「かなでももこROCK PROJECT」ゲームアプリ「NOeSIS」シリーズで培った想いは、『Lush*energy』へ結実。かなでももこ、待望の1st フルアルバムを発売!!

今年の12月11日にデビュー4周年を迎える、シンガーのかなでももこ。
『革命機ヴァルヴレイヴ』の4th EDテーマ「赤いメモリーズをあなたに」を歌い、デビューを飾ったのが約4年前。最近では、ゲームアプリ「NOeSIS」とタッグを組み、「NOeSIS」シリーズ3部作「NOeSIS~嘘を吐いた記憶の物語」「NOeSIS~羽化~」「NOeSIS〜歌う影の戯曲~」の主題歌「OSeINS」「Damask Rose」「Downfall flowers」を筆頭に、作品のテーマ曲を幾つも担当。アニメソング・ゲームソングを歌うシンガーとしての道をしっかり確立している。

かなでももこは、2年前に5ヶ月連続配信企画として、様々なロックアーティストと楽曲コラボレートを行った「かなでももこROCK PROJECT」も実施。抑揚を持ちながらも力強く突き抜けてゆく歌唱スタイルを進化させたのも、この時期の経験が糧になっていた。

「かなでももこROCK PROJECT」「NOeSIS」シリーズを通し、かなでももこは錚々たるメンバーらと楽曲コラボレートを実施。作曲面では、YOU(GACKT JOB)/摩天楼オペラの苑&彩雨/俊龍/永田雅規(Team 仮面女子)/佐々木久夫(SeanNorth)/折倉俊則(STRIKERS)らと。編曲面に於いてもtatsuo/河合英嗣/Yu-pan.など、数多くのアニソン/アーティストの楽曲を手がけている猛者らの手を借り自身を高め続けてきた。ライブ面では、ヴィジュアル系バンドとして活動していた元A(エース)のメンバーたちが前面バックアップ。リーダーのRookie.Fは、10月18日に発売する1st フルアルバム『Lush*energy』へ楽曲も提供している。

アニメイトとゲーマーズ各店舗で発売される、かなでももこの1st フルアルバム『Lush*energy』は、配信でリリースしていた「かなでももこROCK PROJECT」「NOeSIS」シリーズで歌った曲たちを中心に構成。そこへ新曲も加え、全14曲とボリュームあふれる内容の作品として完成させた。彼女は、アルバムを作るうえでこんな想いを胸に制作へ取りかかった。

「1stミニアルバムの『KANADE』で私は、収録した6人のプロデューサー(俊龍/霜月はるか/YOFFY(サイキックラバー)/摩天楼オペラ/米倉千尋/宮下浩司)の方に、当時のかなでももこを7色の楽曲で彩っていただきました。そこからの3年間の日々を通した経験の中での成長を、1stフルアルバム『Lush*energy』へ詰め込めたらいいなぁと思いながら、まずは制作へ向かいました。本作は、「かなでももこROCKPROJECT」、ゲーム作品「NOeSIS」シリーズで歌い紡いできた曲たちを中心に構築しています。どちらもロック色が濃かったこともあって、アルバム全体をロックな色で統一出来たのも、ここまで歩んできた流れの結果なんだと思います」

本作の特徴が、かなでももこみずから作詞をした歌を多く収録していること。活動当初は、自分の気持ちを作家陣に代弁してもらう形を取っていたが、「流れ月」で初めて作詞に挑戦して以降、みずからの想いを言葉にする術を獲得。さらに「NOeSIS」シリーズを通し、作品の世界観やキャラクターたちの感情と自分の心模様をリンクしてゆくことで、物語の語り部でありながら、自身の気持ちも巧みに投影していく手段も身につけた。彼女が「かなでももこROCK PROJECT」や「NOeSIS」シリーズで作詞を手がけたときの想いについて語った言葉がある。少し長くなるが、それを以下へ記したい。

「かなでももこROCKPROJECT」第3弾配信曲となった「流れ月」が一番最初に作詞をした楽曲でした。その後、GACKT JOBのYOUさんが手がけた曲でも作詞に挑戦しましたが、当時はコンペで落選して叶わず。だけど、アルバム『Lush*energy』にも収録になるゲームアプリ「NOeSIS 歌う影の戯曲」のオープニング曲「Downfall flowers」で、ようやくYOUさんの楽曲で作詞をすることが出来たなんてエピソードもあります。ゲームアプリ「NOeSIS」シリーズを通し、毎回テーマ曲を担当。その中で披露した「OSeINS」「Damask Rose」「巡想架」「Downfall flowers」で、私は作詞も手がけました。「NOeSIS」シリーズは、物語がすごく魅力的で面白いのはもちろん、いろんな視点で作詞への興味を掻き立てられた作品なんですね。おかげでこのシリーズの中、いろんな角度から作詞へ挑戦し続けてきました。
私自身作詞をしながら惹かれたのが、「OSeINS」の作詞をした「嘘を吐いた記憶の物語」の頃にはまだ知らなかったキャラクターの本性やいろいろと謎だったことが、続く「羽化」で見えたこと。「Damask Rose」の歌詞には、そこでつかんだ想いも含め反映させました。つまり、ゲームの進展に合わせ、私自身の表現にもその影響を反映し続けてきたことが、このシリーズを通して作詞をしてゆくうえでの醍醐味なんです。最新作の「歌う影の戯曲」では、主人公の過去と現在を行き来する展開が繰り広げられるように、そこは過去のシリーズにはない新しい要素。OPテーマの「Downfall flowers」へは、物語の大半をシメてゆく1945年を舞台に歌詞を書きました。今回の「Downfall flowers」で語るなら、物語には、1945年にはまだ現実として起きていた戦争という当時の時代背景が描き出されています。もちろん私自身生まれていたわけではないように、その時代のことは想像でしか書けません。「Downfall flowers」には、あの時代の中で生きていた瑞光が、どんな気持ちで戦地へ赴いたのか、どういう葛藤を心に抱いてたのかなど、その時代の中だからこそ抱く葛藤やジレンマ、でもやるしかないという気持ちを、私なりに想像を巡らせ描写しました。
私、「Downfall flowers」の歌詞の一節へ「ただ守りたい 青春の日々」と記しています。瑞光は、国家としての勝ち負けではなく、ただただ「自分たちの青春」を守りたかった。だから戦うしかなくて戦っていた。そんな想いも投影しています」

