八木沼悟志の生解説付きの豪華イベント!“リスアニ!Presents fripSide 15周年記念アルバム『crossroads』全曲試聴会”レポート

休憩を挿んで次はDisc-2の試聴へ。まずはfripSideの現時点での最新シングルでもある「clockwork planet」。南條が主演を務めたTVアニメ『クロックワーク・プラネット』のOPテーマとしてもお馴染みのナンバーだ。「(効果音として入っている)時計の音も自分で作ったんですよ。それは『クロックワーク・プラネット』じゃなかったら入れてないし、そういうアニメとの親和性から生まれる楽曲の良さがあるので、アニソンを作らせてもらえて幸せだと思います。でも、このアニメは世界観が特殊で、舞台が機械仕掛けの惑星で終末的な世界なんだけど、暗くなくて希望のある感じだったので、曲を作るのは超むずかしかったです」(八木沼)。

続く「The end of escape -fripSide edition-」は、fripSide×angela名義で発表したコラボ曲「The end of escape」のfripSideのみバージョン。昨年のツアーですでに歌われていたが、今回待望の初音源化となる。本来は南條とatsukoとの掛け合いで歌われるパートも、南條がひとりで掛け合うように歌っているのがおもしろい。「atsukoさんがすごく存在感のあるボーカリストなので、あのパワフルさがあるのが本当の「The end of escape」だとしたら、今回のバージョンはfripSideでやるとこうなるというもので。聴き比べができるとおもしろいかもなあと思って」(八木沼)。

そして本作のタイトルトラックとなる新曲「crossroads」。情熱的なギターとシンセが力強く響くこの曲は、八木沼が作詞も担当し、fripSideとして15年間活動してきた彼の思いがしっかりと刻み込まれた楽曲となっている。「やっぱり聴いてもらいたいのは歌詞ですね。15年やってきていろいろと思うこと、振り返って感じることを書けたと思うんです。〈夜明けの光が僕を照らす〉という部分は、いつも曲作りが終わると夜が明けてるんですよ。15年やってますから、それが何千回ですよ。もう何度曲なんか作らないと思ったことか。でも、それをいまだにやれてるというのは、やっぱり曲を作るのが好きなんでしょうね」(八木沼)。

こちらも新曲となる「a gleam of prologue」は、明るいシンセフレーズと太いビートが推進力を生むダンストラック。fripSideらしさが全開ではあるが、実は新しいことにも挑戦している。「今回はfripSide史上では初めてKOTOKOさんに作詞していただきました。言ってしまうと、もう俺が間に合わないということで(笑)。でも、KOTOKOさんにはいつかしっかりと歌詞をお願いしたいと思ってたんですよ。僕とは違う視点で作詞されるし、彼女は僕にない引き出しをいっぱい持っていて、彼女特有の歌いまわしとか作詞の着眼点があって、おもしろい曲になったんじゃないかと思います。「crossroads」が本当に僕くさい歌詞なので、その対比を楽しんでもらえれば」(八木沼)。

続く「pico scope -SACLA-」は、理化学研究所の施設〈SACLA〉のPRムービー用に作られたテーマソング。2014年のシングル「black bullet」のカップリングに収められているが、今回アルバムに初収録となった。1分間のムービーのなかにワンコーラスを収めるように作られたため、自然と曲のテンポも速くなっており、fripSideの楽曲のなかでも最速の部類に入るナンバーだ。「1分縛りがなかったらこんな曲にはなってなかったでしょうね。ライブでこの曲をやると、次に(BPMが)140ぐらいの速い曲がきても全然楽勝って感じになる(笑)」(八木沼)。

そしてアルバム全編のラストを飾るのが、南條が作詞を手掛けた新曲「only me and the moon」。ピアノの切ないフレーズで幕を開け、哀愁たっぷりのメロディーと透明感のあるサウンドが心を揺さぶるミディアムだ。「これもまた懐かしい感じでもあり、南ちゃんっぽい作詞を想定して曲を作ったんですよ。それをDisc-2の最後に持ってきたというのは、この先の活動もあるので、それを予見できるような締めにしたかったんですよね」(八木沼)。

