デビュー10周年記念アルバムをリリース!吉田仁美『10rder』インタビュー

今年、歌手デビュー10周年を迎えた吉田仁美。彼女が、10年間の歩みを集約した全17曲入りのベスト盤『10rder』(ワンオーダー)が発売される。

アルバムには、デビュー曲となったアニメ『我が家のお稲荷さま。』の主題歌「KI-ZU-NA~遙かなる者へ」を筆頭に、アニメ『そらのおとしもの』主題歌や『スマイルプリキュア!』『ドキドキ!プリキュア』『ハピネスチャージプリキュア!』のED曲など、吉田仁美を語るうえで欠かせない楽曲たちはもちろん、配信限定曲などの初CD化となる歌たちも収録。さらに最新曲『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』関連曲に加え、書き下ろしの新曲「a little star」も収録と盛りだくさんの内容となっている。

――仁美さん、今年はデビュー10年目の年になるんですね。

吉田仁美 そうなんですよぉ。なんかね、気がつけば10年。自分でも「あっと言う間だなぁ」と思ってるんですけど。こうやって、改めて収録した曲たちを眺めていると、「たくさん歌わせていただけたんだなぁ」という想いも感じます。しかも、曲調が幅広いじゃないですか。だから毎回が挑戦だったと言いますか、1曲1曲、目の前のことへ一生懸命に向き合っていたら10年経ってたという感覚なんです。

――ベスト盤『10rder』はアニメのテーマ曲などタイアップ歌を中心に収録。仁美さんのイメージとも重なる、明るく開放的な曲調の多い作品……でもありますが、意外性を持った表情もあるように、改めて幅広く歌ってきたんだなと感じさせられました。

吉田 いろんなカラーを持った作品のテーマ曲を歌ってきましたからね。しかも、オープニングとエンディングでは曲調が違えば、その作品の持つ色へどう歌声を寄り添えるかも毎回考えながら歌ってきました。それが、結果的にわたしの歌声に幅広さを与えてくれたのかなとも改めて感じます。 とはいえ、今回はタイアップ曲が中心なので、明るく弾けた表情を軸に構成しています。

――ベスト盤には、『スマイルプリキュア!』『ドキドキ!プリキュア』『ハピネスチャージプリキュア!』など、仁美さんの顔とも言える『プリキュア』シリーズのナンバーも収録しています。

吉田 このベスト盤『10rder』は日本コロムビアさんからの発売なんですけど、『プリキュア』シリーズのリリースはマーベラスさんじゃないですか。だけど今回、「吉田仁美の10年間のベスト盤を作る」ということからマーベラスさんにご協力いただき、こうやってテーマ曲たちも収録させてもらうことができました。今年は、わたしも初めてスーパー戦隊シリーズ主題歌として『快盗戦隊ルパンレンジャー VS警察戦隊パトレンジャー』のOPテーマ「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」をProject.R(吉田達彦、吉田仁美)として歌わせていただいてるんですけど、まさかの“『プリキュア』ナンバーと『スーパー戦隊シリーズ』のナンバーが1枚のアルバムに入る”という、普通ならなかなかあり得ないことが実現できたのもうれしかったことでした。

――日曜朝の人気2番組のテーマ曲を1枚に収めるとは、まさに奇跡のようなことですからね。

吉田 本当にありがたい話です。そういうお子さま向けの歌もあれば、深夜に放送しているアニメのテーマ曲も一緒に入っているのが、この『10rder』というアルバムなんです。同じ疾走感でも、大人向けと子ども向けでは表情の異なる歌声になっているところも聴いてほしいなと思います。

――他にもアルバムには、いろんな作品の挿入歌はもちろん、キャラクターソングまで収録しています。

吉田 キャラクターソングも私を語るうえでは大切な歌なので、それも作品ごとにいろいろご協力いただき収録することができました。

――うれしい驚きだったのが、アニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』で、ろこどるの流川ガールズも歌っていた「魚心くんソング」の“幻のオリジナル・ヴァージョン”を収録していたことでした。この歌を仁美さんが歌っていたのも驚きなら、楽曲も、かなりインパクトがありますからね。

吉田 発売したヴォーカルアルバムの中では、大空みゆきとクレジットされているように、私の名前を表には出していなかったんですけど、ここで、私が歌っていることを改めて発表させていただきました(笑)。この歌、かなりの変化球なので、「こういう表情も歌ってるんだ」というのを感じてもらえたらうれしいですね。

――『プリキュア』ナンバーのような仁美さんらしい直球勝負の歌から、「魚心くんソング」で見せた変化球まで、本当に多彩な歌声の表情を味わえました。その表現の多様さが仁美さんの歌い手としての魅力なんでしょうね。

吉田 いえいえいえ、どの歌も毎回が挑戦です。私、歌も演技ものめり込んでく性格だから、そこへ到達したうえで表現していくまでが大変ですし。終わったら終わったで、その歌の世界観や演じたキャラクターを引きずることも多いから、その後何時間か、性格まで何時もと変わってしまうこともあるくらいなんです(笑)。

