TVアニメ『魔法陣グルグル』2クール目ED主題歌「Magical Circle」TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.中川翔子インタビュー

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDのニュー・シングル「Magical Circle」がリリースされた。

ボンジュール鈴木とコラボした前作のシングル「Round&Round&Round」に続き、彼らが劇伴を手がけるTVアニメ『魔法陣グルグル』のED主題歌となる本作。今回はフィーチャリング・ボーカリストに中川翔子を迎え、彼女の『グルグル』愛に溢れた甘酸っぱく弾けるような歌声と、ストリングスを除き全編アナログシンセで構築されたオーケストラル・ポップなサウンドが幸せな昂揚感をもたらす名曲となっている。

今回は『魔法陣グルグル』という作品の集大成的な内容となった本作について、TECHNOBOYSの3人と中川にたっぷりと語ってもらった。

Interview & Text by 北野 創
Photography by 小賀康子
at Lantis

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.中川翔子
「Magical Circle」のレビューはこちら

『魔方陣グルグル』に対する情熱、そして溢れる愛

───今回の楽曲「Magical Circle」は初めて聴いた瞬間から、皆さんの並々ならぬ気合いが伝わってきました。

松井 ハッハッハ!

フジムラ 恥ずかしいことを(笑)。

石川 情熱的と言ってほしいね(笑)。

───すみません(笑)。

フジムラ でも、そこはやっぱり中川さんの情熱に影響されたところがあるんじゃないでしょうかね。打ち合わせのときから『グルグル』への愛がハンパじゃなかったので。

中川 それが良い意味で作用してたらいいんですけど。私は最初のアニメが放送されてた頃に『グルグル』と出会って大好きになったんです。隣のクラスの木村さんにマンガを借りて、それを描いてるのが私の好きな〈ドラクエ4コマ〉を描いてた人だということに気づいて。それからは毎日が『グルグル』漬けで、マンガを模写したり、雨上がりには校庭とか公園にカサで魔法陣を描いたり、スーパーファミコンのゲームで遊んだり。借りたマンガには猫がオシッコしちゃったので、買い直して返したんですけど(笑)。

一同 (笑)。

中川 しかも今回は3度目のTVアニメ化で、ついに魔王ギリを封印するところまで描かれるということで、私は放送が始まったときから普通に視聴者としてツイッターで実況したりしてたんです。なので、まさか主題歌を歌えることになるなんて思ってなくて。レーベルの壁を越えてまで連絡してくださって、本当にすごい決断であり、申し訳なさとありがたさでいっぱいです。

───打ち合わせの段階ではどんなお話をされたのですか?

中川 私はもう「みんなで魔法陣を描きたいんです!グルグルが好きなんです!ククリちゃんが好きなんです!」っていうただの『グルグル』のファンとしての気持ちと、アニメソングを歌いたいっていうずっと持ち続けている気持ちと、あらゆることを最初の会議で全部ドーンとぶつけちゃって。

フジムラ で、その時に「ククリちゃんのキャラソンにしよう」という大きな命題が決まって、そこに基づいていろいろと作っていきました。中川さんからは〈チョコレート〉とか作品にまつわるキーワードをたくさん出していただいたので、それを松井が受け取り、歌詞を書いて。これだけ愛の深い方から出てくる言葉ですからね。

中川 その会議も、普通は悩んだりすると思うんですけど、意見がパンパンパン!って出て「ハイ終わりー」って感じで進んで。皆さんの大人としての落ち着きと仕事の速さがすごいですよね。本当にうまくことが進むというか、そうなるべくしてなったみたいな感じで、本当に気持ちいいぐらいポーン!と生まれた曲だと思っていて。それはもちろん、そのようにできる皆さんがすごいんですけど。

松井 でも、曲自体は打ち合わせの次の日にできてたもんな。

中川 次の日!?

石川 次の次の日かな。

フジムラ そうそう。曲を書いたのは石川なんですけど、彼が1日だけ時間がほしいというので待って。それで次の日の夕方にみんなで集まったときに、ワンコーラス分のメロディーとコードとリズムが出来上がってたので、そこから「どうしよう?」って組み立てていったんです。

───メロディーや曲の構成はすぐに出来上がったのですか?

石川 イメージがあったので比較的楽ではありましたね。僕は中川さんの言うとおりに作ったので(笑)。出していただいたキーワードがまずそうだし、中川さんがライブで歌うことも考えて、それであれば歌いやすいものにしたほうがいいと思って。

松井 歌詞も迷うことなくできました。正直メロディーが届いた時点で曲の中に話のルートが出来上がってたので、それに中川さんからいただいた言葉をどう置くか考えたぐらいの感覚で。でも、本当に〈チョコレート〉という言葉とかも含め、この言葉をどう置いたらストーリーになるかっていうのが全部組み立てられてた作品なんでですよね、今回は。なので、まったく悩まなかったです。

中川 でもそんなことは何もわからず、好きなことを全部ぶつけただけだったので(笑)。

松井 変な話、原作はもう完結してるので、言葉自体はその中に全部揃ってるんですね。でも、僕がチョイスする部分と中川さんの想いでチョイスする部分は変わってくると思うんですよ。そういう意味ではひとりでは書けなかった歌詞だし、曲もそうだと思うんです。それが今回は全部繋いだら、最後の1行に至るまでうまくハマッたっていう。

中川 そう、その<ぜんぶつないだらひとつになった>という歌詞は、いろんな部分で「そうか!」って思える部分なんです。私の中で『グルグル』は特別な作品で、思い出すだけで懐かしくて幸せだったあの頃の景色に戻れるところもあるから、絶対色褪せることなく輝いてる大切な思い出でもあるんです。奥井亜紀さんの楽曲も大好きで、ずっと聴いたり歌ってもいたので。自分もお仕事をしてるなかでくじけたり何かがあって今日がない可能性があったと思うと、この曲と出会えるまでやめないで本当に良かったと思っていて。TECHNOBOYSさんの未来永劫の幸せを願いたいです。

一同 ハッハッハッ!(爆笑)

この記事を書いた人