――作詞を共作するうえで、どんな意識を共有したのかも気になります。

Fümi  まずは、お互いに『名探偵コナン』のどの部分にフォーカスを当てたいかのアイデアを出しあいました。そこで、互いの中から出てきたのが「コナン君と蘭ちゃんの関係性」というベーシックなところで。最近は、いろんな新しいキャラクターたちが物語の世界観を彩っていますけど、僕はもちろん、まふまふさんも、小さい頃に家族で夕御飯を食べる時間帯に『名探偵コナン』を楽しんでいた世代。その頃の物語の中心となっていたのがコナン君と蘭ちゃんだったので、自然とそこにフォーカスをあてて、互いに、想いを深く掘り下げるように歌詞を書く作業を進めていました。

――「カウントダウン」の歌詞は、DEAD OR ALIVE感にも似た、とてもスリリングさを持った内容ですね。具体的に、どんな想いや狙いを持って掘り下げたのかも気になります。

Fümi  全体的に心がけたのが、スリリングかつミステリアスな内容に、ということ。ただし表現に関しては、具体的にというよりも、そこは事件の謎を読み解いていく『名探偵コナン』の世界観のように、あえて抽象的な表現を用いながら、受け止めた人それぞれに解釈を広げていける。別の言い方をするなら、「聴いた人なりの解釈が、その人の答えや真実になればいい」という感覚で書きました。十人十色の解釈が生まれるって素敵なことだなとも僕は思っています。

――「カウントダウン」の答えを導き出すのは、聴いた皆さんだと。

Fümi そういうことでよろしくお願いします(笑)。

――「カウントダウン」が、アニメ映像と重なったとき、どんな想いを抱きましたか?

Fümi  「めっちゃいい映像!!」というのが、初めて観たときの素直な感想でした。タイアップ作品って、映像だけが良くても、楽曲だけが良くても駄目なんですよね。互いに足し算ではなく掛け算になってこそ、本当の意味で視聴者の方々の記憶に残る作品になると思っています。それを、しっかり作り上げられたうれしさがありました。

――「カウントダウン」では、得意のハイトーンヴォイスの魅力を遺憾なく発揮されていますが、同時に楽曲自体に、まふまふさんらしいテイストも強く感じました。

Fümi その言葉はうれしいです。まふまふさんに頼んだ以上、僕自身も「まふまふ楽曲の持つエッセンス」を求めていたので。「カウントダウン」を聴いた方にも、それを感じていただけたのであればうれしいですね。

――シングルのカップリングには、「モハンカイトウ」を収録。こちらでは声色を変えていて、2曲続けて聴いたとき、「えっ、同じ人?」と疑うくらい、異なる表情を持った歌声にうれしい驚きを覚えました。

Fümi あー、それは良かった。今回は、あえてコントラストを出そうと思ったので、そういう印象を持っていただけたのはうれしいです。

――NormCoreの魅力のひとつが、楽曲によってFümiさんの多彩な歌声の表情を味わえること。そこは、あえて意識して付けていることなのでしょうか?

Fümi 意識してるというよりは、それは当たり前のことだと思っています。例えば、人が怒っているときの声と、愛する人に対して接するときの声の色って全然異なるのと同じように、楽曲もまた、その歌に込めた感情に合わせて歌声の色が変わるのは当たり前のことなんです。僕は、その楽曲が求める想いに合わせた歌声で歌っている。その結果として、いろんな声色に聴こえてるのであれば、それは僕らの意図した通りに想いが伝わっていることだと思います。