――そこまでのめり込めるところが、アーティスト/役者魂ですよね。ベスト盤『10rder』へ収録した曲の中でも、そういうエピソード話があったら教えてください。

吉田 これは、のめり込んだとは異なるパターンなんですけど、アニメ『そらのおとしもの』でヒロインのイカロスを演じた早見沙織ちゃんと一緒にblue dropsというユニットを組んでテーマ曲などを歌ったんですけど、中でも私はEDテーマの「帰るから(Piano Version)」が大好きなんですね。ただし、歌うときは、イカロスの心情は早見沙織ちゃんが担当し、私はそこではない視点で作品を捉え歌うことが要求されたんですけど、つい、イカロスの気持ちに引っ張られ泣きそうになってしまうから、そこじゃない感情へいかに持っていくかで歌うのに苦労したことを覚えてます。blue dropsとして歌う際、ヒロインの心情は演じている早見沙織ちゃんが担う役割でした。そこで、私も同じ心情になって歌ったらユニットとして歌う意味がないので、ヒロインの心情も把握しながら、『そらのおとしもの』の世界観をどう歌声に投影していくかを考えながら歌っていたことを思い出します。そのへんも感じていただきながら聴いてくれたらうれしいです。

――デュエットと言えば、『快盗戦隊ルパンレンジャー VS警察戦隊パトレンジャー』のOPテーマ「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」をProject.R(吉田達彦、吉田仁美)として歌唱。あの掛け合いも衝撃的でした。もしや、男性と一緒に歌うのは……。

吉田 10年目にして初になりました。ただし、デュエットと言っても、聴いていただけたらわかるように特殊な楽曲じゃないですか。しかも、これまで私が歌ってきた歌のなか、ここまで毛色の違う曲を10年目で歌わせてもらえた面でも、とても挑戦のしがいがあったし、吉田仁美の歌の世界へ新しい表情を加えられたことはうれしい自信にもなりました。歌の中身が気になる方は、ぜひ聴いて確かめてください(笑)。

――スーパー戦隊シリーズで女性を起用したのは、久しぶりですからね。

吉田 OPテーマとして考えたら、『未来戦隊タイムレンジャー』で歌った佐々木久美さん以来18年ぶりだそうです。40年以上続くスーパー戦隊シリーズのなか、女性が歌ったOP主題歌は本当に少ないので、果たして次も歌えるのか……と考えたら、本当に貴重でありがたいチャンスをいただけたなと思います。ほかにも印象深いと言えば、アニメ『いとしのムーコ』の主題歌「SUKI!SUKI!SUKI!」かな。私が演じたムーコは犬なんですね。だからムーコの心情となり、飼い主のコマツさんへの愛情が伝わるように想いを真っ直ぐに。それこそ、少し下手に聴こえるくらいがいいなと思って歌ったので、その歌声の表情も楽しんでもらえたらなと思います。

――デビュー曲となったアニメ『我が家のお稲荷さま。』の主題歌「KI-ZU-NA~遙かなる者へ」も、改めて聞き直すと「大人っぽい歌声だったんだなぁ」と感じました。

吉田 もしかしたら、このベスト盤の中ではいちばん大人っぽい表情かも知れないですよね。あのときは、初めてアニソンを歌うことから右も左もわからず状態。ただただ一生懸命に歌ってたと言いますか、「わかんないなら当たって砕けろ。砕けたってまだ何も痛くないや」くらいの気持ちで歌入れに挑んだことも良かったんでしょうね。改めて、いちばん染まってない状態で歌えた声になってるなぁと感じました。

――ベスト盤『10rder』には、新曲としてバラードの「a little star」も収録しています。

吉田 10周年を記念する新曲をということから、私がアニソンを歌う前、まだ「うたっておどろんぱ!」で歌のお姉さんをやっているときに本当にお世話になった方と言いますか。それまでぜんぜん歌えなかった私を歌の面で鍛え、成長させてくださった大森俊之先生に楽曲をお願いしました。作詞は、私がアニソンシンガーとして歌い始めた当初から10年間一緒に歩み続けて、私の持ち歌でいちばん多くの楽曲を手がけてくださっている三浦誠司さんにお願いしています。

――それぞれ、どんなふうに依頼したのかも教えてください。

吉田 大森先生には、「ベスト盤はテンションの高い曲たちが中心なので、ちょっと落ち着いたバラードを。しかも壮大なおっきい世界観ではなく、身近に寄り添えるバラードで」とお願いしました。三浦さんには、この10年間の想いや、今の私、これからのことなどを語った中から、うまく「これまでとこれからの吉田仁美」としての想いを、暖かい歌詞として書いていただきました。

――完成したベスト盤『10rder』、今の仁美さんにとってどんな意味を持つ作品になりましたか?