最後に八木沼が「作り手としては、聴いたみなさんが本当に好きだと感じたり、これからも曲を作ってほしいとか、ライブ行きたいとか、プラスの方向に感じてくれることがいちばん嬉しいんですよね。だから、この曲たちがみなさんの生活にフィットしてくれると嬉しいなと思います」と語り、新作の全曲試聴会は好評のうちに幕を閉じた。

八木沼が上記のように解説した通り、今回の『crossroads』は、過去の楽曲を取り上げながらも、ただの懐古主義に走るのではなく、あくまで未来への活動に繋がる形で、fripSideの現在を映し出した作品と言えるだろう。1期からのファンはもちろん、近年のアニメタイアップ作品や南條のソロ活動から興味を持ったという人、そしてこれからfripSideを聴いてみたいという人にとっても、手に取って損はないアルバムになっているはずだ。

Text By 北野 創

ニコニコ生放送
fripSide 15周年記念アルバム『crossroads』全曲試聴会
9月23日(土)都内某所

出演者:八木沼悟志(fripSide)
MC:澄川龍一(リスアニ!編集部)

番組URLはこちら


●リリース情報
fripSide 15周年記念アルバム
『crossroads』
10月4日発売

【初回限定盤(2CD+Blu-ray)】
品番:GNCA-1511
価格:¥5,500+税

【初回限定盤(2CD+DVD)】
品番:GNCA-1512
価格:¥5,000+税

【通常盤(2CD)】
品番:GNCA-1513
価格:¥3,200+税

<Disc1【COVER】[all tracks:-crossroads version-]>
1.sky
2.Red “reduction division”
3.hurting heart
4.an evening calm
5.split tears
6.the chaostic world
7.prominence
8.distant moon
9.escape
10.before dawn daybreak
11.snow blind
12.brave new world

<Disc2>
1.clockwork planet (TVアニメ「クロックワーク・プラネット」オープニングテーマ)
2.The end of escape -fripSide edition-
3.crossroads
4.a gleam of prologue
5.pico scope -SACLA- (理化学研究所 世界一小さいものが見えるX線レーザー「SACLA」PRムービー「未来光子 播磨サクラ」テーマ曲)
6.only me and the moon

<初回限定盤特典Blu-ray>
・Red “reduction division” -crossroads version- PV
・PV Making
・SPOT
・「fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3-」ライブ映像
(2017.2.26(sun)新潟県民会館 大ホール)

●ライブツアー情報
15周年を記念したfripSide史上最大規模のワンマンツアー開催決定!
“fripSide 15th Anniversary Tour 2017-2018 “crossroads” supported by animelo mix”
*全会場、全席指定
【2017年】
11月18日(土) 開場17:00/開演18:00
北海道/ニトリ文化ホール 前売料金:¥6,480
12月02日(土) 開場16:30/開演18:00
千葉/幕張メッセ展示ホール7,8 前売料金:¥7,560
12月03日(日) 開場15:30/開演17:00
千葉/幕張メッセ展示ホール7,8 前売料金:¥7,560
12月08日(金) 開場17:00/開演18:00
福岡/サンパレス ホテル&ホール 前売料金:¥6,480
12月16日(土) 開場15:30/開演17:00
兵庫/神戸ワールド記念ホール 前売料金:¥7,560
【2018年】
01月07日(日) 開場17:00/開演18:00
愛知/名古屋国際会議場センチュリーホール 前売料金:¥6,480
01月08日(月/祝) 開場16:00/開演17:00
愛知/名古屋国際会議場センチュリーホール 前売料金:¥6,480

【公演に関するお問い合わせ】
スリーナインエンタテインメント
TEL:03-3770-1919(土日祝を除く11:00~18:00)
E-Mail:e-info@threenine.co.jp

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人