JUNNA「でら愛してる!」全公演ソールドアウトの2ndライブツアー、地元・名古屋で大盛況のファイナルに幕。

2018.05.07

TVアニメ『マクロスΔ』に登場する戦術音楽ユニット”ワルキューレ”のエースボーカル 美雲・ギンヌメールの歌を担当し、圧倒的な歌声でファンを魅了し熱狂させたJUNNA。
昨年、待望のソロビューを果たし、11月にリリースした1stシングル「Here」(TVアニメ『魔法使いの嫁』OPテーマ)は、発売と同時に主要配信サイトでデイリー1位・10冠を達成、現在もロングヒット中。

そんなJUNNAが5月5日(土)、全公演ソールドアウトになった2ndライブツアー“JUNNA ROCK YOU TOUR 2018~I’m Here~”のファイナル公演を地元・名古屋のZeppNagoyaで開催した。

超満員で熱気がむんむんの中、ステージ上のスクリーンにJUNNAのシルエットを映し出す映像が投影されると、大きな歓声が沸き起こる。ライブの1曲目に披露したいと宣言していた「Steppin’Out」のイントロが流れ、会場は一気に熱があがる。
そのまま、ワルキューレのキラーチューン「いけないボーダーライン」、デビュー・ミニ・アルバム『Vai! Ya! Vai!』からのロックナンバー「大人はわかってくれない」などをはさみながら、おしげもなくワルキューレ曲のオンパレードへ。“名古屋、でら愛してる!”と、地元名古屋でファイナルを迎えられる喜びも溢れる。

揺れるほどの会場の熱気に“ヤバい!”を連呼しながらも、一転、大切な人を想いながら歌います、と言いながらの「GIRAFFE BLUES」、迫真の「Here」、しっとりとしたバラードまでじっくりと聴かせる。

そして、本編ラストの「Catch Me」では皆でタオルを振り回し、会場は大きな一体感に包まれた。
アンコールでは、ワルキューレ曲「涙目爆発音」でばっちりダンスをきめたあと、「へたくそでも、気持ちが伝わればいいなと思って歌います」とギターを弾きながらRCサクセションの「スローバラード」をカヴァー。この曲はデビューのきっかけとなったワルキューレのオーディション時に、自由曲で歌ったもので、ツアータイトルの~I’m Here~に込めた想いを語った。

最後のダブルアンコールには、地元名古屋だけのサプライズとして、客席に降りて最後尾のステージで、「Here」をギターと共に演奏。ソロデビューしてまもなく1年、一層力強くなった歌声を届け、「また必ず会いましょう!」と笑顔で幕を閉じた。

JUNNAは、7月18日に2ndシングル「紅く、絶望の花」のリリースが決定。ライブを経る度にパワーアップする彼女の次なる新作を楽しみにしてほしい。

また、リスアニ!WEBではこのツアーの東京公演の詳細レポートを近日掲載予定となっているのでこちらもお楽しみに!

<セットリスト>
M1. Steppin’ Out
M2.いけないボーダーライン
M3.大人は判ってくれない
M4.LOVE! THUNDER GLOW
M5.僕らの戦場
M6.GIRAFFE BLUES
M7.火遊び
M8.ソラノスミカ
M9.Here
M10.JINXXX
M11.ワルキューレは裏切らない
M12.破滅の純情
M13.Vai! Ya! Vai!
M14.Catch Me
EN1.涙目爆発音
EN2.スローバラード
EN3.Shooting Star


●ライブ情報
2nd ライブツアー“JUNNA ROCK YOU TOUR 2018 ~I’m Here~”
2018年4月15日(日) 仙台RIPPLE(宮城)【SOLD OUT】
2018年4月22日(日) なんばHatch(大阪) 【SOLD OUT】
2018年4月28日(土) Zepp DiverCity Tokyo(東京) 【SOLD OUT】
2018年5月5日(土・祝) Zepp Nagoya(愛知) 【SOLD OUT】

●リリース情報
2ndシングル
TVアニメ『ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王』ED主題歌
「紅く、絶望の花。」
7月18日発売

品番:VTCL-35278
価格:¥1,400+税

発売元:フライングドッグ 販売元:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人