電気グルーヴ、Netflixアニメ「DEVILMAN crybaby」主題歌書き下ろしジャケットを公開!

2018年1月5日より、Netflixで全世界独占配信されるアニメ『DEVILMAN crybaby』(監督 : 湯浅政明)の主題歌、電気グルーヴの「MAN HUMAN」と、第9話スペシャルエンディング曲となっている、卓球と旅人の「今夜だけ」。この2曲を収録し1月10日にリリースされるCD『MAN HUMAN / 今夜だけ』のジャケット画像が公開された。

同ジャケットには、今作のために、「DEVILMAN crybaby」のアニメーター・押山清高が書き下ろしたイラストが使用されている。

また、2018年3月に、Zepp Namba及びZepp Tokyo(2days)で行われる電気グルーヴのワンマンライブのタイトルが「クラーケン鷹」になったことも発表。ロゴ画像も公開された。
尚、同ライブは現在、電気グルーヴファンクラブ限定で、12月3日(日)23時まで、最速先行予約を受付中。


●リリース情報
「MAN HUMAN」電気グルーヴ
1月10日発売

【CD+DVD】
品番:KSCL-6300~6301
価格:¥2,400+税

<CD>
1. MAN HUMAN
2. MAN HUMAN(DEVILMAN crybaby Ver.)
3. MAN HUMAN(INSTRUMENTAL)

<DVD>
「DENKI GROOVE DECADE 10 LIVE STREAMING」
1. 人間大統領
2. 顔変わっちゃってる。
3. プエルトリコのひとりっ子
4. いちご娘はひとりっ子
5. Missing Beatz
6. Shameful
7. Fallin’ Down

「MAN HUMAN / 今夜だけ」
1月10日発売

【CD】
品番:KSCL-6302
価格:¥926+税

<CD>
1. MAN HUMAN(DEVILMAN crybaby Ver.) / 電気グルーヴ
2. 今夜だけ / 卓球と旅人

●ライブ情報
電気グルーヴワンマンライブ

2018年3月3日(土) Zepp Namba
2018年3月16日(金) Zepp Tokyo
2018年3月17日(土) Zepp Tokyo

開場 18:30 / 開演 19:30
Ticket : 1F立見 ¥6,800 / 2F指定 ¥7,800 (1ドリンク別・未就学児童入場不可)

電気グルーヴFC最速先行予約受付
11月22日(水)12:00 ~ 12月3日(日)23:00

<電気グルーヴ プロフィール>
1989年、石野卓球とピエール瀧らが中心となり結成。1991年、アルバム『FLASHPAPA』でメジャーデビュー。1995年頃より、海外でも精力的に活動をスタートし、ヨーロッパツアーや各国でのダンスフェスティバルにも定期的に出演。2001年、石野卓球主宰の国内最大級屋内ダンスフェスティバル”WIRE01″のステージを最後に活動休止。それぞれのソロ活動を経て、2004年に活動を再開。以降、継続的に作品のリリースや全国ツアーを行う。2015年には、電気グルーヴの、これまでの活動を総括したドキュメンタリームービー「DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-」(監督・大根仁)が公開され、異例のロングヒットを記録。2016年、20周年となるFUJI ROCK FESTIVAL‘16のGREEN STAGEにクロージングアクトとして出演し、その存在感を見せつけた。2017年、前作より4年ぶりとなるオリジナルアルバム『TROPICAL LOVE』をリリース。

●作品情報
『DEVILMAN crybaby』
Netflix独占で全世界公開。日本語の他7言語に吹き替え、字幕は23言語、さらに全世界190カ国にて公開。

【STAFF】
原作:永井豪「デビルマン」
監督:湯浅政明
脚本:大河内一楼
音楽:牛尾憲輔
キャラクターデザイン:倉島亜由美
デビルデザイン:押山清高
ラップ監修:KEN THE 390
色彩設計:橋本賢
美術監督:河野 羚
撮影監督:久野利和
編集:齋藤朱里
音響監督:木村絵理子
プロデューサー:新宅洋平・永井一巨
アニメーションプロデューサー:チェ・ウニョン
アニメーション制作:サイエンスSARU
Produced by Aniplex Inc.Dynamic Planning Inc.

【CAST】
不動明:内山昂輝
飛鳥了:村瀬歩
牧村美樹:潘めぐみ
ミーコ:小清水亜美
シレーヌ:田中敦子
カイム:小山力也
長崎:津田健次郎
ワム:KEN THE 390
ガビ:木村昴
ククン:YOUNG DAIS
バボ:般若
ヒエ:AFRA

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人