リスアニ!Vol.31

2017年11月9日(木)発売!

表紙を飾るのは『Fate/Apocrypha』より、モードレッドとアストルフォ。

表紙巻頭特集では、『Fate/Apocrypha』より、OPテーマ「ASH」を歌うLiSAのインタビューと、「ASH」を手がけたシドのマオ&明希とLiSAの対談、前号の「リスアニ!Vol.30」にて誌上デビューを果たしたEDテーマ「KOE」を歌うASCAのインタビュー、音楽を担当する横山 克と音響監督の岩浪美和による対談を掲載! また、現在公開中の『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」』で主題歌を担当するAimerへのインタビューや、TVアニメ『Fate/Zero』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』、ゲーム「Fate/Grand Order」の楽曲レビューを行い、様々な角度から『Fate』シリーズを紐解いていく。

そのほかにも『Just Because!』『UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~』「スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~」の特集、fripSide、水瀬いのり、三森すずこ、22/7による撮りおろしインタビューも掲載。

さらに、スフィア、GARNiDELiA、May’n、内田真礼、早見沙織、井口裕香、麻倉もも、中島 愛、CIVILIAN、i☆Ris、芹澤 優、春奈るな、田所あずさ、小松未可子、東山奈央、Wake Up, Girls!へのインタビューも実施!

CHiCO with HoneyWorks、LiSA、新田恵海、Gero、田淵智也、畑 亜貴、水島精二、FLOWによる連載コーナーも含め、今号も充実のラインナップでお届けする。

また、今号をご購入いただくと、ASCA「KOE」の発売記念スペシャルイベントに参加するための応募券が付いてくる。詳細は「リスアニ!Vol.31」をチェック!

 

[表紙・巻頭特集]
『Fate/Apocrypha』
横山 克(音楽)×岩浪美和(音響監督)対談/LiSA インタビュー/ASCA インタビュー
『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」』Aimer インタビュー
『Fate/Zero』『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』「Fate/Grand Order」楽曲レビュー

[特集]
『Just Because!』
鴨志田 一(脚本・シリーズ構成)インタビュー/やなぎなぎ(音楽プロデュース)インタビュー/礒部花凜(夏目美緒役)、芳野由奈(森川葉月役)、Lynn(小宮恵那役)インタビュー
『UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~』
「スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~」

[撮りおろしインタビュー]
fripSide/水瀬いのり/三森すずこ/22/7

[インタビュー]
スフィア/GARNiDELiA/May’n/内田真礼/早見沙織/井口裕香/麻倉もも/中島 愛/CIVILIAN/i☆Ris/芹澤 優/春奈るな/田所あずさ/小松未可子/東山奈央/Wake Up, Girls!

[連載]
CHiCO with HoneyWorks/LiSA/新田恵海/Gero/田淵智也/畑 亜貴/水島精二/FLOW

ほか多数掲載

©東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC

ご注文はこちらから


リスアニ!LIVE 2018

2018年1月26日、27日、28日に日本武道館での開催が遂に詳細が発表された“リスアニ!LIVE 2018”。8回目となる今回は3日間で過去最大の全17組が登場し、初回開催から変わらぬコンセプトのもと、全曲生のバンド演奏とともにお届けすることとなる。ここでは、リスアニ!LIVEのスタッフに、編集長・馬嶋 亮、リスアニ!LIVE MC・冨田明宏に加え、ステージ・プロデューサー・森田純正氏、映像プロデューサーのJUNGO氏の4人に“リスアニ!LIVE 2018”についてたっぷり語ってもらった。

 

巻頭特集 『Fate/Apocrypha』

『Fate/Apocrypha』の濃密な世界観は、重厚かつ幻想的な音楽でさらなる深度を増したといっても過言ではない。今回は本作においてすべての劇伴を担当した音楽の横山 克、音響監督の岩浪美和の両名に本作での音楽制作、そして劇伴の醍醐味を聞いた。

 

インタビュー LiSA

『Fate/Apocrypha』のOPテーマ「ASH」で、「oath sign」から6年振りに『Fate』シリーズと主題歌としての再会を果たしたLiSA。楽曲提供者のシドから何を受け取り、どう表現したのか。そこには導かれた“貫く意志”があった――。

 

インタビュー LiSA×シド



「ASH」でのコラボレーションを記念して、LiSA×シド(マオ&明希)の初対談が実現!シドのふたりが楽曲に込めた熱い想い、LiSAへの想いを語ってもらった。ぜひLiSAのソロ・インタビューと併せてご覧ください!

