TVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』遠月列車篇OPテーマを担当!ラックライフ「シンボル」インタビュー

最近では「文豪ストレイドッグス」とのシンクロ度の高い楽曲のイメージも強いラックライフが、今度はTVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』遠月列車篇とのコラボレーションを果たす。週刊少年ジャンプで連載される超人気の王道少年マンガとの邂逅によってラックライフが生み出したものとは。PONを直撃した。

――ついに週刊少年ジャンプ作品とのコラボレーション!

PON ついにですよ!夢がかないました。

――友情、努力、勝利。そのテーマを思う存分に描けますね。

PON もう「任せろ!」ですよ。僕的にも。

――TVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』遠月列車篇のOPのお話が来たときにはどのような感想でしたか?

PON 自分がリアルに読んでいた雑誌、しかもリアルに読んでいた作品ということもあって、話を聞いたときには「マジっすか!?」という驚きでしたね。ずっと。その前にnano.RIPEが主題歌をやっていたのを見て「いいなぁ~」ってずっと思っていたこともあって、「ついにキターー!」と思いましたね。

――だとすると、これまでに作って来た楽曲とは心意気も違って……

PON いや。作ってみたら一緒でした(笑)。

――音色や展開に違いはなかった?ジャンプ作品なだけに。

PON ジャンプだから、というのはなかったですね。でも『食戟のソーマ』だから、というのはありました。そこは作品によってイメージはそれぞれありますし、『食戟のソーマ』だからこそ、どんなふうに描くかな、ということは考えましたね。

――まず最初に『食戟のソーマ』を思い浮かべて、どんなテーマが出て来ましたか?

PON 湧いたイメージは「中華鍋」です。

――「中華鍋」?

PON オープニング映像で、主人公の幸平創真が中華鍋をブワァァァっと振って、チャーハンや野菜が飛び上がって、火もブワァァァァと舞い上がっていくのを想像しながら、「それってどんな音が鳴っているかな」と音を探っていきました。ちょっとギラギラした、尖ったカッコいい感じの熱いロックかな、と考え至って、それから取り掛かりましたね。そこから「いくつかデモを作ってみるから、そこからご意見をくだされ」という感じで何パターンか作ったものをメンバーに投げて、「これを聴いてどんなイメージ?」って話をしていくなかで「これだ」と。メンバーの意見を聴いたときには、みんなの意見は一択でしたね。「ええやん」って。それが「シンボル」ですね。

――何パターンかのデモを作りながら「シンボル」が出てきたときには、作ったご自身ではどんなことを感じたんですか?

PON 「めっちゃカッコいい」と思いましたね、シンプルに。作っているうちにタイアップ曲だということも忘れてました。最初はイメージもあって、原作からヒントをもらいながら作品を思い浮かべて楽曲制作に取り掛かるんですけど、歌詞を書き出した頃にはもう、タイアップのことは忘れちゃうんです。毎回、タイアップのときには楽曲を作るとっかかりとなる、最初のヒントはもらうんですけど。今回に関しては、ライブハウスのことだけを歌っているんです。「食戟のソーマ」で言うと、遠月学園高等部があって、創真たちのいる極星寮があって、それぞれ夢があって、得意料理があって、それをお互いに共有し合ってそれをがヒントにしたりとかしながら敵と戦っていく。そんな姿と、ライブハウスでずっと、10年やってきたことと重ねたんですよね。

――ラックライフのリアルとリンクした?

PON そうです。僕らもずっと一緒にやり続けてるバンドがいたりもして、そういう連中と対バンでライブをしたあとに打ち上げで「俺らはもっとこうなりたい」「こんなことがしたい」って夢の話をめちゃくちゃしたり、「こういうところがお前らはカッコいいよな」みたいにお互いを認め合って、「でも負けない」という競争心もある。それを飽きもせずに10年続けてきたことを重ねて歌にしたら、「食戟のソーマ」のオープニング曲として、ラックライフの曲として、しっくりくるんじゃないだろうかって思いながらやっていましたね。

――テーマの起源はタイアップ作品からもらうけど、結果としては向き合っていくうちにラックライフの歌になっていくんですね。

PON もう最初の重なる部分だけを見つければ、そこからは俺の物にしようって思うんです。そこからは目一杯本当のことを歌うから、絶対にピッタリになる。そんな気持ちですね。

――初タイアップだったのが2015年リリースの「変わらない空」(アニメ『純情ロマンチカ3』ED曲)だったわけですが、当時から考えると、タイアップ曲とご自身の楽曲の親和性の深さにしても、無理のない、すごくナチュラルな形での制作になってきているように感じますね。

PON 自信がついたというか。「原作にインスパイアされて湧き出た自分の気持ちを歌うことで伝わるんだな」ということを、「すごく良かったです」とか「作品と合っていました」という頂いた感想や反応から感じられたんです。自分のやり方は間違っていない。この方法で歌を作っても大丈夫なんだ、という自信をここまでの経験のなかでもらったのは大きいです。だからこそ自信を持って、(楽曲の)きっかけを探して、自分に嘘をつかずに歌う、ということがこの2年間で見つけたラックライフのスタンスだな、と思います。

――そんな「シンボル」ですが、楽曲を作っていくなかではどのようなことを意識しましたか?

