TVアニメ『宝石の国』OPテーマ担当・YURiKA&EDテーマ担当・大原ゆい子 スペシャル対談

中学校のときの友達に思い出を聞いて

――アーティスト盤には全5曲が収録されます。残る4曲のカップリングについて教えていただけますか? まずYURiKAさんから。

YURiKA アニメ盤とアーティスト版共通のカップリング曲も照井さんに作っていただきました。アニメ盤を手に取っていただいた方にとってはその2曲がすべてなので、いつものように力強く歌う感じの「YURiKAちゃんらしさ」も入れつつ、「鏡面の波」との統一感を出そうと照井さんからも言われました。ノリはよく、でも抜くとこは抜いて。“鐘の音”とか、カップリングですけど『宝石の国』を連想させる歌詞もあります。作品のファンの人にも聴きやすいかなぁと思っています。それ以外の3曲は、私の好きな方に書いていただきました。スタッフさんから「この人に曲を作ってほしいって作家さんいる?」って聞いてもらったことがあって、そのときにお名前を出した方です。白戸佑輔さんは鈴木このみさんの曲が好きだったんです。コミネリサさんは私が高校生のときに初めてボイストレーニングの体験入学を受けたときの先生で。私は小6からアニソンシンガーになるって決めてたので、コミネさんも知っていたんです。体験入学のとき、心の中で「やばいコミネリサだ」って思ったんですけど(笑)。ゆい子さんみたいに元々はシンガーソングライターをやっていて、アニメの曲も歌っている、という方なので「私がメジャーデビューしたら曲を作ってもらうのが夢」って言っていたんですけど、それが今回実現しました。しかも録った日が私の誕生日で。イベントやって、もうひとつイベントやってからのレコーディング、って大変な日だったんですけど(笑)、リサ先生のピアノと一緒に録れたので、プレゼントをもらったような気持ちでした。もう1曲は(デビュー曲の)「Shiny Ray」と同じ作曲・uzさん、編曲・吉田 譲さんで。初心を忘れずみたいな気持ちになれたし、「鏡面の波」で新しいYURiKAを出しつつ、いつものYURiKAでちょっと安心して終わるみたいな感じですね。あっ!それと作詞しました、作詞!

――もちろん知ってます(笑)。ぜひその話も聞かせてください。作詞は言い出しっぺだったんですか?

YURiKA 言い出しっぺです(笑)。「薄明パラレル」を白戸さんに作ってもらうとなったとき、作詞もどなたか作家さんにお願いするかを聞かれたんです。でも、PS4「リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議」の特典としてつくゲーム「魔導戦士グランシャリオン」で初めて作詞をして、またやってみたいって思っていたんです。そう思わせてくれたのは、ゆい子さんの影響もあるかもしれないです。今、気づきました。

大原 ふふふっ(笑)。

YURiKA “チャンスに出会えたのなら~掴みとってゆこう”って(「MIND CONDUCTOR」で)歌っているし(笑)、やらせてもらいました。

――どういう気持ちを込めましたか?

YURiKA 曲からは、爽やかだけど切ないイメージが浮かんだのと、共感できる詞がよかったので、「中学生っぽいのがいいな」と思って中学校のときの友達にLINEで「淡い思い出を教えてください」。

大原 すごい(笑)。リサーチだ。

YURiKA で、返ってきたのを参考にもしました。聴いてくれる方のなかに学生の方とかもいらっしゃると思うので現実感があるのもいいと思ったんです。

――少年を主人公にして、集めた思い出を客観的に書いてみた、というところですか? まだ蓮田の田んぼで歌ってた頃の淡い思い出を。

YURiKA そうですね(笑)。“雲に隠れて日が落ちるように”って歌詞は田んぼからの景色です。それは学生になってもすごく覚えてて。雲に隠れて日が落ちる光のことを「薄明光線」っていうんですけど、タイトルもそこからとりました。なので、蓮田を思いながら、ですね。

――じゃあこれは蓮田市のテーマ曲として、蓮田駅に流れるのにふさわしい曲ですね。

YURiKA それはいちばんの理想ですね。ぜひお願いします(笑)。

――作詞の先輩である大原さんから見ていかがでしたか?

大原 よかったです。実は、YURiKAちゃんのバースデーライブのとき、(YURiKAが)デビュー前に作った曲があるってデータが(スタッフから)送られてきて。

YURiKA え?怖ーい!

大原 データが来たの(笑)。

YURiKA 怖い怖い(笑)。

大原 で、勝手に詞を見ながら1曲まるっと聴いて「これめっちゃいい!」と思ったんですよ。

YURiKA やったーっ!それこそあれは蓮田の田んぼの歌ですからね。

大原 そのサビとか自分の中のイメージと違ったんですよ。「いつもしゃべってるYURiKAちゃんが本当に書いたのかな」みたいな(笑)、

YURiKA ゴーストライター(笑)。

大原 なんか作家さんが書いた詞みたいな感じだったので。

YURiKA えへへへへ(笑)。

大原 ちょっとこう汗が出ました(笑)。「まずいな」と。YURiKAちゃんが書く歌詞はすごいと思います。

――繰り返しますね。アーティスト盤全体から受けるイメージはどんな感じですか?5曲とも聴きました?

大原 はい。全部聴きました、勝手に。

YURiKA 言っておきますが私も聴いてますよ(笑)。

大原 でも、1曲ずつ色が違うのでボリューム感があるし、それぞれの曲にYURiKAちゃんが今まで思い描いてきた世界があるし、自分の曲にしているとはすごく感じて、今回、私も曲をもらって歌っているので勉強になりました。

この記事を書いた人