 

インタビュー ASCA

「第5回全日本アニソングランプリ」のファイナリストとして注目を浴びた大倉明日香が、ASCAとしてあらたに音楽活動を開始する。「リスアニ!」誌上でのプレ・デビューを経て、『Fate/Apocrypha』2ndクールEDテーマ「KOE」を担当する彼女に話を聞く。

 

劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel] 』

10月14日より劇場公開が開始され、大ヒットを記録している劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel] I.presage f lower』。ここでは、圧巻のクオリティで多くの観客を魅了した本作の魅力を主題歌を担当したAimerのインタビューとともに紹介していく。

 

fripSide

fripSide結成15周年を記念したアルバム『crossroads』は、第1期fripSideの楽曲のDISC1と新曲中心のDISC2から成る重厚な2枚組となった。過去の名曲を最新のfripSideで鳴らすことで見えてきたもの、そしてそこから見据えるグループの未来像を、八木沼悟志と南條愛乃に聞いた。

 

水瀬いのり

11月29日に5thシングル「Ready Steady Go!」をリリースし、デビュー2周年となる12月2日には、同タイトルのワンマン・ライブも決定した水瀬いのり。アーティストとして3年目に歩み出す彼女に意気込みを聞いた。

 

『Just Because!』

 

スフィア

20枚目のシングルであり、音楽活動の充電期間前最後のリリースとなる「Heart to Heart」。改めて「充電」という選択肢をとった経緯と、いかにこのメモリアルなシングルが生まれたのかじっくり聞く。

 

GARNiDELiA

2017年は『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』主題歌、『Fate/Apocrypha』EDテーマを手がけ、アニソン・シーンの話題をさらった人気ユニット、GARNiDELiA。ニュー・シングル「アイコトバ」では、これまでのタイアップ曲とは趣の異なるダンサブルな方向性を打ち出している。新曲に込められたこだわりとは?

 

May’n

May’nにとって約4年ぶりとなる5thアルバム『PEACE of SMILE』。初回限定盤3種にはそれぞれ異なる新曲を2曲ずつ収録したマキシCDが同梱され、今作全体としては驚くことに8曲の新曲を制作したことになる。そのすべての新曲に、ジャケットに、先に控えるライブには「今のMay’n」を投影させたいという決意が……。その背景にある彼女の熱い想いを届ける。

 

内田真礼

内田真礼の6thシングルとなる「c.o.s.m.o.s」は、これまでの彼女の音楽性と大きくイメージを異にする意欲作だ。いったいどんな思考のもと、この作品は生まれたのか、その実像に迫るインタビューをお届けする。

 

早見沙織

あの竹内まりやとの邂逅という衝撃的な楽曲となった早見沙織のニュー・シングル「夢の果てまで」。自身が主人公・紅緒も演じる劇場版『はいからさんが通る 前編~紅緒、花の17歳~』の主題歌となったこの曲はどのようにして生まれたのか。そして竹内まりやとの出会いは彼女に何をもたらしたのか……?

 

井口裕香

2018年2月にアーティスト・デビュー5周年を迎える井口裕香。豪華なクリエイター陣と共に、彼女の“これまで”と“これから”を繋ぐミニ・アルバム『Love』を完成させた。これまで以上に音楽と、自分自身と向き合うことで芽生えたあらたなキモチに深く迫る。

 

麻倉もも

ソロとして3枚目のシングルとなる「カラフル」をリリースした麻倉もも。第1クールでもOPテーマを担当したTVアニメ『プリプリちぃちゃん!!』と2度目のタッグとなる今作は、ソロ・シンガーとしての彼女の気持ちと重なる部分の多い楽曲になっている。

 

中島 愛

中島 愛のニュー・シングル「サタデー・ナイト・クエスチョン」は、TVアニメ『ネト充のススメ』のOP主題歌として作品世界に寄り添いながらも、彼女のあらたな一面を浮き彫りにしたロック・チューンだ。フジファブリックとの初タッグで大人の世界に一歩踏み出したまめぐは、いま何を思う?