PON 料理をしているイメージや、中華鍋に調理器具が当たるような音だったり、のイメージですね。それが尖った音の感じやロックなイメージに繋がっていったと思います。それと今回は「遠月列車篇」ということで、「列車」というキーワードがあったんです。だから列車を想像させるようなイメージというところで、Aメロの、スピード感はあるけど地べたを這っていくようなビートは湧きました。そういった部分を意識しながら作りました。

――その「シンボル」で幕開けする「遠月列車篇」ですが、そもそもの『食戟のソーマ』に対してはどんな印象がありますか?魅力はどんなところにあると思いますか?

PON 魅力はやっぱり、キャラクターだと思います。めっちゃいる。しかもみんな、めっちゃいいキャラクターをしてる。新しいキャラが出てくるたびに「またカッコいいのが出てきたなぁ」って思っちゃうんですよね。しかもそれぞれが武器を持っている。それがシンプルでカッコいいんですよ。「このジャンルでは俺は負けない」というような得意分野がある。そういうところに憧れます。

――この音楽シーンに於いて、ラックライフの「武器」というと?

PON 丸裸感ですね。カッコつけたり、きれい事を言ってないんです。きれい事のような表現があったとしてもそれは本気で言ってることだし、ホンマの自分を歌っているぞ、というのはひとつの武器かなと思います。ノンフィクションで歌っている。俺が歌わなきゃそれは真実ではない、くらいの歌をやっていることがラックライフの武器かなと思うようになりました。

――そんなスタンスの元で『食戟のソーマ』にインスパイアされて生まれた一曲に「シンボル」とつけたのは何故ですか?

PON ライブハウスでのことを想いながら、なんでこんなに長いことやってこれているのかなと思ったときに、仲間も自分たちも初期衝動を持ち続けているからだ、ということに思い至ったんです。「あのとき観たライブでのあの場面が忘れられない」であったり、「初めて観たライブで涙を流したことを今も憶えている」であったり、「初めて満員のライブハウスでライブをしたこと」だったり。そういう初期衝動について話しながら飲んでいたことがあるんですね。自分がずっと音楽を続けてこられているのは、そういう気持ちを忘れずにいられるから。それが今も燃えて燃えて、原動力になっているんだろうなって思ったんです。その火を絶やすことなくどこまでもやっていきたいし、その気持ちのままで走っていきたい気持ちがあって。もちろん昔の自分たちが思い描いていた理想にはまだ届いていないし、かなえられていない夢もたくさんあることはもどかしいんですが、お互いにもっと頑張ってもっと先で再会したときまで頑張りたい。この曲って「今が最高」だけど「このままではいられない」という両方の気持ちを綴っているんです。きっと創真たちもそうだと思うんです。この気持ちをシンボルとして、夢をかなえるために進んでいく。一生懸命にやっていく中で倒さなきゃいけない相手がいるし、強くならなきゃいけない。身近なライバルがいるからこそ進もうと感じる。それが重なるんです。だからこのタイトルにしました。

――このところライブで目の前にいるお客さんたちのことを歌ってきたメッセージが多かったように思うんですが、今回はライバルと日々切磋琢磨する創真たちの歌だからこそ、自分たちと仲間たちとのことが歌われたんでしょうね。

PON たしかにそうかもしれないです。すごく久しぶりに書いたような気がしているんです。こういうテーマでは。

――そんな『食戟のソーマ』に影響を受けて出来た「シンボル」に対して、カップリングの「ルーター」と「バースデー」は非常に“等身大のラックライフ”を感じさせますね。

PON これはさっき言っていたままの、丸裸の曲です。どちらの曲も「これを歌っていいのかな」って自分でも思ってしまうくらいの丸裸感ですね(笑)。「ルーター」は、すごくショックなことがあったときに人間ってこんな気持ちになるんだな、と実感したときに出来た歌なんです。自分が築き上げてきた大切なことを、身近な人間に崩されてしまうと、人間って空っぽになる瞬間があって。人間と人間はわかり合えるはずがない、と感じてしまった。どれだけ近くにいて、どれだけ言葉を重ねてきたとしても。辛すぎる。でも人は人と関わっていかなければいけないし、わかろうとする気持ちが大事なんだ、と思って。それを誰かに聴いて欲しくて、「ルーター」になりました。

