GRANRODEOのKISHOWの故郷・山口県宇部市での凱旋公演終了!10月に初のコンセプト・ミニ・アルバムのリリースを発表!

現在好評放送中の人気アニメ『バキ』のOPテーマ「BEASTFUL」がスマッシュヒット中の人気ロックユニットGRANRODEOが8月11日、ボーカル・KISHOWの地元である山口県宇部市の渡辺翁記念会館にて、“GRANRODEO LIVE 2018 KISHOW 宇部凱旋 ロデオぶるとっぴん~暑ぅてわやになりそうじゃけえ皆でぶち盛り上がろうや~”を開催。

KISHOWの誕生日でもあったこの日のチケットは即日ソールドアウト。
生まれ故郷でバースデーを一緒に祝おうと、約1300人のファンが全国から集結。
フジテレビTWOでは生中継も行われた。

映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』のOP主題歌「Deadly Drive」からスタートしたライブは、KISHOWが結成以来初めてセットリストをすべて考えたという、Wアンコールを含めた全20曲を演奏。

最新曲の「BEASTFUL」や、ライブ初披露となった新曲「アサメシマエのヤサシイセカイ」のほか、「Punky Funky Love」や「少年の果て」、「変幻自在のマジカルスター」などのシングルナンバーと、バラエティに富んだライブの人気ナンバーを織り交ぜ、MCではKISHOWが宇部弁でファンに語りかけるひと幕も。
今年5月に新潟県十日町市で開催されたe-ZUKA(Gt)の地元凱旋公演以来GRANRODEOワンマン自体も約3カ月ぶりとあって、約2時間半のステージはオープニングからエンディングまで、止むことのない熱気に包まれていた。

凱旋公演、そしてバースデーライブならではの演出も盛りだくさんだった。
オープニグアクトには、KISHOWの母校である宇部中央高校軽音部のガールズバンド・Poifulが登場し、GRANRODEOの代表曲のひとつ「Go For It!」を演奏。

幕間では宇部中央高校校歌が流れ、アンコールではKISHOWが学生時代に友人と組んだバンドでコピーしていたというユニコーンの「おかしな2人」をカバーするなど、スペシャルなパフォーマンスで会場を沸かせた。

そして、10月24日にGRANRODEO初のコンセプト・ミニ・アルバム『M・S COWBOYの逆襲』がリリースされるというサプライズなニュースが届けられ、ハートフルでプライスレスな一夜はヒットナンバー「Can Do」でハッピーに締めくくられた。

山口県宇部市凱旋公演ライブ写真
Photo By キセキミチコ


●リリース情報
GRANRODEO初のコンセプトミニアルバム
『M・S COWBOYの逆襲』
10月24日発売

【初回限定盤(CD+BD)】
品番:LACA-35739
価格:¥2,900+税

【通常盤(CD Only)】
品番:LACA-15739
価格:¥2,200+税

※初回限定盤のみリード曲のMusic Clipを収録

●ライブ情報
“GRANRODEO LIVE 2018 G13 ROCK☆SHOW”
2018年12月8日(土)/12月9日(日)
会場:大阪城ホール

他、詳細は後日発表。

<GRANRODEO プロフィール>
ヴォーカルのKISHOWとギターのe-ZUKAによるロックユニット。
2005年「Go For It! 」でランティスよりデビュー。以降、数々のアニメ主題歌を担当。
これまでに28枚のシングルと7枚のオリジナルアルバムをリリース。
2017年2月にリリースした7thアルバム「Pierrot Dancin’」は、オリコンウィークリーチャート初登場3位を獲得。
結成5周年を迎えた2010年に武道館でワンマンライブを開催。
男性声優がアーティストとして武道館でワンマンライブを開催したのはGRANRODEOのKISHOWが初。

以降、全国ホールツアーや野外公演、主催フェス開催など着々と動員を伸ばし、2012年には横浜アリーナ2Days、2014年にはさいたまスーパーアリーナ・大阪城ホールでのワンマンライブを開催。
結成10周年を迎えた2015年には、幕張メッセ国際展示場1~3ホールにて2Daysワンマンを開催。

ずば抜けたパフォーマンス力の高さは業界内からも高い支持を得ており、
昨今では「SUMMER SONIC」などのフェスにも出演。
2018年には、満を辞して初の海外公演も決定!
アニソンアーティストの枠に囚われない幅広いフィールドでの活動で、ファン層拡大中!
詳しくは、GRANRODEO公式HPをご確認ください。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人