 

CIVILIAN

Lyu:Lyuからの改名を経て、2016年よりあらたな活動を開始したCIVILIAN。彼らが前作から約4年半の時を経て、アルバム『eve』をリリースする。TVアニメ『将国のアルタイル』OPテーマも収録された本作について、ナノウ名義でボカロ楽曲も手がけるコヤマヒデカズ(Vocal&Guitar)、純市(Bass)、有田清幸(Drums)の3人に話を聞いた。

 

i☆Ris

昨年11月に日本武道館でのワンマン・ライブを成功させてからはや1年。声優アイドルグループ・i☆Risは、約1年半ぶりとなるニュー・アルバム『WONDERFUL PALETTE』でメンバーそれぞれの個性を炸裂させてくれた。本稿ではその制作の裏側に秘められた、彼女たちの想いに迫る。

 

アプリコット・レグルス

アプリ・ゲーム「スクールガールストライカーズ」から派生したアイドルアクションリズムゲーム「スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~」。本作では新ユニットのアプリコット・レグルスが追加された。ライブ活動も積極的に行っていく彼女たちに、ゲームの魅力やライブへの意気込みについて話を聞いた。

 

UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~

現在放送中のTVアニメ『UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~』のOP主題歌「ハッピー☆マテリアル」が大きな話題を呼んでいる。約12年の時を経て生まれ変わったこの曲について、当時を知る人々の証言とともに、その魅力を改めて紐解いていきたい。

 

連載 CHiCO with HoneyWorks

HoneyWorksのあとを引き継ぎ、CHiCO連載がスタート!来年3月の初日本武道館ライブに備えたスキルアップのため、CHiCOが業界内外のセンパイに鍛えてもらいます。初回のゲストはトークのプロ、吉田尚記アナです!

 

三森すずこ

TVアニメ『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』に鷲尾須美役で出演し、OPテーマも担当している三森すずこ。今回は10月11日に発売になったこの8thシングルや今年行われたツアーについて語ってもらった。

 

春奈るな

2012年のデビュー以来、アニソン・アーティストとして精力的に活動してきた春奈るなが、2017年10月期の新作TVアニメ『URAHARA』にて声優に初挑戦。作品の主演とEDテーマ「KIRAMEKI☆ライフライン」を兼ねることで、そこにはどんな相互作用が生まれたのか? 新境地に臨む彼女に話を聞いた。

 

田所あずさ

2017年もリリースやツアーで充実した音楽活動を行ってきた田所あずさが、早くも3rdアルバム『So What?』を完成させた。後ろ向きになりがちな性格とは裏腹に、明るく元気に自分の好きなロックを追求してきた彼女の等身大が詰まった本作について、飾らない言葉でたっぷりと語ってもらった。

 

小松未可子

前クールに続き、TVアニメ『ボールルームへようこそ』のEDテーマを担当する小松未可子。前作と打って変わってポップな仕上がりになったニュー・シングル「Swing heart direction」で彼女はどんな世界を描いたのか?

 

東山奈央

1stアルバムのリリースと日本武道館での1stライブ開催を同時に発表し、声優アーティスト史上例を見ない衝撃をファンに与えてから2ヵ月あまり。ついに東山奈央の1stアルバムがベールを脱いだ。表現の一つひとつに込めた想いと声優アーティストとしての真剣な姿勢を語る姿にはすでに堂々たる武道館アーティストのオーラが漂う。

 

Wake Up,Girls!

アニメから誕生した声優ユニットでありながら多岐にわたる活動を見せるWake Up,Girls!。アニメ『Wake Up,Girls!』の新作も約2年ぶりにスタート! 「新章」と銘打たれた作品の主題歌で彼女たちはどんな姿を見せるのか。今回は、吉岡茉祐、青山吉能、永野愛理、奥野香耶の4人に話を聞いた。

 

22/7

結成から9ヵ月。デビュー・シングル「僕は存在していなかった」をリリースし、池袋・サンシャインシティ 噴水広場のステージでのリリース・イベントを機に広く注目を集めるようになった22/7。その大きな舞台へはどんな想いで向かい、何を感じたのか? 「僕は存在していなかった」を歌うメンバー8人に展望について聞いた。


【アニメイト】
クリアファイル

【HMV、ソフマップ(ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館
/なんば)、タワーレコード、とらのあな、メロンブックス、ヨドバシ】

ポストカード

【ゲーマーズ】
B3サイズ ポスター

ご注文はこちらから


※リスアニ!Vol.31に関するお詫びと訂正

11月9日発売のリスアニ!Vol.31におきまして
P.58のライタークレジットに誤りがありました。
正しくは「INTERVIEW&TEXT BY 須永兼次」です。

また、P.166のライタークレジットに誤りがありました。
正しくは「INTERVIEW&TEXT BY 日詰明嘉」です。

ご購入いただきましたお客様および関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます。

リスアニ!編集部

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人