――なるほど。それも含めて非常にラックライフらしい一曲。そして他方、「バースデー」ではLACCO TOWERの真一ジェットがピアノで参加しています。

PON 最初はこの曲はバンドで発表するつもりは全然なかったんです。近所の河原でアコギを弾きながら歌ったり、作曲のアイディアを探したりするんですけど、そのときにこの曲のフレーズが生まれてきたんです。「今日が僕の生まれた日」。別に全然違う日だったんですけど、もしもそうだったらどんなことを歌うかなって思ったんです。年を経るにつれて誕生日に対しての気持ちも変化してきて、子供の頃は主役だったけど、大人になってくるとなんてことはない一日になる。そういう気持ちの変化があって。自分にとって誕生日はどんな日かと思うと、自分のことを振り返る日だなって思って。最終的に辿り着くのは、両親のことでもあったんです。でも自分はちゃんと感謝を伝えたことがないなっていうのも思ったんです。やっぱり恥ずかしさもあって。だったらそういう曲を作ってみようかな、と何の気なしに作った曲です。聴いた人が「ちょっと(親に)メールしてみようかな」とか、そんな気持ちになったらいいなぁ、という曲ですね。真一ジェットに弾いてもらったのは、前から仲間のバンドと何か一緒にやりたいな、という想いがあったので、それならこの曲で、ジェッさんに頼もうか、という感じで頼んだんです。メンバー総意で決まって、兄さんに力を借りました。レコーディングも本当に楽しかったです。

――その3曲でのシングルが完成しましたが、なんと現在、ニューアルバムも絶賛制作中ということで。「シンボル」も目一杯楽しめる一枚ながら、この先に待つアルバムはどんな作品になりそうですか?

PON 10周年を記念したアルバムにする予定なので、今までのラックライフの歩んできた道と、これから。そのどちらをも曲にして、いっぱい詰め込めるような、10周年を象徴するアルバムにしようと思っています。「シンボル」を手に取っていただきつつ、期待していてください。

Interview & Text By えびさわなち


●リリース情報
TVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』遠月列車篇OP主題歌
「シンボル」
5月9日発売

【初回限定盤(CD+DVD)】

品番:LACM-34750
価格:¥2,100+税

【通常盤(CD)】

品番:LACM-14750
価格:¥1,300+税

<CD>
01. シンボル
作詞:PON 作曲:PON 編曲:ラックライフ
02. ルーター
作詞:PON 作曲:PON 編曲:ラックライフ
03. バースデー
作詞:PON 作曲:PON 編曲:ラックライフ
ゲストミュージシャン(Piano):真一ジェット(LACCO TOWER)

<DVD>
2018.1.18『ラックライフ 2017-2018 ~Change The World TOUR~』
at 心斎橋BIGCAT ライブ映像収録
01. 初めの一歩
02. 変わらない空
03. 存在証明
04. サニーデイ
05. 僕ら

ラックライフ メジャー2ndアルバム
『タイトル未定』
8月22日発売
品番:LACA-15730
価格:¥3,000+税

<収録曲>
・リフレイン(TVアニメ『最遊記RELOAD BLAST』ED主題歌)
・僕ら(映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』ED主題歌)
・シンボル(TVアニメ『「食戟のソーマ 餐ノ皿」遠月列車篇』OP主題歌)
他、新曲を9曲、過去の人気曲再録2曲の全14曲収録予定

●ライブ情報
ラックライフ 10th Anniversary Tour “Winding Road”
9月22日(土)東京都 渋谷・CLUB QUATTRO 開場17:15/開演18:00
10月5日(金)宮城県 仙台・enn 2 nd 開場18:30/開演19:00
10月7日(日)北海道 札幌・COLONY 開場17:00/開演17:30
10月13日(土)福岡県 福岡・FUKUOKA BEAT STATION 開場17:30/開演18:00
10月14日(日)広島県 広島・セカンド・クラッチ  開場17:00/開演17:30
10月21日(日)愛知県 名古屋・CLUB QUATTRO 開場17:15/開演18:00
10月26日(金)大阪府 梅田・CLUB QUATTRO 開場18:15/開演19:00
10月27日(土)大阪府 梅田・CLUB QUATTRO 開場17:15/開演18:00

ラックライフ オフィシャルHP第一次チケット先行受付中!
受付期間:5月4日(金・祝)22:00~5月18日(金)23:59
詳細はこちら

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人