吉田 ここには、吉田仁美の歌を通した10年の歴史が詰め込まれています。どの楽曲も本当に思い入れが強いように、1曲ごとに当時の風景が思い起こされる作品にもなりました。

――7月7日にはスターパインズカフェ吉祥寺を舞台に、ゲストに仲谷明香さん、米倉千尋さんを迎え昼夜公演「吉田仁美デビュー10周年ライブ~10rder~」を行います。タイトルへも記してあるように、今回はベスト盤『10rder』を中心とした内容になる形ですよね。

吉田 ベスト盤『10rder』を中心に行うので、ぜひ予習をして遊びに来てください。そのうえで、昼公演と夜公演では少し構成も変えています。あえて言葉にするなら、仲谷明香ちゃんがゲストの昼公演は、声優としての私を応援してくださっている方はより楽しめると思います。米倉千尋さんをゲストに迎えた夜公演では、アーティストとしての私を応援してくださっている方ほどより楽しめると思います。この日は、普段歌わない楽曲も用意しているので、ぜひ一緒に楽しい時間を過ごせたらなと思います。

――最後に、改めてメッセージをお願いします。

吉田 皆さんのおかげで、ありがたいことに10周年を迎えることができました。出会ったタイミングはそれぞれ異なると思いますが、私と出会った頃のことを、このベスト盤『10rder』をとおして振り返っていただいたり、「あっ、こういう曲も歌ってるんだ」と新しい発見をしてもらったりなど、いろんな吉田仁美の歌を楽しんでもらえたらなと思います。何より、これからもみんなと一緒に歩んでいきたいんです。私も、今までと変わることなく一歩一歩しっかり踏みしめながら進み続けますから、ぜひ、皆様のお力添えをいただけたらうれしいです。これからも、よろしくお願いします。

Interview & Text By 長澤智典


●リリース情報
吉田仁美BEST
『10rder』
6月27日発売

品番:COCX-40395
価格:¥2,500+税

<収録内容>
・a little star《新曲》
作詞:三浦誠司、作曲・編曲:大森俊之
・KI-ZU-NA 〜遥かなる者へ(TVアニメ『我が家のお稲荷さま。』OPテーマ)
・奇跡〜I believe in you〜(TVアニメ『我が家のお稲荷さま。』挿入歌)
・Ring My Bell (Main Vocal Hitomi)(TVアニメ『そらのおとしもの』OPテーマ)
・SECOND (Main Vocal Hitomi)(映画『劇場版 そらのおとしもの 時計じかけの哀女神』主題歌)
・ハートの確率 (Main Vocal Hitomi)(TVアニメ『そらのおとしものf』OPテーマ)
・Chase You Up!パトレンジャー(『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』警察戦隊パトレンジャー テーマソング)
・Utopia Blue(『パチスロ そらのおとしものフォルテ』使用曲)
・帰るから (Piano Version)(TVアニメ『そらのおとしものf』EDテーマ)
・魚心くんソング(幻のオリジナル・ヴァージョン)(TVアニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』イメージソング)
・ルパンレンジャーVSパトレンジャー(『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』OPテーマ)
・イェイ! イェイ! イェイ!(TVアニメ『スマイルプリキュア!』前期EDテーマ)
・この空の向こう(TVアニメ『ドキドキ!プリキュア』前期EDテーマ)
・プリキュア・メモリ(TVアニメ『ハピネスチャージプリキュア!』 前期EDテーマ)
・満開*スマイル!(TVアニメ『スマイルプリキュア!』後期EDテーマ)
・SUKI!SUKI!SUKI!(TVアニメ『いとしのムーコ』主題歌)
・Go My Way(『デジモンアドベンチャー tri.』 「太刀川ミミ」キャラクターソング)

●ライブ情報
吉田仁美 デビュー10周年ライブ ~10rder~
7月7日(土)
時間:昼公演:開演14時 ゲスト:仲谷明香
時間:夜公演:開演19時 ゲスト:米倉千尋

会場:スターパインズカフェ吉祥寺

一般販売中
・e+
・ぴあ(Pコード:117-045)

<吉田仁美 プロフィール>
7月13日 生まれ。アミュレート所属。千葉県出身。
幼いころから女優、声優、歌手として活躍中。
女優としては、NHK教育『うたっておどろんぱ!』(ひとみ 役)、ミュージカル『薄桜鬼~斎藤一編~』(雪村千鶴 役)、ミュージカル『星の王子さま』(主演:王子さま 役)など多岐にわたって出演。
声優としては、テレビアニメ『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』(相川実優羽 役)、『デジモンアドベンチャーtri.』(太刀川ミミ 役)、テレビアニメ『おまかせ!みらくるキャット団』(りんのすけ 役)、『ハピネスチャージプリキュア!』(オハナ/キュアサンセット 役)、『ラブリームービーいとしのムーコ』『テレビアニメいとしのムーコ』(主演:ムーコ 役)、テレビアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』(三浦ハル 役)の他、現在放送中の教育・音楽番組『おかあさんといっしょ“ガラピコぷ〜”』(チョロミー 役)など、数多くの作品に出演している。

2008年に歌手デビューをし、テレビアニメ『そらのおとしもの』のオープニングテーマやエンディングテーマ、「プリキュアシリーズ」の『スマイルプリキュア!』『ドキドキ!プリキュア』『ハピネスチャージプリキュア!』のエンディングテーマなどを担当。現在放送中のスーパー戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』オープニングテーマ「ルパンレンジャーVSパトレンジャー」をProject.Rとして歌唱している。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人