中島 愛からクリスマス・プレゼント!ニューアルバム『Curiosity』より新曲「サブマリーン」MV期間限定フルサイズ公開!

来年2月14日に早くも復帰後初のフルアルバム『Curiosity』をリリースし、同タイミングで文筆家・甲斐みのり氏との対談本『音楽が教えてくれたこと』をリリース、さらに3月からは東名阪Zeppツアーがスタートするなど、復帰後フルスロットルで活躍中の中島 愛。

クリスマス・イヴの今日、中島 愛からのクリスマス・プレゼントとしてアルバムリード曲「サブマリーン」のミュージックビデオが3日間の期間限定でフルサイズ公開となった。

このMVのテーマは「海になる」。監督はいきものがかりやサザンオールスターズ等、数々のアーティスト、ミュージシャンのMVを手掛けてきた映像演出家のスミス氏。春先を思わせる暖かい日差しの芝生の上で赤いワンピースを着て寝転んで歌っている中島 愛がだんだんと不思議な夢の世界に入っていき、夢の中では彼女のまわりだけがだんだんと海の中のようになっていくという不思議な映像に仕上がっている。

また、「サブマリーン」の作詞:ポルノグラフィティの新藤晴一、作曲・サウンド・プロデュースのラスマス・フェイバーよりコメントが届いている。

「中島さんの歌声で毒を吐くのを聴きたい」僕が最初にラスマスさんの曲を聴いて思ったことです。
光と影じゃないですが、明るい声とメロディを際立たせるためには、人間が誰しも持つ暗い部分を表現できたらなと。
中島さんのおかげで、いい塩梅になったと思うんですが、どうでしょうか?
新藤 晴一(ポルノグラフィティ)

「この曲は僕にとって特別な曲なんだ。実は愛さんが活動を再開したというニュースを聞いてすぐ、歌ってもらえるかどうか全くわからなかったけど、この曲を作り始めていたんだよ。とにかく彼女が再び歌を歌ってくれることが嬉しくて……メロディが浮かんできたんだ!
今回アルバムに参加することができて、そしてこの曲を歌ってくれるという流れになって……とにかく光栄だという言葉に尽きるよ。
とても気に入っている曲だし、この曲を愛さんに歌ってもらえたことを、心から嬉しく思っているよ!」
ラスマス・フェイバー

ジャケット写真(初回盤・通常盤)も合わせて公開となった。大胆に脚を出し、物憂げで大人っぽい表情を見せており、ビジュアル面でも復帰後も新しい自分を模索し挑戦し続けている彼女の今の姿を映しているかのようなジャケット写真になった。

また、このアルバムの発売を記念して、本人も参加する「Curiosity」の特別先行試聴会イベントの開催が決定した。


●イベント情報
中島愛 4thアルバム「Curiosity」特別先行試聴会
2018年1月28日(日)
1回目 開場12:30 開演13:00(終演14:30)予定
2回目 開場15:00 開演15:30(終演17:00)予定
場所:ビクターエンタテインメント(東京・渋谷)
内容:アルバム「Curiosity」全曲試聴/本人登壇によるトークコーナー
応募期間:2017年12月26日(火)18:00(予定)~2018年1月10日(水) 23:59
応募はこちらから

●リリース情報
『Curiosity』
2月14日発売

【初回盤(CD+BD)】

品番:VTZL-143
価格:¥3,800+税

【通常盤(CD)】

品番:VTCL-60467
価格:¥3,000+税

<CD>
1.サブマリーン
作詞:新藤晴一 作編曲:Rasmus Faber
2.Life’s The Party Time!!
作詞:中島 愛&前山田健一 作編曲:前山田健一
3.残像のアヴァロン
作詞:岩里祐穂 作曲:バグベア 編曲:バグベア&千葉“naotyu-”直樹
4.ワタシノセカイ(TVアニメ『風夏』エンディングテーマ)
作詞:瀬尾公治 作曲:秋浦智裕 編曲:WEST GROUND
5.Jewel
作詞:加藤哉子 作編曲:本間昭光
6.思い出に変わるまで
作詞:中島 愛 作編曲:重永亮介
7.ウソツキザクラ
作詞:Satomi 作編曲:松本良喜
8.最高の瞬間
作詞:山田稔明 作編曲:古川貴浩
9.Odyssey
作詞・作編曲:Avec Avec
10.サタデー・ナイト・クエスチョン(TVアニメ『ネト充のススメ』オープニングテーマ)
作詞:加藤慎一 作曲:山内総一郎 編曲:フジファブリック
11.未来の記憶
作詞:甲斐みのり& Twisty  作編曲:CMJK
12.愛を灯して
作詞:中島 愛 作編曲:坂東邑真

<Blu-ray>
「サブマリーン」、「ワタシノセカイ」、「サタデー・ナイト・クエスチョン」MV

●ライブ情報
ライブツアー
2018年3月30日(金)【名古屋】Zepp Nagoya
2018年4月1日(日)【大阪】Zepp Osaka Bayside
2018年4月8日(日)【東京】Zepp Tokyo

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人