――「カウントダウン」も「モハンカイトウ」も、Fümiさんは自分の気持ちへ問いかけるように想いを歌詞へ綴っているように感じます。

Fümi 僕は、みんなに問いかけたいというよりも、自分自身へ向き合うことで毎回精一杯なんです。歌詞に関しても、無理に共感してもらわなくていいんです。それよりも、NormCoreの楽曲を聴いた人たちが「この人もこういう気持ちなんだ、じゃあ自分だって」と、少しでも気持ちが楽になればいいなと思っていて。「モハンカイトウ」に投影したのは、自分がなりたかった大人像。僕は若い子たちに「みんながみんな心をがんじがらめに縛りつける大人じゃないんだよ」「世の中にはいろんな選択肢があるんだから、自分でその道を選べばいいし、その道がないのなら自分で作ればいい」「もちろん、テンプレートされた道を選ぶのだって構わない。要は自分次第なんだよ」ということを言いたかったし、「こんな大人だっているんだよ」ということを知ってほしかった。何より、「そういう想いを真心を込めて伝えてゆける発信者になれたらいいな」という僕自身の想いを、「モハンカイトウ」には詰め込みました。

――何事も、そうですよね。最終的な判断を下すのは誰かではなく自分自身で。

Fümi  そうなんです。自分の中で明確な道が見えてるのであれば、僕は敷かれたレールの上に乗って進むのだって悪いことじゃないと思ってます。それこそ、ある程度の目的地までレールの上を走りながら、途中で降りて、そこから自分ひとりの力で目的地まで進むことだってひとつの生き方だと思う。今は便利な世の中で、GPSで自分の居る位置情報を確認出来れば、ナビゲートシステムに沿って目的地まで行くことだって出来る時代。ただし、自分で行きたい場所が見えてないことには、進みようがないのも事実。「じゃあ、自分はどう生きれば良いのか」「自分は大切な人にとってどんな存在でありたいのか」「自分の意志さえしっかり持っていれば、それをわかってくれる人に絶対に会えるから、今に絶望せずに生きてほしい」。そんな気持ちも「モハンカイトウ」から感じていただけたらなと思います。

――NormCoreの楽曲に心奮い立たせられるのは、その言葉に答えまでは記されていなくても、真っ直ぐな想いを真摯にぶつけているからなんでしょうね。

Fümi 「100%夢はかなうよ」と歌うのも素晴らしいし、そういう役目を持ったアーティストの方もいるからこそ、そういう曲たちが生まれ、支持されていくのもわかります。ただし、それは僕らNormCoreの役目ではない。僕らは、その想いがネガティブだろうと、痛みを覚える気持ちさえも正直に伝えたいし、それがNormCoreの役割なんだと思っています。なので、これからも「その瞬間瞬間に感じた素直な気持ち」を、NormCoreは歌にしていきたいと思います。

Interview & Text By 長澤智典


●リリース情報
NormCore 3rd Single
『名探偵コナン』OPテーマ
「カウントダウン」
8月29日発売

「カウントダウン」
作詞:まふまふ Fümi 作曲:まふまふ
編曲:三矢禅晃 コーラスアレンジ:まふまふ

【名探偵コナン盤(CD+DVD)】

品番:JBCZ-6090
価格:¥1,852+税

<CD>
1.カウントダウン
2.モハンカイトウ
3.カウントダウン -TV Edit-
4.カウントダウン -Instrumental-

<DVD>
「カウントダウン」名探偵コナンオープニングノンクレジットVer.
※封入特典:オープニングシーンセレクトまるかくカンバッジ (全3種中1種ランダム封入)

【初回限定盤(CD+DVD)】

品番:JBCZ-6091
価格:¥1,389+税

<CD>
1.カウントダウン
2.モハンカイトウ
3.カウントダウン -Instrumental-

<DVD>
「カウントダウン」MUSIC VIDEO & オフショット

【通常盤(CD)】

品番:JBCZ-6092
価格:¥926+税

<CD>
1.カウントダウン
2.モハンカイトウ
3.カウントダウン -Instrumental-

●ライブ情報
ワンマンライブ
“NormCore Night Vol.2”
2018年9月8日(土)
会場:CIRCUS Tokyo

チケット発売中

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人