1st フルアルバム『Lush*energy』は、「様々なアーティストの感性とどう対峙してきたか」「『NOeSIS』という世界観へどのように寄り添い表現してきたのか」が、大きな2本の柱になっている。でもそれ以上に、これまでの日々の経験の中、かなでももこがどのように音楽と真摯に向き合ってきたかを歌に投影した姿こそが一番の聞きどころ。そこが、触れた人の心を強く動かす魅力になっている。

このアルバムは、かなでももこがみずからの感性を磨きあげるため、”己”を持った一人のアーティストとして飛躍を遂げるために必要な最初の行動を示した作品。

かなでももこは、新曲「DAYBREAKER」の中「アウトサイダーでいい~七色の虹 君だけに見せたいから」とみずから詞を書き歌いかけた。これは、彼女がここから突き進むための進撃の狼煙をあげたアルバム。じっくり時間をかけ自分を磨いてきたかなでももこが、ここから飛躍していくぞと宣言した作品だ。その想いを、このアルバムを通して受け止めてみないか。

TEXT:長澤智典


●リリース情報
かなでももこ 1st フルアルバム
「Lush*energy」(ラッシュエナジー)
10月18日発売
※アニメイト・ゲーマーズ独占販売

価格:¥3,200(税込)

<CD>
1 Introduction of Daybreak
2 DAYBREAKER
3 福音-GOSPEL-
4 Good Morning Dictator
5 流れ月
6 巡想架
7 光と闇のドッペル
8 Downfall flowers
9 ANTiNOMY
10 胎動
11 Sing in the Dark
12 Damask Rose
13 OSeINS

初回プレス限定特典あり 本人によるアルバムコメンタリーCD

©KING RECORDS・MASHUP ENTERTAINMENT

●ライブ情報
ワンマン公演
“4th Anniversary Live 「Lush*energy」”
12月9日(土) 17:00 開場/18:00 開演
会場:SHIBUYA REX
チケット:¥4,000+ドリンク代別途
出演:かなでももこ

Guitar:Mucho Gracias
Violin&Keyboard:Rookie Fiddler
Bass:Toshi
Drums:Hiroshi Ishikawa

●イベント出演
“LIVE A.N.D Vol.2”
日時:10月7日(土) 17:30 開演/16:30 開場
会場:立川BABEL
チケット:¥4,000+ドリンク代別
出演:かなでももこ/Dorothy Little Happy

ゲストギタリスト 小原莉子
サポートメンバー
Guitar:Mucho Gracias
Violin&Keyboard:Rookie Fiddler
Bass:Toshi
Drums:Hiroshi Ishikawa

インストア公演
■ゲーマーズ
内容:トーク&ライブ(入場フリー)+サイン会・握手会(要参加券)
2017年10月22日(日) 17:00 開場/17:30 開演
AKIHABARAゲーマーズ本店6F「イベントスペース」
参加券配布場所:AKIHABARAゲーマーズ本店・池袋店・新宿店・横浜店

■アニメイト
内容:渋谷→サイン会・握手会(要参加券)
その他会場→トーク&ライブ(入場フリー)+サイン会・握手会(要参加券)
2017年10月28日(土) 13:30 開場/14:00 開演
アニメイトイオンモール筑紫野イオンホール
参加券配布場所:福岡天神店・小倉店・イオンモール筑紫野店

2017年11月4日(土) 13:30 開場/14:00 開演
<名古屋>第3太閤ビル
参加券配布場所:名古屋店

2017年11月11日(土) 13:30 開場/14:00 開演
アニメイト大阪日本橋5F イベントホール
参加券配布場所:大阪日本橋店・天王寺店・梅田店・三宮店

2017年11月19日(日) 13:30 開場/14:00 開演
アニメイト渋谷
参加券配布場所:渋谷店

2017年11月25日(土) 13:30 開場/14:00 開演
アニメイト札幌5F animate hall SAPPORO
参加券配布場所:札幌店・新千歳空港店

2017年12月3日(日) 13:30 開場/14:00 開演
アニメイト横浜
参加券配布場所:池袋本店・秋葉原店・横浜店・新宿店

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人