梶浦由記 独立後初のライブ『Yuki Kajiura LIVE vol.#14 “25th Anniversary Special ”』開催!

梶浦由記のライブツアー「Yuki Kajiura LIVE vol.#14 “25th Anniversary Special”」初日公演が6月30日、千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された。

前回の「Yuki Kajiura LIVE Vol.#13 “~featuring SWORD ART ONLINE~”」から約2年ぶりとなる今回の「Yuki Kajiura LIVE vol.#14」は、文字通り梶浦の音楽活動25周年のアニバーサリーツアーであると同時に、長年所属したマネジメント事務所から今年2月に独立してから初めてのツアーでもある。

全公演のチケットは追加公演含め即完売。ツアー初日のこの日もグッズ販売のブースに長い列が伸びており、ライブの前から参加者の期待と熱気が会場に満ちあふれる中、いよいよ開演の時を迎えた。

梶浦由記(Piano・Chorus)のグランドピアノを囲むように、是永巧一(Guitar)/佐藤強一(Drums)/高橋“Jr.”知治(Bass)/城元絢花(Violin)/赤木りえ(Flute)/大平佳男(Manipulator)と3人のボーカリスト:KAORI/YURIKO KAIDA/ASUKA(結城アイラ)がスタンバイする中、円形に張り出した舞台の中央にもう1人のボーカル=Joelleがせり上がってくると、2000人を超えるオーディエンスから大歓声が巻き起こる。

「fiction」「forest」をはじめ梶浦ソロ名義のアルバムからの楽曲、「everlasting song」「dream scape」などFictionJunctionの楽曲、そして「longing」(『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』)、「lancer and assassin」(劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』)といったサウンドトラック曲群まで、梶浦の表現世界を高純度で凝縮したような、シネマティックで神秘的な音楽空間が繰り広げられていった。

曲によって2人/3人/4人編成とフォーメーションを変えながら、澄み切ったコーラスワークを展開していく4人の歌姫。さらに、「lotus」ではこの日のゲストボーカル=戸丸華江が登場。色彩感豊かに鳴り渡るアンサンブルを、凛としたハイトーンでひときわ美しく彩ってみせた。なお、今回のツアーではライブごとに日替わりのゲストボーカルが出演、1ステージごとに唯一無二の響きを生み出しているのも見逃せない。

「今年独立し、皆さまに音楽を自分の意志で届けられるように、FictionJunction Musicという会社を立ち上げました」と梶浦はライブ中のMCで観客に伝えていた。また、秋には新たにファンクラブを設立することも発表。25周年の「その先」へ向かう梶浦の意志と音楽探究心が、壮麗な歌と音像とともに確かに立ち昇ってくる、珠玉の名演だった。

「Yuki Kajiura LIVE vol.#14 “25th Anniversary Special”」はツアーファイナルの7月22日・中野サンプラザホール公演(追加公演)まで全5公演にわたって開催される。


●ライブ情報
「Yuki Kajiura LIVE vol.#14 “25th Anniversary Special”」
2018年6月30日(土) 千葉・舞浜アンフィシアター
2018年7月1日(日) 千葉・舞浜アンフィシアター
2018年7月12日(木) 大阪・NHK大阪ホール
2018年7月15日(日) 千葉・舞浜アンフィシアター
2018年7月22日(日) 東京・中野サンプラザホール[※追加公演]

出演
[Piano & Chorus]梶浦由記
[Vocal] KAORI, YURIKO KAIDA, Joelle, ASUKA(結城アイラ:Except 7/1)
[Guest Vocal] 笠原由里(7/15, 7/22), 伊東えり(7/12, 7/22), 戸丸華江(6/30, 7/22),Remi(7/1, 7/22)
[Guitar]是永巧一
[Drums]佐藤強一
[Bass]高橋“Jr.”知治
[Violin]今野均(7/12, 7/15, 7/22)、城元絢花(6/30, 7/1)
[Flute]赤木りえ
[Manipulator]大平佳男

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人