TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information 第3回

Print

フジムラトヲル、石川智久、松井洋平からなるテクノユニット、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』『魔法陣グルグル』など、数々のアニメ作品に劇伴や主題歌、キャラソン等の楽曲を提供し、近年、アニソン・シーンにて大きな活躍を見せている。大ヒットを記録したTVアニメ『おそ松さん』のEDテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」の作詞・作曲・編曲を手がけたことでも知られている。

そんな彼らの連載『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』は、《お気に入り》《影響》など、彼らが受けた様々なインプットをアウトプット=《報告》するという内容だ。TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDはどのような活動をしているのか?メンバーは一体どんな人物なのか?……魅力的な楽曲を次々と生み出している彼らの実態が今明らかになる!?

アニソン・シーンの最先端で活躍している彼らの初となる連載。
第3回は、2017年も忙しいTECHNOBOYSの関連リリース情報が続々と登場。

■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』前回の連載はこちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』これまでの連載はこちら

Craft Report / TECHNOBOYSの活動報告

TPG_FUJIMURA少し遅めのご挨拶になりますが、皆さま明けましておめでとうございます。
素敵な新年を迎えられたでしょうか?
どうも、リーダーのフジムラトヲルです。

ワタクシは正月は実家に帰り、のんべんだらりと過ごしておりました。
お雑煮食べて、てっちり食べて、焼き肉を食べた翌日に、また焼き肉を食べて、胃薬飲んで……。
どうでもいいことですが、お雑煮の餅は2個にしました。
どうでもいいことですがね。

とはいえ、休み明けからはTECHNOBOYS通常営業。
TVアニメ『装神少女まとい』のキャラソンアルバムや、川村ゆみさんのオリジナルアルバム『ゆみザウルス』への楽曲提供、さらに、まだ内緒のリミックスの作業などをしておりました。

Craft Report _03

そして1月から2月にかけては、TECHNOBOYS関連作品のリリースラッシュでなのです。

1/25(水)は、『トリニティセブン』新キャラクターソングとなるLILIc’s(リリスxリリム)『THANKSGIVING ≡ LYRICS』がリリース!

EYCA-11259_0000051094LILIc’s【浅見リリス(CV.原 由実)& リリム(CV.日高里菜)】「THANKSGIVING ≡ LYRICS」のレビューはこちら
© サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA劇場版トリニティセブンE.A.製作委員会

また同日にリリースされる『劇場版 トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-』主題歌、ZAQさんの『Last Proof』にも表題曲のTECHNOBOYS Remixや「BEAUTIFUL≒SENTENCE」のZAQさんヴァージョン「BEAUTIFUL≒SENTENCE(Zero Answer Question)」が収録されております。

EYCA-11257ZAQ_LastProofA

ZAQ『Last Proof』

あら、豪華だわ。

『劇場版 トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-』は2/25(土)より全国劇場にて公開!

2/8(水)は前述のTVアニメ『装神少女まとい』キャラクターソングミニアルバム

LACA-15632_matoi_chara_RGBA TVアニメ『装神少女まとい』キャラクターソングミニアルバム
©BOWI/まとい製作委員会

2/10(金)は舞台版『おそ松さん』の劇中歌アルバム『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SONG TIME~』と、多種多様、豪華絢爛、天下一品京都総本店張りにオリジナリティー溢れた内容となっております。

CD_EYCA-11308_0000051366AC)赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016
『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SONG TIME~』
©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016

すべてTECHNOBOYSが手を替え品を替え、下心、否、真心込めて作っておりますので、ぜひとも皆さまに聴いていただきたく。

そんなこんなで、今月のTECHNOBOYSハイレゾ情報は、『visible invisible』

visibleInvisible

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND『visible invisible』

TECHNOBOYSがハイレゾの世界に本格的に踏み込むキッカケとなった一曲です。
もう、2年半も前のことなんですね。

この曲は、DSD11.2MHzでマルチトラックレコーディングを行なうという、前例がほぼないチャレンジ企画だったのですが、まぁそれは大変なわけでして。
DSDというのは、録った音素材を編集できないので、いわゆるすべて一発録り。
最初から最後まで、間違えずに演奏しなくてはいけない、プレッシャー抜群、修行のようなレコーディングでした。

その甲斐あって、仕上がった録音作品は、緊張感の溢れる素晴らしいものとなったわけですが、まぁその、また再びやりたいなとは気軽に口に出せない企画だと思っていたら、その後もう一回やることになりましたけどなにか?

