飯田里穂『rippi‐holic』レビュー

2016.08.17

清々しいサウンドにちょっぴりハート切なく……「片想い」をテーマにした2ndアルバムが登場。

『ラブライブ!』の星空 凛役でもおなじみ、声優の飯田里穂。声優は『ラブライブ!』が初めてのこととなるが、子役時代からTVやCM、映画など様々なステージにて活動してきた彼女だけに、『ラブライブ!』では存在感のある演技をみせてくれた。

同じくμ’sのメンバーであるPileとのユニット“4to6”の活動を経て、2015年7月にはソロデビューアルバム『rippi-rippi』をリリース。そして約1年ぶりとなる2ndアルバムがこちらの『rippi-holic』。前作から引き続き、畑 亜貴や酒井康男、大隅知宇、日比野裕史が参加。そして前山田健一、山田高弘、渡辺 徹らが加わり、今作のテーマとなる“りっぴー”のキュートでちょっと切ない“片想い”を清々しいサウンドで描き出している。

「片想い接近」

アルバムに先行して7月6日にリリースされたシングル表題曲の作曲は、寿 美菜子「プリズム」、東京女子流「Limited addiction」「W.M.A.D」(作曲は渡辺 翔)などの作詞を手がけ、また最近では上野優華、MILLEAらに詞や楽曲を提供している鈴木静那。ヴォーカリスト出身の彼女だが、アニメ関連では「あなたを笑顔に♪スーパーときわ」(TVアニメ『ベン・トー』の劇中挿入歌。作詞・作曲・編曲は佐々倉有吾 )などでも知られている。編曲はμ’sからA.B.C-Zまでと幅広くアレンジを手がけている清水哲平。鈴木静那とのコンビで楽曲を手がけることも多い。

作詞は大槻ケンヂ。上坂すみれ「パララックス・ビュー」、野水いおり「球体関節人形の夜」(後に筋肉少女帯としてセルフカヴァー)など、声優にも独特な世界観による歌詞を提供している大槻ケンヂだが、この曲では今作のテーマである“片思い”を率直に、ごくごくストレートな形で綴っている(とはいえ、中盤に挿入される電話越しの会話部分は大槻ケンヂならでは)。

止めたいのに止まらない高まる恋心を映す、なだらかに刻まれるドラムはソリッドに、こらえきれない苦しい気持ちを描く、感傷的なストリングスの音色がすっきりと背景に広がる。CDでも感じられた適度なメリハリ感を保ちつつ、サウンドの量感を増しながら躍動的に進むサウンドの方向性はより明快に、リズムやビートのアクセントによってその想いの強さがさらに伝わってくる。
“ああ恋の速度は夕焼け”では一瞬、間を置いて低い声で囁く大人の恋を演出しながらも、“なっちゃヤダ ヤダヤダヤダ”と子供のように好きへの無防備な抵抗を試みる対照的な表現も絶妙で、サビ前では歌い上げる声量の強さも相まって、声がより豊かにそして前に出てくる、ヴォーカリストとしての成長を感じられる。

「Good luck for you&me」

アルバムでは一旦、ラストを迎える(M-13「恋に気づいた」はCD通常盤・ハイレゾ版のみに収録)この曲は、畑 亜貴による“これからみんなはどこ行くの 私とは違う道? 応援してるがんばろうね”の歌詞もじわっと心に響くエンディング感あふれるナンバー。作曲はDream5やAAA、ジャニーズ作品などへ楽曲を提供している日比野裕史。前作の『rippi-rippi』では「7月29日」(こちらもCD初回限定盤ではラストナンバーとなる)を手がけている。

何処となくμ’sの楽曲を思い出させるようなイントロもよりくっきりと鳴り響くハイレゾ。ピアノや煌めくようなシンセの音色による高音部も華やかに、新たな出会いへと今までとは違う道へと歩みだす物語の始まりを印象付ける。情景を優しく描くストリングスや楽曲を引っ張るエレキギターの存在感も増しており、サウンドは寄り添うような一体感でヴォーカルを押し出すように、力強くメロディを奏でだす。
温かみを含んだ柔らかなヴォーカルがすっきりと広がり、サビでは伸びやかなファルセットも美しい。支えてくれる声援のようなコーラスが続いた中、飯田里穂のみのコーラスになるラストでは目の前に声がそっと浮かび、抑揚もひときわ可憐に伝わってくる。

爽快に音がはじける「Whitish flower」、オリエンタルなフレーズが耳を捉える「HEARTACHE=恋と予感」、アクティブな恋を“KISS! ”の言葉で届ける「KISS! KISS! KISS!」、みずみずしく音が駆ける「キミへの帰り道」、ダイナミックに電子音が攻めてくる「シリウス」など、様々なカラーで飯田里穂を描き分ける今作。歌声も、切ないナミダの雨が降る「BLUE DROPLET」の陰りのあるから、夏が大好きな飯田里穂による作詞の「SUNNY GIRL」の明るく眩しいものまで、ハイレゾではその表情もいっそう鮮やかに伝わってくる。歌声の魅力にますます夢中になれる、アルバムのタイトル通りの仕上がりとなっている。

飯田里穂
rippi-holic

TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS
2016.08.17

FLAC・WAV 48kHz/24bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

 収録曲

 1.Whitish flower
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:酒井康男

 2.HEARTACHE=恋と予感
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:石田寛朗

 3.KISS! KISS! KISS!
   作詞・作曲・編曲:前山田健一

 4.BIN‐WAN SPY
   作詞:Mio Aoyama 作曲・編曲:山田高弘

 5.欲しいのは優しさだけじゃない
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:酒井康男

 6.片想い接近
   作詞:大槻ケンヂ 作曲:鈴木静那 編曲:清水哲平

 7.キミへの帰り道
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:大隅知宇

 8.BLUE DROPLET
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:渡辺 徹

 9.パスポート
   作詞:田形美喜子 作曲・編曲:大隅知宇

10.シリウス
   作詞:田形美喜子 作曲・編曲:大隅知宇

11.SUNNY GIRL
   作詞:飯田里穂 作曲・編曲:じょん

12.Good luck for you&me
   作詞:畑 亜貴 作曲・編曲:日比野裕史

13.恋に気づいた
   作詞:田形美喜子 作曲・編曲:大隅知宇

この記事を書いた人