DSD11.2MHzを聴くための環境も対応機種が増え、当時に比べればハードルが少し下がったかと思いますので、ぜひ聴いていただきたいなと。

visibleInvisibleTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
visible invisible

HAOKK
2015.03.06

DSF 11.2MHz/1bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music

Favorite Pulse / TECHNOBOYSのお気に入り

TPG_MATSUI

TECHNOBOYSのメンバーが自分のお気に入りを紹介する「Favorite Pulse」。
今月は松井洋平が担当です。

お気に入りというには幅が広いですが、『理工系読み物』が好きなんです。
はまったキッカケはサイモン・シン著の『フェルマーの最終定理』。

数学がまったく理解できない人間にも、真実を探求する人の姿勢をとおして証明の過程を描き出し、この世界の真実みたいなのをわかった気にさせてくれる。

一時期、TECHNOBOYSだけでなく、特に内容に指定のないお仕事の作詞でも、チャンスがあるとこの辺りで得たキーワードをテーマに歌詞を書いておりました。

FermatA

同じサイモン・シンによる『暗号解読』は、ベネディクト・カンバーバッチ主演の映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)で第二次世界大戦の暗号解読合戦に少しでも興味を持たれた方は必読。ぜひ。

Influence Information / TECHNOBOYSへの影響

TECHNOBOYSのメンバーが影響を受けた音楽からハイレゾリリースされている作品をご紹介。
今回、石川智久がオススメするのは武満 徹『武満徹 管弦楽作品集』(1966)。

VEAHD-11236A

武満 徹『武満徹 管弦楽作品集』

ishikawa_art中でも「地平線のドーリア」をオススメする。

このコーナーは私の中身がバレるので本当は気乗りしないのですが覚悟して書きましょう。

まだ音大に入る前の少年だった私に大きく立ちふさがったタケミツ。

この作品は興味深い事が満載されている。まず楽器編成が興味深い。

GakkiHensei

前方にハーモニックピッチと呼ぶ8の弦楽器群、そして離れて後方の9のエコーと呼ぶ弦楽器群。
おそらくこれは立体的音響を狙ったと思われる。

「ドーリア」とタイトルにあるので教会旋法のレ音階を使っているのかと思えばそうでもない。
「地平線」とは何のことだろうか?などと興味をそそられる。

そして多彩な弦楽器の奏法はどこか雅楽的、東洋的である。
笙のような音塊、小鼓のような破裂音、琵琶のような摩擦音。

私はこの演奏と楽譜で弦楽器の書き方を教わった。

192kHz/24bitだと距離感が把握できる。

では次回の『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』もお楽しみに!

VEAHD-11236A若杉 弘 指揮、読売日本交響楽団 他
武満 徹 管弦楽作品集

VICTOR STUDIO HD-Sound.
2016.03.02

FLAC・WAV 192kHz/24bit

ハイレゾの購入はこちら

e-onkyo music
groovers
mora

■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』前回の連載はこちら
■『TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのPulse Craft Information』これまでの連載はこちら

2016TPG_MAIN

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
トラックメーカー・フジムラトヲル(Ba/Syn/Vo)、作曲家・石川智久(Pf./Syn/Vo)、作詞家・松井洋平(Gt./Syn/Vo)からなるテクノユニット。現在まで2枚のオリジナル・アルバムをリリースしており、その活動範囲は海外にまで及ぶ。細野晴臣氏が音楽監修を務めた2007年の映画『EX MACHINA -APPLESEED SAGA-』をはじめとして、『ウィッチクラフトワークス』『トリニティセブン』『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』『紅殻のパンドラ』『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』『賭ケグルイ』『魔法陣グルグル』など、数々のアニメ作品に劇伴や主題歌、キャラソン等の楽曲を提供。ユニットだけでなく、個人として作品に携わることも多い。宇都宮隆氏、松岡英明氏、浅岡雄也氏ら、時代を創ったボーカリストとのコラボレーション・ナンバーや、TVアニメ『おそ松さん』のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」など、制作したそれらの楽曲は大きな話題を呼んでいる。

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの関連記事はこちら
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND公式サイト
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのTwitter

この記事を書いた人